このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
キンリョウヘン
[トップに戻る] [新規投稿] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



キンリョウヘンの英語名や学名は... 投稿者:サル彦 投稿日:2012/11/09(Fri) 15:10:59 No.5736  引用する 
キンリョウヘンの英語名や学名は?

気になるところです。

学名は Cymbidium floribundum とされたり、Cymbidium pumilum とされたりで、どっちなんだと気になります。

Cymbidium floribundum で検索すると英語版のウィキペディアの短い記事が見つかり、
The Yellow Margin Orchid (Cymbidium floribundum) is a species of orchid, also known as the Golden Leaf-edge Orchid or Golden-edged Orchid.
とあります。

英語名としては、Yellow Margin Orchid, Golden Leaf-edge Orchid, or Golden-edged Orchid でよいことが分かります。後方の2つは「金稜辺蘭」の英訳ですね。

学名の方は白黒をつけるのは簡単そうではありませんが、権威ある Kew Garden のサイト
http://apps.kew.org/wcsp/prepareChecklist.do?checklist=selected_f ..... 0101331010
で、一応の答が見つかります。

そこで両方の学名を検索してみると
Cymbidium floribundum
が正しい学名で、Cymbidium pumilum はそのシノニム(正式学名としは採用すべきでない異名)とのこと。

Re: キンリョウヘンの英語名や学... 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/11/09(Fri) 18:22:32 No.5737  引用する 
> Cymbidium floribundum
> が正しい学名で、Cymbidium pumilum はそのシノニム(正式学名としは採用すべきでない異名)とのこと。

何かの本で「Cymbidium floribundumが最近は正式名だということなので、そう呼ぶことにする。」という趣旨の文を読んだ記憶があります。キンリョウヘンを「多花蘭」と呼ぶことがあるようですが、それは「Cymbidium floribundum」の和訳若しくは漢訳なんでしょうか?(直感的ですが(^_^;))。

Re: キンリョウヘンの英語名や学... 投稿者:サル彦 投稿日:2012/11/10(Sat) 08:27:30 No.5742  引用する 
ONO@愛媛さん、こんにちは。

#キンリョウヘンを「多花蘭」と呼ぶことがあるようですが、
#それは「Cymbidium floribundum」の和訳若しくは漢訳なんで
#しょうか?(直感的ですが(^_^;))。

floribundum で検索すると、多くの植物にこの同じ種小名が使われていることが分かり、意味の解説がある場合には、学名用に作られた neo-Latin とあって、意味はONOさんの考えられた通りのようです。中国名の一つ「多花蘭」がその訳である可能性は確かに高いですね。

キンリョウヘンとアリ 投稿者:えのきがま 投稿日:2012/11/05(Mon) 14:08:13 No.5722  引用する 
皆さんこんにちは。一つ質問させてください。

キンリョウヘンの鉢に小さな赤いアリが住み着き、花芽らしき新芽の周囲に土を
積み上げています。このまま放置しておいてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。


Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/11/05(Mon) 18:14:04 No.5723  引用する 
> 積み上げています。このまま放置しておいてもよろしいでしょうか?

家の蜂にはアリやハサミムシや、たまにムカデもいます(^_^;)。アリはおそらく大丈夫だと思いますが、気になるのでしたら歯ブラシか何かで除去してやるといいと思います。それにしても他のバルブにも葉芽か花芽かはわかりませんが、芽が付いています。これらが花芽だったら優秀な株なんでしょうね。大切にして下さい。

Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者:豊南のhide 投稿日:2012/11/05(Mon) 20:53:44 No.5725  引用する 
> 皆さんこんにちは。一つ質問させてください。
>
> キンリョウヘンの鉢に小さな赤いアリが住み着き、花芽らしき新芽の周囲に土を
> 積み上げています。このまま放置しておいてもよろしいでしょうか?
> よろしくお願いいたします。

 植木鉢の中に蟻が巣を作っていませんか?鉢を持ち上げると卵を持った蟻が底の穴からぞろぞろ出てきます。私は、殺虫剤に漬けます。ひどいものは鉢の中に空洞ができます。写真ではわかりませんが、ひどいようなら、私なら植替えします。

Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者: 投稿日:2012/11/05(Mon) 23:29:49 No.5726  引用する 
水攻めが良いと思います。鉢を水に浸けておくとアリが葉に上って来ます。全て上って来た頃を見定め、アリを殺虫剤で駆除し、鉢を引き上げます。鉢を持ち上げておけば巣をされません。

Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者:えのきがま 投稿日:2012/11/06(Tue) 06:35:14 No.5727  引用する 
ONO@愛媛様
このキンリョウヘンは3年前にヤフオクで入手したものですが、今年は複数の花芽が期待出来るくらいに育ってくれました。アリは1年以上前からいるようですが株は元気が良いので共存しているのならこのままでも良いのかなと(笑)
ただ、アリの数が増えてきたのが少し気になった次第です。
ありがとうございました。

Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者:えのきがま 投稿日:2012/11/06(Tue) 06:54:32 No.5728  引用する 
豊南のhide様
小さな赤いアリが植木鉢の中にいるようですが底から出る程までは多くは無さそうです。
あらためてお尋ねしたいのですが殺虫剤は市販の不快害虫用薬剤でよろしいのでしょうか?また花芽に影響がありませんか?
よろしくお願いいたします。

Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者:えのきがま 投稿日:2012/11/06(Tue) 07:08:56 No.5729  引用する 
玩蜂庵@隠岐國様
水攻めは一度行った事があるのですが、虎の子の花芽が腐る様な気がして早めに引き上げたため、アリの巣の駆除は出来ませんでした。株や花芽に影響がない程度でアリを追い出す水攻めの時間はどの程度でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者: 投稿日:2012/11/06(Tue) 21:36:14 No.5730  引用する 
詳しく実験はしていませんが、一昼夜浸けておいたものは大丈夫でした。

次々と秋咲きカトレアが咲き始め、良い香りを漂わせていますが、和蜂達は全く気にも留めない様子です。


Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者:豊南のhide 投稿日:2012/11/06(Tue) 23:09:51 No.5732  引用する 
> 豊南のhide様
> 小さな赤いアリが植木鉢の中にいるようですが底から出る程までは多くは無さそうです。
> あらためてお尋ねしたいのですが殺虫剤は市販の不快害虫用薬剤でよろしいのでしょうか?また花芽に影響がありませんか?
> よろしくお願いいたします。

若し花芽が心配でしたら、其のまま放置してください。これから寒くなり蟻は外で活動しなくなるでしょう。若し来春花が咲いても、その先は保障できません。薬剤は農業用殺虫剤と私は殺菌剤を混ぜます。花芽の影響は、金稜辺ではその様な経験は100鉢以上有りますが経験有りません。
 一年間も放置していた事は、怠慢の一言ですよねえ

 
 

Re: キンリョウヘンとアリ 投稿者:えのきがま 投稿日:2012/11/07(Wed) 04:58:24 No.5733  引用する 
玩蜂庵@隠岐國様、豊南のhide様

しばらく様子を見ながら対策を考えたいと思います。
ご教授ありがとうございました。

今年株分けした株 投稿者:山野 投稿日:2012/10/23(Tue) 21:39:33 No.5696  引用する 
 7月に株分けした常盤錦という品種です。長い葉は昨年までの葉で右側の短い葉が今年株分け後に出た葉で半分ほどになってしまいました。

Re: 今年株分けした株 投稿者:山野 投稿日:2012/10/23(Tue) 21:40:26 No.5697  引用する 
 けれども花芽は付いてくれました。

Re: 今年株分けした株 投稿者:島蜂@長崎 投稿日:2012/10/24(Wed) 19:30:35 No.5698  引用する 
山野さんこんばんは
株の立ち姿も見事です。それに花芽を付けさせるなんて流石ですね。私の葉芸物は花芽の付きがあまり良くないようです。

Re: 今年株分けした株 投稿者:春日部@埼玉 投稿日:2012/10/28(Sun) 21:22:21 No.5700  引用する 
さすが見事な鉢ですね。私のは植えかえたり株分けしたものはすべて大きく傾いてしまいましたし、おまけに黒い点々や葉やけなどで酷くみすぼらしい。

Re: 今年株分けした株 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/11/01(Thu) 09:47:33 No.5710  引用する 
今年体調の関係でキンリョウヘンなどのランの手入れを結構やっているのですが、今までの管理の悪さがあるのでしょう、山野さんの写真のようなきれいな株は一つもありません。

そこで一つ教えて頂きたいのです。大石さんのHPで紹介されている農薬の与え方は承知してますし、個人的にご指導も受けているのですが、ランの管理状況を考えると、私の管理は屋外、大石さんは温室(ないしは本格的な栽培施設)という大きな違いがあり、その違いがかなり気になっています。
それに対し、山野さんの場合は基本的には屋外管理のようにお見受けします。そこで、屋外管理主体の場合の農薬使用の基本的なお考えをお聞かせ願えればなあ・・と思うのです。もちろん、お差し支えない範囲でいいのですが、厚かましいお願いなので無理は申しません(^^ゞ。

Re: 今年株分けした株 投稿者:山野 投稿日:2012/11/01(Thu) 20:31:22 No.5713  引用する 
 ONOさんこんばんは、ウチのキンリョウヘン鉢の置き場所は前にも写真を載せた事がありますが畑に単管パイプの棚を作って置いています。ただ上にはビニールを張って雨はかからないようにしています。春先に強風でビニールが飛んでしまって「今年は雨除けせずに作ろう」と思っていたんですが梅雨の時期が近付いてくる頃になってどうも心配になって結局ビニールをかけて作っています。
 ただ幼苗はこの棚とは別の棚で作っていますがこちらはビニールハウスの骨組みに遮光ネットが掛けてあるだけで雨に当てて作っています。
 雨除け栽培にすれば新芽が腐る「すっぽ抜け」は少なくなりますがそれでも出る株もあります。また雨が当たると肥料がどんどん流れてしまうんですが雨除けすれば流れ落ちる事が少なくなるので長く効いています。

 また農薬はほとんど使っていません、昨年は全くでしたが今年はカイガラムシが付いてしまったので春先に「機械油乳剤」100倍液を散布し、ナメクジとカタツムリがいるので2回ほど粒剤を鉢の中に入れてやっただけです。そのお蔭でカイガラムシは全くくらい見えなくなったんですがナメクジやカタツムリはほとんど効いていなくて鉢の中を拡大鏡を付けて何回も探し、捕獲しました。

 バルブから根が腐ってくるのが年間数鉢出るのと幼苗にはかなりの数に出るのでこの予防に「キノンドー」という農薬をかけておけば効果があるかと思いますがまだやっていません


Re: 今年株分けした株 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/11/03(Sat) 00:33:29 No.5717  引用する 
山野さん、ご回答ありがとうございます。農薬はほとんどやっていないこと、了解しました。大石さんのご指導で農薬は購入したものの、肝心な時に入院してしまい、未だやれないでいます。すっきり、きれいな株に仕立てるには、やっぱり農薬が必要なんだろうな、と思っているんですが・・。

そうそう、そろそろ管理棚を作ろうと思っていますが、休みに行事が多く入り、なかなか思うように動けないくて、時間だけが過ぎていきます。焦っちゃいますね。

葉芽と花芽 投稿者:春日部@埼玉 投稿日:2012/10/19(Fri) 15:07:15 No.5692  引用する 
花芽がついたと喜んでいたら葉芽の気配が強くなってきました。

あきらめきれずに同じバルブの古皮をはがしていたら
葉芽らしきものとは反対側に花芽らしき芽を発見。

葉芽と花芽とが同時に育つことってあるのでしょうか。

1、葉芽と葉芽
2、葉芽と花芽
3、花芽と花芽

2の葉芽と花芽だとは思うのですが、お手数ですが先輩方のご意見をお聞かせください。


Re: 葉芽と花芽 投稿者:春日部@埼玉 投稿日:2012/10/19(Fri) 15:09:21 No.5693  引用する 
こちら花芽らしき写真。

根とバルブの間に小さく見えるものがそうです。


Re: 葉芽と花芽 投稿者:山野 投稿日:2012/10/19(Fri) 23:17:28 No.5694  引用する 
 葉芽と花芽が両方に一緒に出てくる事はけっこうあります。珍しい事ではありませんのでご心配なく

 また花芽か葉芽かは伸びて見なければ分からないものもあるので春になってのお楽しみという事でしょうか

Re: 葉芽と花芽 投稿者:春日部@埼玉 投稿日:2012/10/20(Sat) 14:56:09 No.5695  引用する 
山野さまご意見をありがとうございます。

珍しいことではないのですね。

それなりにググッて調べたのですが、葉芽と花芽が同時に
出てくる現象の記事が見あたらなかったので助かりました。

もう少し鉢数を増やしたいので葉芽と葉芽だとしても
小さい方を摘み取るつもりはないのですが、お楽しみが来年まで残るのは嬉しいこと。

もちろん花芽と花芽なら浪人脱出の可能性が高まるでしょうから万々歳。

無題 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2012/10/12(Fri) 16:33:49 No.5686  引用する 
先日オクで購入したキン様に種がついていました。
さて、こいつをどうしたものやら……
付けたままだと株の生育が悪くなったりするのでしょうか?
もし、生育に問題無いのなら、こいつをどう調理してやろうか?
ダンボールに播種しようか?無菌培養は敷居が高そうだし……
庭に播いて生育できるほど温暖な気候じゃありませんし……
かと言って捨てるのも貧乏人根性で勿体無いと思ってしまう悲しい性が(笑)
画像のような種が2つあります。実践すべき行動として
1・ダンボール播種
2・無菌培養
3・株元に細かい水苔と一緒に播く
4・蘭菌が棲息してるとの謳い文句の凄いんだか凄くないのか分からない土に播く
5・欲しい人にプレゼント

以上どれが良いでしょう?


Re: 無題 投稿者:山野 投稿日:2012/10/12(Fri) 22:56:09 No.5687  引用する 
 種子を付けると花芽の付きが悪くなりますがもうこれだけ大きくなったので今から取っても親株の生育は変わらないでしょう、キンリョウヘンの種子は12月頃になると熟してくるのであと2ヶ月です。

 もう一つ方法もありますよ、ウチに来て無菌播種をやって見るのはどうですか、播種と移植で2〜3回来てもらえば出来ます。100本くらいの苗なら半日もあれば出来ます、発芽したものすべてを植えれば千本単位の苗を作れますがその手間はかなりかかります。

Re: 無題 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2012/10/13(Sat) 09:57:03 No.5688  引用する 
山野様おはようございます。

>もう一つ方法もありますよ、ウチに来て無菌播種をやって見るのはどうですか、

え?本当にお言葉に甘えさせていただいてよろしいのですか?無菌播種はやってみたかったのですが、設備と知識が無いため選択肢から除外するか迷っていました。
よろしければオフ会の時にでも詳しくお話できればと思います。
お心遣いありがとうございます。

Re: 無題 投稿者:山野 投稿日:2012/10/13(Sat) 22:56:51 No.5690  引用する 
 オフ会の時にでも詳しくお話できればと思います。

了解です、ただ渓猿@栃木さんは野木の蜂さんが申し込んできた中の方でしょうか

Re: 無題 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2012/10/13(Sat) 23:56:02 No.5691  引用する 
>渓猿@栃木さんは野木の蜂さんが申し込んできた中の方でしょうか

いいえ、まだ申し込みのメールはしていません。明日にでもメール致しますので宜しくお願い致します。

枯れてきました。 投稿者:トネリコ 投稿日:2012/10/02(Tue) 15:18:58 No.5673  引用する 
春に発芽したバルブが枯れてきました。

軒下に置いていますが、大雨のときたっぷりと水をかぶり
その後気温が上がり蒸れたのかとおもいます。
(自己判断です)

原因を教えてください。


Re: 枯れてきました。 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/10/02(Tue) 20:16:40 No.5676  引用する 
> 原因を教えてください。

古いバルブの葉は一枚ずつ黄色くなって枯れることが多いように思います。このバルブのものは全体的に枯れてるような印象ですねえ・・。他のバルブのものは健全ですから、枯れたバルブの根だけ傷んだか、何か根に障害が発生しているのでしょうか。私の持っている株では、小さい芽でこういう枯れ方をするものを見たことがあります。でもその後大事には至らなかったように思います。

何れにしろ、ここはお詳しい方のお話をお聞きしたいですね。

Re: 枯れてきました。 投稿者:山野 投稿日:2012/10/02(Tue) 23:14:47 No.5678  引用する 
 ボトリチス菌、もしくはフザリウム菌などの病菌によってバルブが腐ってきたのだと思います。ウチでも毎年数鉢出ていますが対策は何もしていません、病株は早目に処分するのがいいでしょう
 一般的には通風を良くして過湿を避けると言われていて雨除け栽培を行うのと鉢の置き場所を地面より上げて作れば減ります。またこの鉢に水をやって鉢底から出てくる水にはたくさんの胞子が混じっていると思うので健全株にかからないようにする事です。また植える時に新しい用土を使う事も重要かと思います。
 このような株が多く出るのであれば場所を変える方がいいと思います。

Re: 枯れてきました。 投稿者:トネリコ 投稿日:2012/10/03(Wed) 12:04:16 No.5679  引用する 
ONO@愛媛さん・山野さん

アドバイスありがとうございました。
新しいバルブが枯れてきたため とても不安でした。
枯れたところは取り除きました。

> 一般的には通風を良くして過湿を避けると言われています。またこの鉢に水をやって鉢底から出てくる水にはたくさんの胞子が混じっていると思うので健全株にかからないようにする事です。また植える時に新しい用土を使う事も重要かと思います。

鉢の中に胞子が混じっているなんて頭にありませんでした。
今後 心して世話をします。

品種が知りたいです 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2012/10/02(Tue) 13:40:33 No.5671  引用する 
以前オークションで買ったキン様です。
葉芸があり、垂れ葉気味で原種より少し葉の幅が広いです。
開花の目安にしたいので品種が解かりますか?
乏しい知識と情報から日月ではないかと想像しているのですがいかがでしょう?


Re: 品種が知りたいです 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2012/10/02(Tue) 13:41:22 No.5672  引用する 
葉先のアップです

Re: 品種が知りたいです 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/10/02(Tue) 20:09:39 No.5674  引用する 
> 乏しい知識と情報から日月ではないかと想像しているのですがいかがでしょう?

私も日月に一票です。

Re: 品種が知りたいです 投稿者:エピペン@愛知 投稿日:2012/10/02(Tue) 20:10:30 No.5675  引用する 
日月若しくは龍月?
株がもう少し太くなると解り易いですが。
プロでもザックリで品種分けでしたので、細かく解る方は居るのかな〜?
売る気で無いなら自己流で良いのではと思います。
  エピペン

Re: 品種が知りたいです 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2012/10/02(Tue) 20:41:52 No.5677  引用する 
ONO@愛媛さん
>私も日月に一票です。
やっぱりそう思いますか。

エピペン@愛知さん
>日月若しくは龍月?
龍月というのは初めて聞く名前だったので検索してみましたら……
ムチャクチャ高値が付いています!絶対違うと思います。
相場と同じくらいの値段でしたので……(^_^;)

日月は原種と開花時期がほぼ同じみたいですね。(東洋蘭の大石さんのHP参照)
開花時期をずらすためには若松と常盤錦が欲しいですね。

キンリョウヘンが〜〜 投稿者:みきか 投稿日:2012/09/25(Tue) 23:32:36 No.5655  引用する 
キンリョウヘンに茶色の固い点状のものが着いて困っています。カイガラムシの一種だと思っていますが・・・
初夏に白い粉状のカイガラムシがつき、2回ほど浸水をさせたりしましたが完全に除去出来なかったようです。
当地は朝夕は涼しいですが、まだ昼間は28〜30度あります。
石灰硫黄合剤を薄めて塗るのは、今の時期ダメでしょうか?
対策の仕方を教えてください。

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:紀州みかん@和歌山 投稿日:2012/09/25(Tue) 23:56:35 No.5656  引用する 
歯ブラシで擦ると、防除出来ますよ!

葉を痛めない程度に擦るのがコツです(^^)

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/09/26(Wed) 00:47:39 No.5657  引用する 
私のところでも薄茶色のカイガラムシが付いています。固めの歯ブラシでこすると落ちます。カイガラムシは一度落ちると歩けないので死んでしまうのではなかったでしょうか?。またそのカイガラムシの周りに白いカイガラムシの幼虫のようなものがたくさん見つかる時があります。これが幼虫だったら歩くのかな?。

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:みきか 投稿日:2012/09/26(Wed) 06:30:35 No.5658  引用する 
紀州ミカンさん、ONOさん、有難うございます。
固い歯ブラシで、再度こすってみます。
茎の根っこの部分にいる白いカイガラムシはどうしたらいいですか?
もう一回、浸水させようかとも思ったのですが、花芽が覗き始める大事な時期だからためらっています。
石灰硫黄ゴウザイは劇薬扱いになりましたのでJAで購入ずみです。これを薄めて茎の根元に流し込むのは花芽に影響が有りますか?無茶すぎますか?

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2012/09/26(Wed) 19:57:05 No.5659  引用する 
> 石灰硫黄ゴウザイは劇薬扱いになりましたのでJAで購入ずみです。これを薄めて茎の根元に流し込むのは花芽に影響が有りますか?無茶すぎますか?

私は農薬についてはパスです(^_^;)。意識しては使ったことがないので知識がゼロなんです。ただキンリョウヘンにやろうとして数種購入はしてるのですが、その後入院して実行していません。

あっ、歯ブラシを使う時は数回擦って下さい。一回では落ちなくても数回擦ると確実に落ちます。

話は変わりますが
キンリョウヘンの手入れをしていると最近「優曇華(うどんげ)の花」が付いていることがあります。この優曇華(うどんげ)の花、クサカゲロウの卵らしく、種によっては幼虫がカイガラムシを食べるらしいです。なのでキンリョウヘンにとっては益虫ということになるので、そっとしておくのがよさそうです。

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:山野 投稿日:2012/09/26(Wed) 22:31:17 No.5660  引用する 
 カイガラムシの駆除は石灰硫黄合剤より機械油乳剤の方が効果があります。倍率は50倍くらいでカイガラムシによくかければほとんどいなくなります。昨秋キンリョウヘンにごっそり付いている所があって今春かけたんですがキンリョウヘンに薬害は全く出ませんでした。ただ新芽の軟らかいのには出るかも知れないのでかけない方がいいと思います

 それから付近の木や草にも付いていないかよく見て下さい。ここからキンリョウヘンに来る事があります。

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:みきか 投稿日:2012/09/27(Thu) 09:17:18 No.5661  引用する 
山野さん!
機械油乳剤って?マシン油乳剤は使いますが同じものですか?
違うようだったら、JAで聞いて購入したいと思います。
何倍に希釈したら良いですか?展着剤もいれた方が良いですか?花芽が心配なので今は歯ブラシで落としながら春を待ちたいと思います。春に全て駆除できたらすごく嬉しいです。
貴重な情報を教えて頂き有難うございます。
駆除の時期はキンリョウヘンの花が終った頃では遅いですか?
キンリョウヘンの花が咲いていてもかけて構わないですか?
画像は今朝のキンリョウヘンの根元です。
花芽のようなものが付いていますが?なんだろう?


Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:みきか 投稿日:2012/09/27(Thu) 09:28:49 No.5662  引用する 
ONOさん!
こまめに歯ブラシでかき落とすことにします。
農薬は、果樹に石灰硫黄ゴウザイ、マシン油乳剤を〜以前はこれらは有機栽培に認められていたそうですが〜〜?
野菜の種まき時には、オルトランを使用しています。
うどん粉病にならないように、重曹を水で希釈した液をかけたり、バジルやマリーゴールドを近くに植えたり、防虫ネットをかけたりして、無農薬に努めています。
しかし、9月に蒔いた白菜もブロッコリーも大根も、防虫ネットの中で葉っぱをかじられています。ニワカ農園の無農薬はなかなか難しいものがありますが、それなりに頑張っています。

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:山野 投稿日:2012/09/27(Thu) 23:42:29 No.5663  引用する 
 機械油はマシン油と同じものですよ、ただ濃度が2種類あって高度マシン油乳剤という含量の高い方が効果があるようです。50倍で使うのは前にも書きました。展着剤は入れなくていいです。写真のような芽ならかけても薬害は出ないと思います。ただたっぷりかけて根に流れていくと薬害が出るかも知れません

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:みきか 投稿日:2012/09/28(Fri) 05:53:00 No.5664  引用する 
山野さん!詳しく教えて頂き感謝です。
オッチョコチョイですので、かけずに少しづつ丁寧に筆で塗ってみます。良く見たら全ての鉢が犯されていてビックリ〜〜
昨日は、歯ブラシで葉っぱの裏表を一枚づつこすりました。
結構時間がかかりました。今日は根元の部分に・・・・
花芽が出るように願いをこめて♪〜〜

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:紀州みかん@和歌山 投稿日:2012/09/29(Sat) 00:09:24 No.5665  引用する 
マシン油の話、詳しめにさせて頂きます。

通常のマシン油と言うのは、硫黄分など葉ヤケ(薬害)につながる成分が多少含まれています。

高度精製マシン油と言うのは、この硫黄分を除去して、薬害が起こりにくくしています。(スルホン化=0が好ましい)

従いまして、私は、出光興産の高度精製マシン油(ハーベストオイル)をお勧めします。この商品はスルホン化が0で薬害が起きにくいです。

但し、植物はが激しく呼吸してる夏場にマシン油を散布すると、高度精製マシン油でも薬害の恐れがありますので最高気温が20度を下回ってから100倍で掛けるのが良いと思います。

注意点は、殺菌剤や殺虫剤、葉面散布肥料と混ぜない事。
また近接散布を避ける事(殺菌剤や殺虫剤、葉面散布肥料をまいてからマシン油散布までの期間を出来れば1ヶ月あけて下さい。)

マシン油は、油の膜でカイガラムシの表面を覆って物理的にカイガラムシを殺します。

同時に、マシン油の効果で殺菌剤や殺虫剤、葉面散布肥料を葉の細胞に強く貼り付ける効果が有り、散布間隔が短いと薬害を起こしますのでご注意ください。

また、山野さんアドバイスの通り、若い葉は薬害が出やすいので、ご注意ください。

マシン油の薬害は出る時は激しく出ますので、
キンリョウヘン全部に掛けずに、まずは、薬害が起きても良い鉢に試し掛けして、1週間程度様子を見て、大丈夫だったら、
持ち株の1/3程度に掛けるようにした方が良いです。

と言うのは、最近は気候の変動が激しく、最高気温が20度を下回った時期でも、急に暑い日が出現して、最高気温30度になると、悪条件が重なると葉ヤケする危険が有るからです。

無農薬、無葉面肥料で栽培してれば、余り心配しなくて良いですが、
1鉢が高価な物ですから、全部の鉢に散布せず、試し掛けをお勧めします。

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:みきか 投稿日:2012/09/29(Sat) 15:34:47 No.5667  引用する 
紀州ミカンさん!
詳しく教えて頂き有難うございます。
昨日全て、歯ブラシで、根元や葉っぱを一枚づつ見ながら希釈液を塗りたくりました。
マシン油乳剤は冬にホームセンターで求めて使った残りです。2種類あるのも初めて知りました。次回からは、良く調べて購入します。今朝からキン様は、台風避難で室内です。
しばらく半日陰で様子を見ます。
同じ部位の処理後です。お陰さまできれいになりました。
この芽が気になります。花芽?葉芽?


Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:BB讃岐 投稿日:2012/09/29(Sat) 18:56:57 No.5668  引用する 

>マシン油は、油の膜でカイガラムシの表面を覆って物理的にカイガラムシを殺します。

 油の膜で思い出しましたが…、ブルーベリーへの防除で牛乳の散布が効果が有るとの情報が有ったのを思い出しました
 私も試しては見ましたが…、白痕が消え無かったのが記憶に残っています
 で、効果は・・・と言うと、私には解りませ〜ん
 でも無農薬と言う意味合いでは試してみる価値は有るものと・・・

Re: キンリョウヘンが〜〜 投稿者:紀州みかん@和歌山 投稿日:2012/09/29(Sat) 22:32:38 No.5670  引用する 
牛乳は、ダニ被害の出始めに効果が有ると思います。
気門を牛乳の油膜で塞いで殺します。

カイガラムシは牛乳ではチョット難しい気がします。

花芽? 投稿者:ときさ@岐阜 投稿日:2012/09/14(Fri) 18:14:04 No.5642  引用する 
花芽らしき芽が1つ出はじめました、たぶん?

Re: 花芽? 投稿者:山野 投稿日:2012/09/14(Fri) 22:53:52 No.5643  引用する 
ウーーーーーーン

ちょっと細いので怪しいですがひょっとしたらひょっとするかも知れません

Re: 花芽? 投稿者:ときさ@岐阜 投稿日:2012/09/15(Sat) 20:52:07 No.5644  引用する 
山野さん、はじめまして
> > ちょっと細いので怪しいですがひょっとしたらひょっとするかも知れません
やっぱり葉芽でしょうかねーーー
今年の春も葉芽が半分くらい有りました。やっぱり難しいですね〜

Re: 花芽? 投稿者:山野 投稿日:2012/09/15(Sat) 22:36:24 No.5645  引用する 
 キンリョウヘンは花芽の付きはいいのでほとんどの株に花芽が付けられます。
 葉が青々して大きく育っているのに花芽が付かないのなら肥料不足、光線不足があるかと思います。また新芽が何本も出る系統の株は花芽の付きが悪いです。

Re: 花芽? 投稿者:山野 投稿日:2012/09/23(Sun) 20:47:56 No.5648  引用する 
 これなら9割方花芽だと思います。

Re: 花芽? 投稿者:紀州みかん@和歌山 投稿日:2012/09/29(Sat) 00:18:00 No.5666  引用する 
山野さん、当選確実の花芽ですね(^^)!

流石!!栽培管理キッチリされてると、
今の時期でも、『当選確実!!』が出るのですね!

私はここ2年、10月中下旬になってやっと『当選確実!!』を確信出来ますが、秋に窒素分やり過ぎたら、『当選確実』が春先に『落選』になった株も有ります。今の時期の、肥料のやり方が大切ですね。

Re: 花芽? 投稿者:山野 投稿日:2012/09/29(Sat) 20:58:40 No.5669  引用する 
 当選確実で安心していると「マサカ」という坂を転げ落ちてしまうと言うのをずいぶん昔の総理が行っていました。これは間違いないでしょうか、ウチのように秋の早く来る所の方が花芽が見えてくるのは早いような気がします。

肥料について 投稿者:野呂 投稿日:2012/09/23(Sun) 11:29:53 No.5646  引用する 
以前植え替えについて教えてもらったNONタロウです。
ハンドルネーム変更で野呂(この方が楽なので)です。
植え替えしたキンリョウヘンがどうも元気がないようなので、肥料をあげようと思い過去のログから骨粉入り油粕が良いとの事、早速ホームセンターで買ってきたのですが、中にいれたら良いのか、そのまま表面にのせるだけでよいのか、迷ってしまいました。御指導よろしくお願いします。


Re: 肥料について 投稿者:野呂 投稿日:2012/09/23(Sun) 11:36:04 No.5647  引用する 
皆さんのキンリョウヘンは緑が濃く生き生きしているように見えます。私のキンリョウヘンの写真を添付します。写真に撮るとそうでもないような気もするのですが、黄緑で葉先が少し痛んでいるのもあります。

Re: 肥料について 投稿者:山野 投稿日:2012/09/23(Sun) 21:13:18 No.5649  引用する 
 このキンリョウヘンなら上出来だと思いますよただやや右に見える新芽は小さいので花芽が付くかどうか微妙ですし向こう向きの新芽は昨年のバルブ1個から2本出してしまったようですが、これを1本にしておけば確実に花芽になってくれると思いますが2本なので下手をするとどちらにも花芽が付かないかも知れません、ところでウチのキンリョウヘンは同じように肥料をやっているのに色の濃い葉と薄い葉があるので葉の色は肥料よりもその株の性質なのだと思います。また花の色の薄いのは葉色も薄いし日当たりが強いと黄色がかってきます。

 今からやるのでは半月くらい遅いのですがやった方がいいと思います。この写真の油粕は粒が細かいようですが中粒でしょうか、中粒ならこの鉢では大きいのなら1粒、小さければ2粒くらいを用土の上に置くだけでいいです。あるいは小粒なら3〜5粒くらいやって下さい。ただ油粕が崩れて用土の間に入って詰まらせるのでこれを防ぐにはティーバッグの袋に入れておくと古くなったら取れるのでいいのですが肥料分が溶け出すのに時間がややかかってしまいます。

Re: 肥料について 投稿者:野呂 投稿日:2012/09/24(Mon) 18:52:37 No.5653  引用する 
山野さん、有難うございます。
葉の色はそんなに気にする事はないんですね。ちょっと一安心。
肥料は小粒です。中粒がなかったので写真の肥料を買いました。
自分の思っていたのと違って意外と少なめで良いのですね。
早速、肥料をやってみます。

花芽がつかないかも?とありましたが、ウーーーン 
見守りたいと思います。

Re: 肥料について 投稿者:山野 投稿日:2012/09/24(Mon) 22:09:45 No.5654  引用する 
 キンリョウヘンの施肥は春が主体で今は多くやってはいけません、花が終わって新芽が3〜4cmに伸びてきた頃に中粒を3〜4粒やっているでしょうか、これがやってあれば2〜3本の花芽が上がってくるけれどやっていなければ花芽が付かないか1本くらいでしょう

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -