このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
キンリョウヘン
[トップに戻る] [新規投稿] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



病気でしょうか? 投稿者:ユノ 投稿日:2013/12/04(Wed) 14:25:23 No.6136  引用する 
昨日、ネットで購入した金稜辺が届いたのですが、2〜3枚以外の葉先が全て黒くなっており、葉の途中部分にも黒い点々がいくつかあります。何か病気にかかっているのでしょうか?
(葉先部分の写真を掲載しておりますが、写真が見づらくてすみません。)

どなたかお分かりになる方、お教え下さい。
よろしくお願い致します。

病気であれば、今後の対処方法もお教えいただけると非常に助かります。

私は、金稜辺等のランを育てるのは初めてで、現在シンビジウム栽培の本で勉強中の状態です。


Re: 病気でしょうか? 投稿者:山野 投稿日:2013/12/05(Thu) 21:37:06 No.6137  引用する 
 何でこうなったのか分かりませんが病気ではないと思います。考えられるのはコンクリートか金網などが脇にあって、風で葉が動いた時に先がつつかれて傷になり、枯れ始めたのではないかと思います。

 ただ気になるのは葉の途中も黒くなっているという事ですが、2年目以降の葉に黒い小黒点が出るのはウィルス病という怖い病気で、この病気は治し様がありません、早目に処分しないとどんどん伝染します。

Re: 病気でしょうか? 投稿者:ユノ 投稿日:2013/12/06(Fri) 18:22:58 No.6138  引用する 
山野さま、詳細なご回答ありがとうございました。

お店に問い合わせた所、「そんな苦情のようなことを言われたのは、初めてだ。」と言われてしまい、この鉢が病気かどうか分からず、困っておりました。

今回、お教えいただいたことを基に、一度対応してみます。

本当に、ありがとうございました。

Re: 病気でしょうか? 投稿者:太郎 投稿日:2013/12/09(Mon) 21:51:43 No.6139  引用する 
ユノさん今晩は。

 山野さんのおっしゃる通り、一応ウィルスを疑ってみることですね。
 お買いになったのは一鉢でしょうか?

 私の経験談です。

 やはり壁際に置いた鉢の葉先が痛みましたが、全部の葉先が痛んでいることはありませんでしたので、ご自分の鉢を観察されてください。

 梅雨明けころ、午前中に雨が降り昼ころに晴れた三日目くらいでしたか、やはり新しい葉の先が茶色くなりました。
 あわてて遮光しました翌年、前もって遮光しておいたら普通にきれいな葉になっています。
 葉先に溜まった露が凸レンズの役目をして、葉先を焦がしたようです。

 もうひとつ、水遣りの時若干水はけの悪い鉢があり、その鉢の葉先が黒く変色しました。
 根腐れを感じたのであわてて植え替えをしようと鉢から出してみると、やはり大方の根が変色していました。
 ダメな根を整理し、新しい鉢に新しい用土で植え替えたところ、翌年から順調になりました。

 いずれにしても、植物は何も言ってくれません。どこか不具合があるとすぐに『態度に出します』
 普段からの注意観察が大切です。

 また、園芸店は言っては悪いですが『病気の巣』みたいなものです。
 ネットでの購入では無理もありませんが、直接店頭での購入の場合
 店に並べてある他の鉢も良く観察されて、怪しい、と思ったら購入しないことは勿論、触ったりしないことも大切です。

 そして、購入したら一年くらい別の場所に置いて管理するくらい用心してもやり過ぎでは無いと考えます。

 びっくりされると思いますが、病原菌やウィルスは人間の目では確認できません。異常を感じたらすぐに処置(消毒や隔離、または焼却)されることです。

Re: 病気でしょうか? 投稿者:ユノ 投稿日:2013/12/11(Wed) 20:41:58 No.6141  引用する 
太郎さま、経験談に基づく詳細なご回答ありがとうございました。

写真の鉢は、黒い小点の多い葉を消毒した鋏で切り落とし、隔離した場所に置きました。ウイルス等の薬剤は県内の農業センターに問い合わせし、教えてもらいましたが、個人的にミツバチ以外のところで、薬害がありそうだと感じましたので、薬剤散布は行いませんでした。これ以上広げない効果があるかは分かりませんが、希縮した国産表示のある竹酢液を散布し、様子を見ることにしました。

さらに、お店に問い合わせた後、同店からもう1鉢届きましたので、現在2鉢になりました。

1鉢目の様にひどくはありませんが、2鉢目にも葉先部分や葉の表裏に黒い小点がある葉が数枚ありましたので、消毒した鋏で黒い小点のある葉を切り落とし、1鉢目とは異なる場所に置き、様子を見ることにしました。

ちなみに、通常自宅周辺の園芸店で、店頭の商品を見てから購入しているのですが、今回どの店に問い合わせても取り寄せが出来ない状態でしたので、信用できる店だと思いネットで購入してしまいました。実物を見ていたら、購入しない品でした。

今回、お教えいただいたことを基に、2鉢ともよく観察していこうと思います。本当にありがとうございました。

あら、金様が 投稿者:愛・地球蜂 投稿日:2013/12/01(Sun) 11:05:07 No.6127  引用する 
植え替え時に捨てた古バルブから金様が生えたいました。

写真では3本ですがほかにもう1本生えています。

なんだか儲けたような、来春には鉢上げしようかな。

でも咲くまでは時間がかかりそうです。


Re: あら、金様が 投稿者:エピペン@愛知 投稿日:2013/12/02(Mon) 19:25:49 No.6131  引用する 
> 植え替え時に捨てた古バルブから金様が生えたいました。
>
> 写真では3本ですがほかにもう1本生えています。
>
> なんだか儲けたような、来春には鉢上げしようかな。
>
> でも咲くまでは時間がかかりそうです。

愛・地球蜂さん今晩はです。
いや〜良いですね^^土に埋めて置けば新芽が出る物も有るんですね。
その作戦でいこうかな〜めんどくっさいすもんね〜^^v
  エピペン

Re: あら、金様が 投稿者:愛・地球蜂 投稿日:2013/12/03(Tue) 07:05:04 No.6134  引用する 
エピペンさんおはようございます。

無菌播種、種を培養ビン60本に播種、そのほとんどがカビの生

えることもなく、プロトコームを形成、芽が伸び始めました。

この時は大変感動したのですが、最近は何か面倒臭くなってき

ました。家内と台所がかち合わないように朝も4時半ころから

培地の作成、粉寒天・グラニュー糖・バナナ・液体肥料・次亜

塩素酸ナトリウムを入れて粉寒天を10分ほど溶解、そのあと

培養瓶に分注、圧力鍋30分ほど滅菌、ここまで来ると面倒臭

いことがわかるでしょう。植え替えにも無菌状態植え替えなけ

ればならないし・・・・

育成中の写真を載せます。


部屋の中に一坪ほどのビニールハウスを設置、この中でパネル

ヒータ、育成用LEDライトを使用しています。

LEDライトに至ってはピンク系統のケバイ光が夜間外に漏れ家

族から猛反発を受けました。そのため窓にはカーテンのほか遮

光ネットを張っています。


Re: あら、金様が 投稿者:ほたる@京都 投稿日:2013/12/03(Tue) 09:32:48 No.6135  引用する 

愛・地球蜂さん

こんにちは。
凄く早起きなんですね。

培地に次亜塩素酸入れてるのですか?
私は純粋にショ糖(グラニューートウ)粉末ハイポ、寒天です。
数が増えて来て植え替えの培地作りが間に合わなく1瓶ごと殺菌していた(1度に27本限界)のを辞め培地のみオートクレープ殺菌してクリーンベンチで殺菌灯にて一気にマヨ瓶消毒し分注してます。
今までの倍以上一気にできるので助かります。
(数本はカビの餌食になりますが(T_T))

あと初試みでスーパー培地と称して梅酒瓶8Lと4Lで培地作り播種と植え替えしました。培養室が土の持ち込み禁止なのでかなりの成長まで放置し安全な培養室で育成できるかと。

成育灯私も考えましたが学校(高校、大学)研究センターに聞いたと事キンリョウヘンにはあまり効果ないと聞きましたよ(^^;

これからは新種蒔きと巣箱作り頑張らないと。

投稿者:ほたる@京都 投稿日:2013/12/02(Mon) 23:56:33 No.6132  引用する 

随分寒くなりました。
苗を育てていますがミズゴケで育てている苗を育成の為
室内に取り込んだところ白カビ発生。
慌てて元の場所に・・・
ところが寒さかな葉の色が薄くなり枯れはじめました。
またまた室内に・・・
ミズゴケより市販のシンビジュウムの土の方が良いのでしょうか?また苗はまだ枯れないで大丈夫でしょうか?
難しい小苗です(T_T)


Re: 苗 投稿者:愛・地球蜂 投稿日:2013/12/03(Tue) 06:33:33 No.6133  引用する 
ほたる@京都さんおはようございます・。

成長が早いですね、昨年末の播種だったですかね。

私のは成長にバラツキがあるものの根のしっかりしたものある

のでそのようなものは来春植え替えようかなと思っています。

私の育成中の写真を、あら、金様が、エピペンさんのお返事に

添付しました。

動き始めた・・かも? 投稿者:BB讃岐 投稿日:2013/11/30(Sat) 19:51:47 No.6125  引用する 
 この処急に寒くなって来たので、ビニールハウスを締め切っていました
 そのせいかも知れませんが、どうも花芽が動き出した様な…
 気のせいかも知れませんが、鞘が膨らんでコロコロっとした蕾が透けて見える様な…


Re: 動き始めた・・かも? 投稿者:山野 投稿日:2013/11/30(Sat) 23:20:34 No.6126  引用する 
 今の時期はこれから休眠に入るので簡単には動き出さないと思いますが・・・・・・本当に動き出していればそのあと寒い所に置くと花芽が枯れてしまう危険があります。

 晩秋から冬の間は凍らない程度のなるべく寒い所に置いて花芽を動かさないようにしておき、開花予定の50〜60日前頃から徐々に暖かくして花芽の伸び具合を見ながら調整します。ただし暖かい所に置いて進み過ぎたものを急に寒い所に持っていくと花芽がいじけて枯れてしまう事もあるのでご注意下さい。

Re: 動き始めた・・かも? 投稿者:BB讃岐 投稿日:2013/12/01(Sun) 14:30:48 No.6128  引用する 
>今の時期はこれから休眠に入るので簡単には動き出さないと思いますが・・・・
 これは反対側から写したものですが、葉芽は確実に判断出来る程伸長してきました
 一応軒下に移動して様子を見る事にしました


Re: 動き始めた・・かも? 投稿者:山野 投稿日:2013/12/01(Sun) 23:29:04 No.6129  引用する 
 葉芽は伸びても心配いりません、春に伸びるのが多いですが中には不定期でいつとはなく伸びる系統もあります。

Re: 動き始めた・・かも? 投稿者:BB讃岐 投稿日:2013/12/02(Mon) 06:54:18 No.6130  引用する 
 山野さん、ありがとうございます
 肯定的な回答を戴いて、少し希望が持てた様な・・・
 今年は植え替えに失敗して30鉢程ダメにしましたので、貴重な花着き鉢ですから・・・

着蕾 投稿者: 投稿日:2013/11/29(Fri) 17:44:56 No.6123  引用する 
 酷暑の夏を無遮光で乗り切ったキンリョウヘンです。葉は短く育っていますが、やや黄ばみがでました。

Re: 着蕾 投稿者: 投稿日:2013/11/29(Fri) 17:47:36 No.6124  引用する 
 丸々と太った蕾が次々と出始めています。寒さも厳しくなったので、ハウスに取り込み加温の計画です。

キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者: 投稿日:2013/11/25(Mon) 02:59:24 No.6110  引用する 
来年の春から日本ミツバチ捕獲のために11月にキンリョウヘンを購入しました。最初は葉の色がきれいな緑色で表面もつやつやしていました。4条の株であったため来年の開花は難しいと思いバルプを太らすために、南向きの窓辺においていたのですが、葉の表面のつやがなくなり、なんとなくですが黄色っぽくなってきました。11月ではありますが、日焼けでしょうか、それとも根腐れでしょうか。それと新しいパルプがでてくるのは、来年の春ごろでしょうか。 PS.岡山市内で栽培しております。

Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:サル彦 投稿日:2013/11/25(Mon) 11:07:57 No.6111  引用する 
週末養蜂Lv(-1)さん、こんにちは。

11月後半になった岡山市内(どの辺り?)は、晴れの国の夜間の放射冷却で窓際では、気温が乱高下します。その気温の乱高下が原因の可能性があります。すなわち、昼間の高温で、頑張らなくっちゃとハッスルしても、夜間の低温でハッスルが持続できないで、消耗している状態。

本来なら、生長をやめてじっと寒さを耐える季節です。もう来年の成長期まで株が太ることはありません。まずは光はたいして当たらなくても、窓際から離して、気温の安定する場所に置くことをおすすめします。無駄なハッスルで消耗させるのは禁物。

岡山市内のどこかにもよりますが、市役所や県庁、岡山大学、運動公園、半田山植物園と同じくらいの室外気温の場所であれば、露地栽培で十分です。岡山市内各地でその状態で栽培されているキンリョウヘンを見かけます。室内への取り込みで開花を調節する場合でも、取り込みは2月中旬で十分間に合います。

Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:週末養蜂Lv(-1) 投稿日:2013/11/26(Tue) 14:01:33 No.6113  引用する 
ありがとうございます。
ちょうど、わたくしが住んでいるのが、岡山大学周辺に住んでいるので、さっそく屋外に出しました。
 それと、このページで質問するのもどうかと思ったのですが、ミスマフェットはこの時期 屋外、屋内どちらがいいのでしょうか。

Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:サル彦 投稿日:2013/11/26(Tue) 15:53:06 No.6114  引用する 
週末養蜂Lv(-1)さん、こんにちは。

#ミスマフェットはこの時期 屋外、屋内どちらがいいのでしょうか。

おそらくどなたかが、コメントしてくださるでしょうが、経験がないなりに推測してみます。

ウェブ検索で調べると
Miss Muffet = Cym. devonianum x Cym. floribundum で、キンリョウヘンと掛け合わされたもう一方の片親は Cym. devonianum (= Devon's Cymbidium) です。

その種は
http://www.orchidspecies.com/cymdevonianum.htm
によれば原産地は「インド・アッサム、ヒマラヤ東部、ネパール、ブータン、ミャンマー、タイ、ベトナムの標高1000〜2000mの雲霧林帯で、樹木や岩のコケ上に生える」とあります。トウヨウミツバチの分布のど真ん中、熱帯モンスーン地域の山岳気候帯ですから、日本の夏の高温も冬の低温も、過度の乾燥も苦手な植物でしょう。

すなわち、冬は霜や氷結は避けて、冬は温度の安定した室内管理(ただし暖房で乾燥しないところ)がよいかな、というところ。

『しのさんの「ニホンミツバチ日記」』
http://62858793.at.webry.info/201310/article_27.html
など岡山近郊でキンリョウヘン類を管理している方のミスマフェット関連記事をお読みになると参考になるかも。

ご近所にお住まいのようですから、適当な場所(法界院駅、岡山大学正門、岡大筋バス停、津島モール裏入り口、半田山植物園入り口など)と日時を指定いただければ、都合のつく休日などすぐに参上します。

メルアドは:
apiomaniaアットマークgmailドットcom

Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:宇宙 投稿日:2013/11/26(Tue) 21:16:17 No.6115  引用する 
週末養蜂Lv(-1)さんはじめまして、
私の住んでいる所では、12月中旬より霜が降りる地域ですが、ミスマフェットやデボニアナムは霜が降りる前に南向きの軒下に取り入れます。ややスパルタの様な気もしますがこれで十分越冬もしますし花も咲いてくれます。
また、開花調整が必要ですがこの事については詳しい方々が教えてくれると思います。

Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:しの@岡山 投稿日:2013/11/27(Wed) 19:26:06 No.6117  引用する 
週末養蜂Lv(-1)さん、はじめましてm(__)m
岡山市の東隣のS市でミスマ、デボの栽培を始めたばかりのものです。
キンリョウヘンにはやや劣るものの、意外に寒さに強いようですヨ。
とはいえ、今日のような日(最低温度3度)が一週間も続いたりすると、やはり屋外では怖いですねえ(^^ゞ
それと同じ屋外でも、寒風に吹き曝されるような場所とそうでない場所では大きく違いますし。安全を考えるのなら、屋内の方がいいかも。私は毎日気温と睨めっこしながら、鉢を出したり入れたりして遊んでいますよ〜(^O^)


Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:週末養蜂Lv(-1) 投稿日:2013/11/28(Thu) 09:54:59 No.6119  引用する 
返信が遅くなり申し訳ありません。
サル彦さん:わざわざネット調べてくださりありがとうございます。近くにお住まいで心強いです。
しのさん:返信ありがとうございます。また、お互いに情報を交換できればうれしいです。
宇宙さん:返信ありがとうございます。住まわれている地域はどこか教えてください。
 前回の相談したキンリョウヘンは屋外にだして、葉の色が改善するか待ちの状態です。
 ミスマフェットは寒暖差が家の中で一番少ない台所におきましたが、日光が全く当たらないのでどうしたものか考えています。しのさんの内容では、朝7時にベランダに出して、夜12時に取り込むというのでも、寒暖差はOKのようですが、、、

Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:しの@岡山 投稿日:2013/11/28(Thu) 15:57:54 No.6120  引用する 
週末養蜂Lv(-1)さん、言葉足らずで済みませんでした。
一週間先の予想気温を見ながらです(^^ゞ
暖かい日が続きそうなら外に出し、寒波が来そうだったら
屋内へ移動して栽培してきましたが、さすがにこの時期になったら、春までずっと屋内で栽培しています。
今年開花したデボニアナムですが、春まで太陽光は当たってません。台所の蛍光灯で育ちましたよ〜(^O^)


Re: キンリョウヘンの葉の黄染 投稿者:宇宙 投稿日:2013/11/29(Fri) 10:26:42 No.6122  引用する 
☆宇宙さん:返信ありがとうございます。住まわれている地域はどこか教えてください。

私の住んでいる所は、兵庫県南部です。当地では、キンリョウヘンもデボニアナムもミスマヘェットも通年屋外で栽培出来ます。キンリョウヘンは夏の直射日光もそのままで遮光はしません、また冬は霜が降りていてもそのままです。
デボニアナムやミスマヘェットは春から秋まで遮光しています。冬は南向きの軒下へ取り込むだけで加温も保温もしていません、又遮光もしませんから角度の低い冬の直射日光は当ります。

近稜辺の花芽について 投稿者: 投稿日:2013/11/27(Wed) 14:11:50 No.6116  引用する 
花芽が出てきたと喜んでいたら葉芽、また葉芽でした。オークションに出品しているものは花芽が出ていますが、私のは花芽が確認できません。この時期花芽が出てきているのが正常なのでしょうか。愛蜂家の皆さんのは如何でしょうか。皆さんの近稜辺の成長ぶりをお知らせ願えませんでしょうか。

Re: 近稜辺の花芽について 投稿者:山野 投稿日:2013/11/27(Wed) 22:51:35 No.6118  引用する 
 キンリョウヘンの花芽は8〜9月頃に作られ、ゆっくりと生長してくるので今の時期に花芽がなければこれから作られる事はありません、それなので大体は今の時期には花芽が見えていますが春にならなければ大きくならない株があるので今見えなくても春になると伸びてくる場合も少数ですがあります。また植え方が深くて芽が見えないと分からないので春になって伸びてきて分かる事もあります。

 また花芽か葉芽かは見分けのつかない株もあるので正確なところは春になって伸び出してこなければ分からないです。

Re: 近稜辺の花芽について 投稿者: 投稿日:2013/11/28(Thu) 17:24:11 No.6121  引用する 
有り難うございました。株分けをして深く植えてしまいました。気長に待つこととしましょう。

キンリョウヘンに腐葉土? 投稿者:AKI静岡 投稿日:2013/10/27(Sun) 22:10:27 No.6101  引用する 
恐れ入ります、ご存知の方おられましたら教えて下さい。
昨年県西部でキンリョウヘンを衝動買いしました(大石さんではないです)小さな区画に分けられ小売店の方が集まっているスタイルです。今年開花し蜂さんが集まるのも確認できました。
10月半ばに表面に敷き詰めてあるコケが2cm程度盛り上がったので時期外れですが植え替えをしました、鉢から取り出すと普通の土です。ほぐす為水に浸けた所大量の葉っぱと普通の土に分離しました。
見慣れた洋ランの土でもなく、バークでもありませんでした。
わってないなーと思いましたが、購入相手はプロの園芸の方です。

このような栽培の方法、技みたな物があるのでしょうか?

Re: キンリョウヘンに腐葉土? 投稿者:エピペン@愛知 投稿日:2013/10/28(Mon) 20:18:14 No.6103  引用する 
> 恐れ入ります、ご存知の方おられましたら教えて下さい。
> 昨年県西部でキンリョウヘンを衝動買いしました(大石さんではないです)小さな区画に分けられ小売店の方が集まっているスタイルです。今年開花し蜂さんが集まるのも確認できました。
> 10月半ばに表面に敷き詰めてあるコケが2cm程度盛り上がったので時期外れですが植え替えをしました、鉢から取り出すと普通の土です。ほぐす為水に浸けた所大量の葉っぱと普通の土に分離しました。
> 見慣れた洋ランの土でもなく、バークでもありませんでした。
> わってないなーと思いましたが、購入相手はプロの園芸の方です。
>
> このような栽培の方法、技みたな物があるのでしょうか?

AKI静岡様今晩はです。
植え替えの時期は別に良い時期ですけど。
花芽が出だしているので取扱いに注意なだけでしょうかね〜。
土ですが、植え替えのときに根を良く確認してください。
白くて硬いくみずみずしいん〜ああモヤシ見たいな硬さですかね〜そんな感じの根が今年の新株から出ていれば問題が無い。
ふかふかで茶色い感じでシャキッとして無いなら土が悪く根腐れですから〜^^;
土に合った水の遣り方をすれば良いのかもですが、さて如何でしょう白く無くても硬くみずみずしい根が沢山有ればプロの技て事ですね。
  エピペン

Re: キンリョウヘンに腐葉土? 投稿者:AKI静岡 投稿日:2013/10/29(Tue) 23:28:51 No.6107  引用する 
エピペン@愛知さんはじめまして。
> 土ですが、植え替えのときに根を良く確認してください。
> 白くて硬いくみずみずしいん〜ああモヤシ見たいな硬さですかね〜そんな感じの根が今年の新株から出ていれば問題が無い。
この状態ですとやはり根腐れが心配で水から上げる時緊張しましたがご指摘の通り正常な状態でした。キンリョウヘンの本国、中国の物を出張中の友人にお願いしたのですがこちらも同じ様な腐葉土を使用しておりました。良い栽培方法であれば日本でも周知されるはずですし、、、もしかして直輸入?とか色々考えております。
> 土に合った水の遣り方をすれば良いのかもですが、さて如何でしょう白く無くても硬くみずみずしい根が沢山有ればプロの技て事ですね。
根も葉もとても元気なので技説も残りますね、輸入説の疑念もありますので再度伺った時聞いて見ようと思います。ありがとうございます。

Re: キンリョウヘンに腐葉土? 投稿者:山野 投稿日:2013/11/01(Fri) 00:17:43 No.6108  引用する 
 腐葉土、バーク、ミズゴケなどの有機質用土は植えた翌年頃は育ちが非常にいいです。これは用土が分解(腐塾)するので肥料になるからですがその時期を過ぎ1〜2年すると目詰まりをおこしてひどく根腐れしてしまいます。
 このいい時期に出荷してしまう訳なので生産業者には非常に都合のいい用土ですが長く作る場合は経年変化のない軽石などの用土を使う方がいいです。

 それから直輸入というのは防疫の関係で出来ないと思います。腐葉土を土ではないと判断されれば出来るかも知れませんが一般的には根をきれいに洗って土の無いものしか輸入出来ません

Re: キンリョウヘンに腐葉土? 投稿者:AKI静岡 投稿日:2013/11/02(Sat) 01:26:10 No.6109  引用する 
昨日、洋蘭店に朶朶香を見に行った所、なんと腐葉土を使用していて更に理由について生産者の方と電話で話ができました、また頂いた蘭についても別途細かく聞きました。
輸入、(個人の持ち込みも含む)土は不可、取り除いてOK、葉が30cmの物は可、何故かこれより1.5倍程度の株は不可、また別途書類が必要、(用途などを書いたそうです)国内に入り私の手元に届くまで1週間程度あり腐葉土は枯れないようにと奥さんが園芸店で施工してもらった物。
腐葉土について、ご指摘どおりです。一度開花して次の年の開花までにラン用の土を使用し一回り大きい鉢に植え替えるのが望ましい。用土の分解が進むと隙間が無くなり根腐れ前に酸欠で弱ってしまう事もあり、根をずっと水中に浸けているイメージ。だったら最初から、、、と思いましたがここもご指摘どおりの事情が、数年前よりこの栽培方はあり他でも目にする機会はあるはずとの事、一応生産者の技となるのか、でも手元に来た場合は要注意ですね、人気のキンリョウヘンも腐葉土使用の物が出て来ています。
本日、帰宅後コメントを下さったエピペン@愛知さんに明細な結果報告をと思いましたが完璧なコメントが追加でありましたので補足にしました。
オフ会の時 山野先生との声かけに、先生と呼ぶのはやめてと遠慮されていました、私は口には出しませんがやはり先生だなと書き込みを見て思ってしまいました。

無菌播種、その後2 投稿者:愛・地球蜂 投稿日:2013/10/27(Sun) 08:13:40 No.6098  引用する 
無菌播種したもののうち早いものがここまで成長しました。

遅いものはまだ植え替え(継体)できません。

もう今年の種の採取時期だというのに、根気のいることです。

けさも瓶7本植えつけましたが、カビの生えないことを願って。


Re: 無菌播種、その後2 投稿者:山野 投稿日:2013/10/27(Sun) 22:50:12 No.6102  引用する 
 ランは生長が遅く、それでもキンリョウヘンは生長が早い方だと思いますがビンの中で1年半は育てなければなりません、外に出してさらに3〜5年ほどかかってしまいます。合計すると10年近くかかってしまうんですが過ぎて見ればあっという間です。でもこれからとなるとやっぱり長いですね

Re: 無菌播種、その後2 投稿者:エピペン@愛知 投稿日:2013/10/28(Mon) 20:26:31 No.6104  引用する 
> 無菌播種したもののうち早いものがここまで成長しました。
>
> 遅いものはまだ植え替え(継体)できません。
>
> もう今年の種の採取時期だというのに、根気のいることです。
愛・地球蜂さん今晩は〜^^
可愛いのが出来てますね、流石です私には絶対無理な芸当です。
株分けでも枯らしてますからーー;爪の垢でも煎じて・・・
飲まないと〜いけないな〜。
  エピペン
> けさも瓶7本植えつけましたが、カビの生えないことを願って。

Re: 無菌播種、その後2 投稿者:ほたる@京都 投稿日:2013/10/29(Tue) 18:17:51 No.6106  引用する 

初めまして。

培地はバナナですかね?
色が濃く見えます。


植え替えは本当に神に祈りたい気分です。
前に一度失敗しました。
今までの時間取り返せないですからね・・・

今年も種の取れる時期です。
キンリョウヘンの種は有るのですがミスマ、デボネアが無くて募集中です!(^^)!
掲示板ご覧の皆様にお願いです。
もしお持ちの方が有ればお声かけ下さい。
また同時に無菌播種を楽しんでおりますのでカトレア、胡蝶蘭の種もありましたら宜しくお願いします<m(__)m>


愛・地球蜂さん共に培養がんばりましょう!!

去年の群馬オフのキンリョウヘン 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2013/10/05(Sat) 06:24:09 No.6066  引用する 
いよいよ明日は群馬オフ会ですが、去年頂いた皆様のキン様の小苗はどの位成長しているでしょう?
ちなみに私のはこの位で13〜14cmです。
新芽も出て、2条と3条になりましたヽ(*´∀`)ノ


Re: 去年の群馬オフのキンリョウ... 投稿者:AKI静岡 投稿日:2013/10/07(Mon) 23:55:44 No.6067  引用する 
渓猿@栃木さん当日はお世話になりました、楽しい事をしていると時間はすぐに過ぎてしまいました。
表題の件ですが左が今回山野さんに頂いた物右が1年前に頂いた物です。
何も成長していないのでは?と思われるかもしれませんが弁解しますと前回はかなり小ぶりの物当時葉は4枚、今回はかなり大きめの株を頂いたためこのような事に、、、
葉の厚みも出てきました、しっかり成長しております、本当です。葉はバルブより一番長いもので18cm高さは13cmとなります。
う〜ん並べない方が良かったでしょうか?


Re: 去年の群馬オフのキンリョウ... 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2013/10/12(Sat) 13:16:38 No.6068  引用する 
まだ3.5号鉢は大きいと思い、先日の群馬オフで頂いた株と一緒に3号鉢にダウンサイジングしました(^_^;)
右の株は葉に黒い斑点が出ていますが(上の画像ですと左の株です)、これって病気でしょうか?
植え替えの時に見たところ根は真っ白で太く健全そうでした。


Re: 去年の群馬オフのキンリョウ... 投稿者:山野 投稿日:2013/10/24(Thu) 22:49:57 No.6092  引用する 
渓猿@栃木さんメール有難うございました。遅くなってすみません

ところで上の写真の株には黒点は見えないのですが下の写真の株と同じなのでしょうか、下の写真では黒点が片側だけに出ているので何か片側から力がかかったなどして出たものではないかと思いますので病気ではないでしょう

Re: 去年の群馬オフのキンリョウ... 投稿者:渓猿@栃木 投稿日:2013/10/25(Fri) 06:33:27 No.6093  引用する 
山野様、ご返答ありがとうございます。
病気ではない様なので一安心です。
>ところで上の写真の株には黒点は見えないのですが下の写真の株と同じなのでしょうか、
上の一枚目の画像は下の画像と左右が入れ替わっています。

これら3株は兄弟株との事ですが、去年頂いた株は気候の差と、ずっと室内で管理していたせいか成長が早い様です。

Re: 去年の群馬オフのキンリョウ... 投稿者:越後ものずき 投稿日:2013/10/26(Sat) 11:49:58 No.6096  引用する 
山野さん おはようございます。
今年も参加すれば頂けたであろうのに残念です。
また来年を楽しみにしています。

昨年頂いたキンリョウヘンです。
葉幅は広くなり肉厚になっていますが丈が伸びません。
私の管理が良くないからでしょうが水や肥料がたらないのでしょうか?
アドバイスをお願いします。


Re: 去年の群馬オフのキンリョウ... 投稿者:山野 投稿日:2013/10/27(Sun) 21:38:46 No.6100  引用する 
 越後ものずきさんこの方がいいのです。私の置き場は光線不足なので葉が細くなっています。
 キンリョウヘンは日射条件によって別物のようになりますが葉が垂れるようでは光線不足です。ちょっと肥料が少なかったかも知れませんがバルブの大きさが昨年より大きくなっているので順調です。 欲をかいて肥料やると過ぎるのは及ばざるよりも危険がはるかに大きくなります。

Re: 去年の群馬オフのキンリョウ... 投稿者:越後ものずき 投稿日:2013/10/29(Tue) 17:46:01 No.6105  引用する 
山野さん こんばんは。

早速のアドバイスありがとうございます。
返信を見て安心しました。これでいいのですね。
他のキンリョウヘンと同じ場所で管理していましたが肥料は株が小さいので少なめに与えていました。
来年は少し肥料を増やしてみたいと思います。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -