このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
キンリョウヘン
[トップに戻る] [新規投稿] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



キンリョウヘン花芽 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/10/20(Sun) 12:47:27 No.7290  引用する 
今日ランの水やりを朝の一回に設定変更しました。時間も15分から10分に変更。11月には週一くらいにしようかな、と思っています。

設定後、ふと見ると明らかに花芽と思しきものが目につきました。ふっくらとしていて、葉芽には見えません。多分花芽なんでしょうね。

鉢に生えてくる写真の苔、このままにしていていいものかどうか私にはわかりません。水やりをあまりしないでいる状態では、苔が生えていたほうが過乾燥を防ぐことが出来るのでいいような気がするものの、役目を終えつつあるバルブに生えてくるとその養分を吸収するような気もし、水やりが十分な状況では高い湿度が病原菌等を呼び寄せそうで少し怖い気もします。


Re: キンリョウヘン花芽 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/10/20(Sun) 12:56:00 No.7291  引用する 
そこで、花芽らしきものがあった株とは違う株で表土を取り換えてみることにし、苔を取り除くと、そこにも花芽らしきものが見えました。

これらの花芽らしきものが見えた株はリン酸肥料を施した群のものでしたので、他のリン酸肥料を施していない群を見てみると花芽らしきものは見えません。

とすれば、リン酸肥料を与えた群と与えなかった群で有意な差が出たとみていいのかもしれません。


Re: キンリョウヘン花芽 投稿者:山野 投稿日:2019/10/21(Mon) 17:22:13 No.7292  引用する 
リン酸肥料を与えた群と与えなかった群で有意な差が出たとみていいのかもしれません。

ONOさん、株による違いもあるので比較するには株分けした株を使ってやらなければ正確な所は分かりません

Re: キンリョウヘン花芽 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/10/22(Tue) 17:55:12 No.7293  引用する 
☆ONOさん、株による違いもあるので比較するには株分けした株を使ってやらなければ正確な所は分かりません

山野さん
今の時期はたしかにそうでしょうね。でもリン酸を与えた群と与えなかった群、それぞれ50鉢以上ありますから、花の時期になればある程度の傾向はつかめるかな?と思っています。

Re: キンリョウヘン花芽 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/12/01(Sun) 22:51:05 No.7294  引用する 
今月から潅水を3日に1回、潅水時間を午前10時、15分間に設定しました。これくらいでいいのかな?。

花芽確認と開花調整 投稿者:BB讃岐 投稿日:2019/09/12(Thu) 11:58:44 No.7287  引用する 
 "日月"等の早生系で花芽が確認出来初めました。
 パソコンが壊れ子供のノートパソコンでの入力なので、写真の添付が・・・?? まあいいか
 残暑はまだ暫らく続きそうですが、キンは確実に翌年に向けての準備をし始めていますね。
 ところで・・気が早すぎる気もしますが、"開花調整"は一般的には促成開花なんでしょうが、開花を遅らせると言う様な事は可能なのでしょうか?
 切り花を冷蔵保存して需要時(例お盆等)への出荷調整、なんて事は聞いた事がありますが・・・

   
 
 

Re: 花芽確認と開花調整 投稿者:山野 投稿日:2019/09/12(Thu) 23:54:04 No.7288  引用する 
開花を遅らせるのは春になっても寒い所、つまり標高の高い所や北国に置けばいいのです。自分の家でやるのなら2月頃から出来るだけ寒い場所に置けばいくらか遅らせると思います。もっと遅らせるには冷房の入った部屋を作ってやる事でしょう、ただどのくらいの温度にしたら何日に咲くかはデータを取って何年かやって見ないと分らないです。

私の所では開花は遅く、5月中下旬で6月半ばになっても咲いている株もあります。数鉢くらいまでなら私の所に花芽が動き出す前に送ってもらって2ヶ月くらい置いて返送すれば大分遅らせられると思いますよ

Re: 花芽確認と開花調整 投稿者:BB讃岐 投稿日:2019/09/13(Fri) 15:10:48 No.7289  引用する 
>開花を遅らせるのは春になっても寒い所、つまり標高の高い所や北国に置けばいいのです。
 山野さん、お世話になります。
 ご指摘のとおり"低温"と言うのが要件なんでしょうが、この目的だけで"冷房"なんて事したら、周りからは気が狂ったと思われかねません。
 まあ〜鉢数は分蜂捕獲には十分すぎるので、孫分蜂時にキンが有ればぐらいの軽い考えですので・・・
 私方での孫分蜂は6月初旬頃からで、晩生のキンは5月後半頃まで咲いているので、1週間程開花を遅らせそうで涼しそうな場所を探し、2〜3鉢で試してみます。
 

自動水やり 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/08/12(Mon) 21:20:20 No.7275  引用する 
明日からしばらく自宅を留守にします。
悩みは、キンリョウヘンなどランの朝晩の水やりをどうするか・・・。
ホームセンターに行き、いろいろ物色して一応テストしてみてもいいかなあ?、と思ったのがこれです。チューブ潅水・・・長男の家の芝生に使っているものと同じものです。

30分ほど潅水してやるとすべての鉢から水が滴り落ちます。うん、これは使えそうです。


Re: 自動水やり 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/08/12(Mon) 21:29:15 No.7276  引用する 
自動水やりの肝はこれ。
朝晩二回の水やりができます。朝はチューブの水温が上がらない時間帯を狙って6時、夜はチューブの水温がある程度下がる20時に設定、水やり時間はどちらも30分。
先ほど設定時間どおりに水やりが出来ていること確認できました。ヨシヨシ(笑)。

先日宇宙さんが自宅に見えて、このラン棚を見て帰られました。そのとき、遮光なしで育てているのを見たのは初めてです、とおっしゃってました。いえいえ、私も遮光枠は造るつもりなのですが、面倒なのでついついそのままになっちゃっただけなんですよ(汗)。はい、来年までには作っておきます。

昨年までほったらかしだったランたち、今は元気にスクスク育っています。手を掛ければ掛けるだけ応えてくれるのですね。


Re: 自動水やり 投稿者:nakayan@静岡 投稿日:2019/08/16(Fri) 23:07:20 No.7277  引用する 
ONOさん、お久しぶりです。
私も以前、趣味で原木ナメコを作った時、JAからこのチューブ潅水を購入した物があります。とてもうまく湿らせる事が出来ますが、ONOさんが載せておられる、自動潅水のコントローラーは、なんという商品名でしょうか?
教えて戴けますか?

Re: 自動水やり 投稿者:nakayan@静岡 投稿日:2019/08/16(Fri) 23:17:07 No.7278  引用する 
自己レスです。
写真を良く見たら、「TAKAGI」の製造元が見えました。 (^^;)
すみませんでした。

でも、これ、便利グッズですね!

Re: 自動水やり 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/08/19(Mon) 11:17:51 No.7279  引用する 
nakayanさんお久しぶりです。
13日から留守にするのでどうしようかと考えて、これにしました。ところが、留守中台風があり大量の雨が降りましたので実際は無用でした(笑)。
昨日帰ってきて確認すると、台風の被害もなく、おそらくですが確実に作動していたようです。

これで朝夕の水やりから解放されそうなので、まあいいか(汗)。

Re: 自動水やり 投稿者:nakayan@静岡 投稿日:2019/08/22(Thu) 12:35:09 No.7280  引用する 
真夏の間は朝と夕に、たっぷりとかけてやるのが良いのでしょうが、いつも横着して夕方に一度掛けているだけなのですが、これを使えばとても楽そうですね。
私のランは、昨年から変な病気が出てとても苦労しています。昨年に山野さんにも見ていただいたのですが、今年は6月始めからずっと殺菌剤を掛けてきましたが8月の半ばから又症状が出てきてなかなか治まる気配がありません。

Re: 自動水やり 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/08/23(Fri) 10:04:12 No.7281  引用する 
はい、使ってみると思いのほか便利なのでびっくりです。
潅水も問題なさそうです。第一、潅水の手間がいらないのでとても助かります。また液肥をやるときにあった二度手間感がなくなりました。ただ、かつての通路にチューブを通したため、鉢に生えてくる草取りがちょっとだけ不便なくらいでしょうか。

このところ雨が多く、潅水の必要がありません。でも面倒なので自動潅水を止めていません(汗)。日よけの蔽いをしてやると雨水がかからなくなるでしょうから、水管理もしやすくなるような気がしています。

変な病気・・・すっぽ抜けのようなものでしょうか?。それなら私の所でもごくわずかですが発生しています。菌の仕業とみていますが殺菌剤は投与していません。(準備はしてるのですが・・。)そういえば、淡路オフ会で、殺菌剤は数種類用意して順番に散布した方が耐性菌の発生を考えるといいと思う、と講師の方が言われてました。農薬も難しそうです。

Re: 自動水やり 投稿者:nakayan@静岡 投稿日:2019/08/23(Fri) 21:57:12 No.7282  引用する 
病気は、すっぽ抜けではないのですが、黒斑病に近い物では無いかと思います。6月半ばほどから何種類もの殺菌剤を組み合わせて使っているのですが、忙しい時には2週間以上空ける時もあり、どこかの段階で拡がってしまったのではないかと思っています。
一度発生させると、残存する菌がありますから、根絶が難しくなるようです。

Re: 自動水やり 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/08/25(Sun) 20:50:00 No.7283  引用する 
黒斑病・・・ですか。
葉焼けでも葉が円形に枯れる症状が出るようで、こちらでもタイガーテイル、一部ミスマフェット・キンリョウヘンにそんな症状が出ています。これは日よけをしてやることでかなり改善できるのでは、と思っているところです。

それにしても、最近ズボ抜けする株が二株あり、これが少し気になってきました。やっぱり殺菌剤をかけてやったほうがよさそうです。

Re: 自動水やり 投稿者:宇宙 投稿日:2019/08/27(Tue) 14:54:04 No.7284  引用する 
ONOさん、先日は長時間お邪魔してしまい申し訳ありませんでした。
私は、強遮光より少しは日光を浴びる方が良いと思いますが朝から夕方までとなると・・・?です。経過と結果を継続的にUPしていただきたいです。宜しくお願いします。

Re: 自動水やり 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/08/28(Wed) 13:01:32 No.7285  引用する 
宇宙さん
はい、勿論そのつもりです。
でも・・・・・水やりを自動化?したら、このところ雨ばかり・・・、自動化の意味がなくなってます(笑)。それに自動化する前は毎日朝夕棚に行ってランの様子を見ていたのが、このころは全く見ない日もあったり・・・。人間、楽するとマイナス面も結構出てくるんですねえ(笑)。

花芽分化促進剤 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/30(Sun) 19:58:44 No.7269  引用する 
以前、花芽分化促進剤の話をしましたが、それを見つけました。
「第一リン酸カリ」とうもので、窒素0、リン酸50、カリ33という割合で含まれているものらしい。窒素分ゼロの肥料と思いましたが、(肥料抜き剤)とあります??。私が購入したのは粉剤、調べると液体タイプものが多いようです。

シンビジュウムの花芽分化は初夏(6月ころ?)。キンリョウヘンの開花は「山おろし」など、開花促進作業をしないので自然開花です。それでも他の洋ランと同じように初夏に花芽分化するのでしょうか?。

もしそうなら、少し遅いですがまあ取り敢えずやっておくことにしましょうか。


Re: 花芽分化促進剤 投稿者:山野 投稿日:2019/06/30(Sun) 21:52:29 No.7270  引用する 
ONOさんこんばんは、これは肥料で、養液栽培で使っているので養液栽培関係の店には置いてあると思います。また洋ラン栽培でも使っているようで洋ランを扱うところでは置いてある事が多いと思います。

私も水で1000倍程度に溶かして何回か使ってみたんですが効果があるのか無いのか分らない程度です。もっとも正確に比較して使ったわけではないので結果が出なかっただけかも知れません

Re: 花芽分化促進剤 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/30(Sun) 23:58:04 No.7271  引用する 
山野さん、ありがとうございます。
やはり肥料なんですね。了解です。ホルモン剤よりも安心して使えそうです。

効果がいまいちわからないのですね。・・・では、私はやったものとやらなかったものに分けて効果をみてみましょうか。でも、施肥の時期の問題もあるでしょうから、案外難しそうですね。今からじゃ遅いかも・・・。

Re: 花芽分化促進剤 投稿者:H2O 投稿日:2019/07/01(Mon) 11:41:54 No.7272  引用する 
以前TV出演された時にコメしたので、初めましてじゃないんですが・・・・・・・。
自分も同様の配分肥料、【ホスポン】を使ってます。時期的には、7月〜8月に掛けて数回。その後、9月以降に花芽を確認して、1〜2回遣ってます。
ただ、他の方のキンと比べた事が無いので、効果の程は分かりません。それでも、8割以上の鉢で花は咲いています。
ONO@愛媛さんの施肥の効果、比較結果を楽しみにしています。

Re: 花芽分化促進剤 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/07/01(Mon) 14:24:13 No.7273  引用する 
H2Oさん
あのTVですが、誰も見ていない(少なくともミツバチ趣味の方は)と思っていたのに、多くの方から観たよって言われ、恥ずかしくて穴があったら入りたい気持ちになりました(笑)。

そうですか、7.8月に施肥されたんですね。わかりました、やってみます。ただ、私のキンリョウヘンはほったらかし栽培が長年続き、ほぼ瀕死の状態のだったものを回復させようとしているところです。なので完ぺきなテストにはならないかもしれません。そこのあたりはよろしくお願いします(汗)。

Re: 花芽分化促進剤 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/07/16(Tue) 10:50:57 No.7274  引用する 
先日自宅の改修工事をした際、第一リン酸カリを入れた容器が行方不明(涙)。再度購入に行くと・・あれっ、ない。仕方ないのでリン酸カリ+マグネシウムの粒剤があったのでそれを購入。昨日施肥しました。
リン酸、カリとも配合率は第一リン酸カリに比べかなり低めです。でも粒剤なので施肥しておけば手間がかからない分、楽かもしれません。

それにしても第一リン酸カリ、どこへ行ったのかなあ??(汗)。

季節外れ 投稿者:BB讃岐 投稿日:2019/06/15(Sat) 06:07:25 No.7268  引用する 
 灌水していて見つけました
 開花は私方では遅くとも5月中旬頃までなので、完全なる季節外れ
 4輪と輪数は少ないのですが、役目は果たしてくれるものと(分蜂群が居ればの話ですが・・・)
 で、風通しの良い場所に待ち箱に添えて、入居を狙って見る事に
 孫分蜂群でしょうから多大な期待はしませんけど

ダイコンにキンリョウヘン 投稿者:奈良すずめ 投稿日:2019/05/04(Sat) 02:03:25 No.7265  引用する 
キンリョウヘンが枯れているのは、蜂球に包まれたからでしょうね。
無事に役割を終えてくれました。
すでに花粉も運んでいました。


Re: ダイコンにキンリョウヘン 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/05/06(Mon) 11:13:14 No.7266  引用する 
ダイコンにキンリョウヘン、この技は奈良スズメさんの発想ですか?。びっくり。

Re: ダイコンにキンリョウヘン 投稿者:奈良すずめ 投稿日:2019/05/06(Mon) 12:33:29 No.7267  引用する 
いえいえ、松山さんの写真を見て真似をしました。
これいいですよね〜。
ゴミが出ないし、賞味期限が丁度一緒なんです。

マルハナバチが・・・ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/04/30(Tue) 13:32:32 No.7264  引用する 
マルハナバチがキンリョウヘンの花に取り付いています。
はじめ、何かごみでも付いているのか、と思いました。でも、よく見ると、マルハナバチです。マルハナバチがキンリョウヘンに誘引されるとは聞いたことがないので、近くにあるブルーベリーの花に来た個体が、花蜜があるかどうか確認に来た可能性が高そうに思います。でも、びっくりしました。

誘引ラン 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/04/24(Wed) 18:10:04 No.7257  引用する 
右がミスマフェット、左がタイガーテイル。いずれもニホンミツバチを誘引します。

ミスマフェットはデボニアナムとキンリョウヘンの交配種なのはよく知られています。

問題は?、左のタイガーテイルです。購入したラン屋さんによると、タイガーテイルはデボニアナムだと言われます。葉を見ると形は確かにデボネアナムと同じですが、その大きさが私の知っているデボネアナムとは全く違います。大きいです。

このタイガーテイル、他の何かとの交配種なのか、それとも、もともとタイガーテイルにはいくつかの系統があって、大きな葉を持つものがあるのか、興味深いところです。


Re: 誘引ラン 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/04/24(Wed) 18:15:23 No.7258  引用する 
花もタイガーテイルの方が一回り大きいようです。ラン屋さんによると、タイガーテイルのニホンミツバチ誘因力はとても強力だとか、それはこの花の大きさに関係があるのかもしれません。

この二株、昨年新たに購入したもので、開花はタイガーテイルの方がかなり遅く、一昨日開花し始めました。(ミスマフェットは3月下旬開花、事務所での一群捕獲に働きました。)


Re: 誘引ラン 投稿者:小牧の子 投稿日:2019/04/24(Wed) 20:08:13 No.7259  引用する 
ONO@愛媛さんこんばんは。私もタイガーテールとデボニアナムの違いが全く分からず悩んでしまい、タグに書いてありました所にメールで問い合わせをしてみたところ、全く無関係の大学の教授さんに送ってしまったらしく、下記の内容にて返信ありました。
個人的に栽培しやすく葉が違うと思うだけでして。

メールの送信間違いかと思いますが,説明させていただきます.

Cymbidium devonianum 'tiger tail'はシンビジウム・デボニアナムの園芸品種
です.
実物を見たことはありませんが,原種のシンビジウム・デボニアナムよりも花が
明るい色をしていると思います.

よろしくお願いいたします.

Re: 誘引ラン 投稿者:奈良すずめ 投稿日:2019/04/25(Thu) 03:38:54 No.7260  引用する 
ONOさんから頂いたキンリョウヘンは見事に咲きました。
写真は、開花前(4月上旬)のものですが、
花柄(花軸よりの花柄の付け根)から水分が出てきているように見えます。
ここがフェロモンの分泌場所でしょうかね?


Re: 誘引ラン 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/04/25(Thu) 10:43:11 No.7261  引用する 
小牧の子さん、ご返信ありがとうございます。

さすがに大学の先生、全く関係のないこととはいえ、明快な回答をくださったようですね。
よくわかりました。ハイブリッドの可能性はあるのでしょうが、でも葉の形などを見る限り、選抜育種?でこの形になった可能性の方が高そうです。

Re: 誘引ラン 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/04/25(Thu) 10:51:43 No.7262  引用する 
奈良すずめさん
私の方は昨年の無理な植え替えが響き、今年は散々でした。今年は立派な株に仕立て、見事な花を咲かせたいと頑張っています。なんと今のところ毎朝、ピンセットで草抜きしています(笑)。昨年の今頃は草の中からランの葉がでているような有様でしたから、私もランも様変わりです。

その水滴、おそらく花外蜜線じゃないのかな、と思っています。舐めると苦味はあるものの、ちょっぴり甘く感じます。花が開花した時以降、ミツバチがやって来ることは間違いないので、誘引フェロモンは花の中から出ているようです。(雄蜂が花に頭を突っ込んでいる写真は有名です。)

Re: 誘引ラン 投稿者:奈良すずめ 投稿日:2019/04/26(Fri) 06:00:29 No.7263  引用する 
今年の分蜂シーズンもピークを変えていますが、
他のキンリョウヘンはまだつぼみです。
一番に咲いたこのキンリョウヘンには、先日一群が群がり
GETしました。誘引性も抜群。
ありがとうございました。

咲きかけました。 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2019/03/19(Tue) 10:06:48 No.7228  引用する 
リビングに入れて18日目、まだ全部は咲いていません。

Re: 咲きかけました。 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/03/19(Tue) 17:32:14 No.7229  引用する 
ちょうどいい具合ではないでしょうか。一気に多群捕獲が出来そうな勢いですね。

Re: 咲きかけました。 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2019/03/20(Wed) 11:00:22 No.7230  引用する 
はやいようですので、リビングから出しました。
当方の分蜂は4月初旬から、今年は早い様に言われていますが、桜が咲き大体はその後と思っています。


Re: 咲きかけました。 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2019/03/20(Wed) 11:04:53 No.7231  引用する 
外に40鉢花芽付きがあり、分封時期網を被せます。
去年も往生しました。
鉢が増えて困っています。

Re: 咲きかけました。 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/03/20(Wed) 12:50:37 No.7232  引用する 
管理を適切にしておられるんでしょうね。困るほど花が咲く・・・、多くの方にとってはうらやましい状況ではないでしょうか。
私の方は、二日後くらいに開花しそうな蕾がやっと出てきました。時期的にはちょうどいいのでしょうけれど、気持ちは焦っています(笑)。来年はもう少し早く開花するようもって行きたいところです。

Re: 咲きかけました。 投稿者:中西@淡海 投稿日:2019/03/20(Wed) 22:18:51 No.7233  引用する 
 うらやましい限りですね。
 私は職場の暖房が効いている部屋に取り込んだのですが、エアコンが効きすぎて乾燥してしまい、かつ水の意管理を怠ってしまい、花芽どころか葉っぱが茶色く枯れてきました。
 慌てて水を毎日やりましたが、ダメージはひどく、今年はあきらめムードです。

Re: 咲きかけました。 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/03/21(Thu) 23:45:13 No.7236  引用する 
もうすぐ、ポンと小さな音をたてて咲きそうな蕾です(笑)。

Re: 咲きかけました。 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/03/21(Thu) 23:57:02 No.7237  引用する 
中西@淡海さん
私も花芽が付いた株をずっと部屋に置いておいたら、花芽打破が出来なかったのでしょうか、花茎が伸びだすことなく枯れているようです。水は欠かさずやってましたから葉が枯れることはありませんが、どうやら部屋に置きっぱなしだと花が咲かないみたいです。

12月、1月は外に出して寒さに当てないと、花芽打破ができないのは間違いないようです。大失敗でした。また私は、昨年無理な植え替え、株分けをしました。おそらくそのせいだと思うのですが、全般的に花芽を付けた株が極端に少なくなっています。これはある程度覚悟の上の植え替え・・・、でも実際にそうなってしまうとちょっと辛いものがあります(汗)。

Re: 咲きかけました。 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/03/23(Sat) 09:25:54 No.7241  引用する 
ポン(笑)。

Re: 咲きかけました。 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2019/03/24(Sun) 10:55:46 No.7244  引用する 
中西@淡海さん、久しぶりですね。
花芽状態が30鉢ありますよー
使いますか?

Re: 咲きかけました。 投稿者:中西@淡海 投稿日:2019/03/31(Sun) 17:50:44 No.7247 ホームページ  引用する 
 お久しぶりです。
 3群越冬し、一群は巣箱の底に届きそうになっていますが、雄蜂の蓋は落ちていません。
 もう一群も雄蜂の蓋は落ちておらず、せっせと花粉を運んでいます。
 一群だけ雄蜂の蓋を確認しました。
 南麓の師匠からは「3週間くらい後に分蜂だろう」と助言をいただきました。
 25日に確認ですから4月中頃かなと思っております。
 お貸しいただけるのであれば、ぜひお願いしたいのですがご無理申し上げてもよろしいでしょうか?
 ホームページも移行中で、現在下記のURLに移行すべく試験運用中です。

Re: 咲きかけました。 投稿者:中西@淡海 投稿日:2019/04/16(Tue) 20:55:08 No.7256  引用する 
こんばんは。
サダッチ大津さんと連絡取れません。
パソコンのHDDが壊れアドレスなど全て消えてしまいました。
サダッチ大津さん、私のホームページからメールいただけないでしょうか?

訪花 投稿者: 投稿日:2019/04/05(Fri) 22:06:46 No.7254  引用する 
 金稜辺に和蜂の訪花が始まりました。

Re: 訪花 投稿者: 投稿日:2019/04/05(Fri) 22:16:45 No.7255  引用する 
 写真を間違えました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -