このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
キンリョウヘン
[トップに戻る] [新規投稿] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



取り込み 投稿者: 投稿日:2018/11/25(Sun) 21:36:29 No.7185  引用する 
 すっかり冬の寒さになりましたので、金稜辺をハウスに取り込みました。最低5℃をキープ。来年3月下旬には開花させます。
 遅い分封に備え、一部は外に残してあります。


Re: 取り込み 投稿者: 投稿日:2018/11/25(Sun) 21:37:51 No.7186  引用する 
 実や蕾も沢山付いています。

Re: 取り込み 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/26(Mon) 10:13:54 No.7187  引用する 
すごい温室ですね。すばらしい。私も農業用でいいので、本格的なものがほしいなあ・・・。見積依頼して、目下財務省に打診中ですが、なかなか理解してもらえそうもないです(笑)。

昨日ラン棚を二つ作りました。あと一つ作れば全部の鉢が収まりそうです。それが完成すれば、ここ数年のラン虐待の罪滅ぼしができるでしょうか?(笑)。ここまでほぼ半年、不適切な時期の植え替えもありましたが、ほとんどのランは大丈夫に見えます。花芽も結構確認できました。  ヨシヨシ(笑)。

Re: 取り込み 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/30(Fri) 12:35:05 No.7188  引用する 
皆様のおかげで、ラン棚が完成しました。5個あれば充分と思っていましたが、実際は少しきつめになりました。

今日は快晴、気温もグングン上がります。寒くなるとキンリョウヘンの成長が止まる、と言われますが、でもこんな日は光合成が活発になるんでしょうね。するとデンプンなどの有機物も活発に作られれる、→ランは結構養分を蓄積する、→来年の花への好影響が期待できる・・・な〜んて(笑)。

ラン棚 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/12(Mon) 18:28:01 No.7165  引用する 
さんざん悩んでいたのですが、ラン棚をこの形にすることにしました。友人のクニちゃん方にあったものを参考にしました。以前、ラン屋さんの温室で見たものがこういう形でした。でもその資材をどうやって調達したらいいのか、その調達方法を探すのが少し面倒で、もっと簡単な方法がないものかと、悩んでました。

クニちゃんの家で、私が思っていた造りのものがあり、その資材なら、近くのホームセンターにあるよ、とのこと。クニちゃんはその棚はいらないから持って帰っていいよ、というので、ともかく頂いて帰り、試作してみました。

なかなかいい感じです。


Re: ラン棚 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/12(Mon) 18:35:39 No.7166  引用する 
連結具です。

使った管は、ビニールハウス用の鋼管25.4ミリ径、連結具は25ミリ用で合いました。連結具は簡単に脱着でき、鋼管の幅の調整が容易にできます。

この後、同じ径の鋼管で70cm程度の足を付けようかな、と思っています。

ビニールハウス用の鋼管には25.4ミリのほか、19ミリと22ミリがあるようですが、ランの鉢は意外と重いようで、鉢を入れると25.4ミリでも少しですがたわんでいます。

ビニールハウス用の鋼管は継ぎ足すことができるので、無駄なくどんな長さにも対応できそうです。


Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/13(Tue) 22:09:32 No.7167  引用する 
 ONO@愛媛さん、素晴らしいラン棚ですね。
 ホームセンターの無い当地では、資材の入手が高価になりますので、間伐材を利用して作りました。


Re: ラン棚 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/14(Wed) 10:05:28 No.7168  引用する 
玩蜂庵@隱岐國さん、ありがとうございます。

私も経費をかけず棚を作りたかったので、本当は玩蜂庵さんのようなものが理想です。でも、経費を節約=手間暇(時間)がかかる、ということがこれまたネックに(汗)。

私は毎度毎度こうしたことの折り合いで悩んでいることが多いように思います。

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/15(Thu) 17:58:13 No.7169  引用する 
ONO@愛媛さん、私が一番先に作ったラン棚は、ホームセンターにある、◯レクターというのですが、とても丈夫で見た所も良いのですが、コストの割りには、たくさん置けないので、次に

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/15(Thu) 18:03:36 No.7170  引用する 
2年目に、ONO@愛媛さんのと同じように、農業用ハウスの材料を使って作りました。そして、これも一杯になり、3年目に

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/15(Thu) 18:17:45 No.7171  引用する 
これも、同じようなハウス材料で、2メーターの長さがあるのですが、縦の足の部分を開きすぎると、真ん中がたるんでしまいますので、足を少し真ん中よりにしてあります。
私は、エンビは使わずに、ハウス材料のみで組み立てています。構造を決めて、ネット場でハウス材料を販売している所に、ジョイントなどを含め注文しています。


Re: ラン棚 投稿者:山野 投稿日:2018/11/15(Thu) 22:50:52 No.7172  引用する 
雨が当たらないようにした方がいいです。

Re: ラン棚 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/16(Fri) 10:25:52 No.7173  引用する 
nakayan@静岡さん、山野さん

ご返信ありがとうございます。とても参考になります。
そうですか、やはり雨は当たらない方がいいようですね。

今まで、私の所のランたちはほったらかし状態で、ひどいことになっていました。なので今私は心を入れ替え、しっかりお世話させていただいております(笑)。

私の持っているキンリョウヘン等は、そのほとんどが山野さんのお世話になったものです。山野さんには本当にお世話になりました。もうかなり時間が経ちますが、8ちゃんねんるの皆さんのお手元にもオフ会を通じて、苗の状態で大量にお届けしたりしたこともありましたね。そんなキンリョウヘンも今では皆様の所で立派な戦力になっているものと思います。私の手元にあるものはそのホンの一部です。

山野さんありがとうございました。

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/16(Fri) 21:15:02 No.7174  引用する 
山野さん、こんばんは
いつも、お世話になります。 山野さんは、この雨よけは、一年中かけているのですか?
それと、山野さんの置き台は、前から後ろまで、相当の幅があるように見えますが、管理上後ろの方の鉢は簡単には届かないようですが、奥行きはどの位あるのでしょう?
実は私の所も、だいぶ一杯になり、もう少し間隔を取っておきたいので、又新しい台の制作を考えていますので、よろしかったら教えてください。

Re: ラン棚 投稿者:山野 投稿日:2018/11/16(Fri) 22:39:16 No.7175  引用する 
ONOさん、nakayanさんこんばんは

 いやいや、キンリョウヘンの苗を作れたのはONOさんから結実したキンリョウヘンの株を送っていただいたからです。キンリョウヘンの手持ちがなくて掲示板で「種子が欲しい」と書き込んだら株ごと送っていただいたのが始まりでした。

 それからnakayanさんのお尋ねの件ですが、雨除けの屋根はかけたままです。ただこちらは冬は凍ってしまうのでここに置くのは4月末から10月いっぱいまでの間で今は物置の中に入っています。

 それから棚の巾は横に入っている足場パイプ(単管)が2メートルなので鉢の置いてある所は1.8メートルくらいでしょうか、長さは5メートルのを2本継いでいるので10メートルで手入れは両側からやります。緑の葉が写っているのは棚の先にあるミョウガの葉で、棚との間に入る事が出来ます。ちょっと分かり難い写真で申し訳ありません

 単管で骨組みを作り、その上に19ミリの直管を置いて鉢の縁をかけて並べています。19ミリパイプは全部を固定しなくても鉢を交互に置けば大丈夫です。
 屋根は傾斜を多目にして19ミリのパイプを50センチくらいに並べ、その上にビニールと日除けの為に風よけネットをかけています。遮光ネットでは日影になり過ぎるので風よけのネットを使っているのです。

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/17(Sat) 23:07:56 No.7176  引用する 
山野さん、構造が理解出来ました。
ありがとうございました。
昨年戴いた、金稜辺とミスマの無菌培養の苗木ですが、今年のミスマ1株に続き、5株中4株に花芽が確認出来ます。金稜辺にもいくつかの花芽が確認出来ました。苗木から育てる事も大変面白いですね。 本当に感謝しています。
話は変わりますが、山野さんか、ONO@愛媛さんは、袋井市の大石さんの所の “金稜辺SP” についての、情報をお持ちではありませんか? その由来とかを御存知でしたら、教えて下さい。

Re: ラン棚 投稿者:山野 投稿日:2018/11/17(Sat) 23:30:22 No.7177  引用する 
 キンリョウヘンSPは分かりません、大石さんにはマル秘の入手ルートがあるのかも知れません、以前から原種というのを持っていたのでそれではないかと思います。

 私も「大石原種」というやや大形の株を蜂友からもらったのがあったんですがウィルス病が出てしまい、やむなく廃棄した事がありました。

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/18(Sun) 17:27:04 No.7178  引用する 
そうですか。ずっと以前に、ここでどなたかの、すごい良系のものが、話題になったことがあったと思いますが、その系統につながりでもあったのかな、と思いましたが、違ったようですね。
ありがとうございました。

Re: ラン棚 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/19(Mon) 10:55:15 No.7179  引用する 
昨日作りかけのラン棚を完成させました。
nakayan@静岡さんの仕様とほぼ同じです。
これで降雨時の泥跳の心配がなくなり、手入れがしやすくなりそうです。

作ってみないとわからないことも多いですね。前のものは友人からの頂き物が殆どでした。今回のものは私がすべて自作。やってみて初めて納得できたことが多かったです。この型のものをあと数個作ります。私の場合、よく移動するさせるので、持ち運びができる、というのがポイントになります(笑)。


Re: ラン棚 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/19(Mon) 11:10:07 No.7180  引用する 
キンリョウヘンSPは大石さんのところから私方へ来たものがありました。うん?、今どうなっているのかなあ?(汗)。

キンリョウヘンSPは誘因力が半端なく強いというものだと思います。

以前この掲示板で話題になったのは、坊ちゃんさんのキンリョウヘンではなかったでしょうか。花付きが素晴らしい優良株でした。たしか、その株は四国中央さんから坊ちゃんさんへというルートではなかったか、と思います。

写真のランはキンリョウヘンSPとはまったく別物です。名前を「タイガーテイル」という、葉の形状から、おそらくデボニアナムの系統を強く残していると思われる誘引ランです。このタイガーテールも、ニホンミツバチを誘因する力が強いといわれています。葉はデボニアナムよりかなり大型で、どういう経緯で作り出されたものかは不明です。ミスマフェットのように、キンリョウヘンとデボニアナムの交配種で、デボニアナムの形質が強く出たものかなあ?、なんて思っています。

このランは今年新たに購入したものです。(以前持っていたものは・・・どこに行ったのでしょう?(汗))


Re: ラン棚 投稿者:outsider 投稿日:2018/11/19(Mon) 16:31:21 No.7181  引用する 
> 写真のランはキンリョウヘンSPとはまったく別物です。名前を「タイガーテイル」という、葉の形状から、おそらくデボニアナムの系統を強く残していると思われる誘引ランです。このタイガーテールも、ニホンミツバチを誘因する力が強いといわれています。葉はデボニアナムよりかなり大型で、どういう経緯で作り出されたものかは不明です。ミスマフェットのように、キンリョウヘンとデボニアナムの交配種で、デボニアナムの形質が強く出たものかなあ?、なんて思っています。

SPキンリョウヘンは、四国から出たらしいです。普通のキンリョウヘンよりもかなり大型株で蕾数35個位と多いので、戻し交配品種ではないかと思います。
タイガーテイルは葉幅広く大型ですね。デボ二アヌムは原種誘引ランなので、原産国(インド〜ミャンマー)によって品種が違う可能性あります。かつてキンリョウヘン高騰したころ、洋ラン交配用に確保されていた種株が市場に出回ったのがこれだと思います。

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/19(Mon) 21:52:19 No.7182  引用する 
ONO@愛媛さん、素晴らしい台が出来ましたね \(^_^)/
私も来春までにもう一つ作るつもりです。 (^_^)
私は、デボニアナムはもっていないのですが、これも是非入手したいです。
outsiderさんの情報からも、SPを手に入れたいのですが、大石さんの所に行っても、いつも品切れのようですね。
今年中には、大石さんの所に行って、SPの由来を聞いてみます。

Re: ラン棚 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/11/20(Tue) 15:56:20 No.7183  引用する 
outsiderさん、nakayan@静岡さん
返信ありがとうございます。ランの世界、わからないことばかりです。

大石さんとは私がニホンミツバチを始めた当初に近いころからお付き合いをさせていただいています。キンリョウヘン栽培の面白さを教えていただいたのも大石さんです。そういえば、キンリョウヘン探しに躍起にいなっていたころ、突然ネットに登場されたのが大石さん、あの時は嬉しかったですね。

Re: ラン棚 投稿者: 投稿日:2018/11/20(Tue) 23:27:58 No.7184  引用する 
ONO@愛媛さん、こんばんは
ONOさんと、大石さんには、そんな経過があったのですね。私の所から袋井市はそんなに遠くではないのですが、まだ一度も伺った事がないのです。私は今まで金稜辺の入手は、もっぱらヤフオクでした。
今度、暮れまでに一度行って、SPの由来を伺ってきますね。

>以前この掲示板で話題になったのは、坊ちゃんさんのキンリョウヘンではなかったでしょうか。花付きが素晴らしい優良株でした。たしか、その株は四国中央さんから坊ちゃんさんへというルートではなかったか、と思います。

案外、その辺がつながっていたりするかも・・・

金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2017/11/23(Thu) 12:46:42 No.6977  引用する 
金陵辺が100鉢あり、これ以上増えても管理が大変で困っています、近隣で欲しい方が居ましたと思って投稿しました。

Re: 金陵辺 投稿者:ポイ@やまと 投稿日:2017/11/23(Thu) 19:12:39 No.6978  引用する 
サダッチ大津様
誰も手を挙げる人がいなかったらで結構です。
分けて頂けますでしょうか?栽培方法もご指導頂けたら嬉しいです。

Re: 金陵辺 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2017/11/23(Thu) 21:32:51 No.6979  引用する 
サダッチ大津様有難うございます。私は千葉県北部の町ですが
お近くに住まわれていましたら大変嬉しゅう御座います。
春に花芽付きを御願いしてもよろしいでしょうか?
宜しくお願いします。

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2017/11/24(Fri) 08:59:07 No.6980  引用する 
ポイ@やまとさん
やまとさんは奈良ですか、いいですよ。
二年株分けをしていない鉢も沢山ありますから、来年の花後に株分けが沢山出来ますよ。
花芽も確認しています。以上です。


Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2017/11/24(Fri) 09:05:12 No.6981  引用する 
タケちゃんまん様、いいですよ。
殆どが花芽付き、花後に株分けしましたら増えますよ。


Re: 金陵辺 投稿者:ポイ@やまと 投稿日:2017/11/24(Fri) 10:29:08 No.6983  引用する 
ありがとうございます。
お伺いして色々と教えて頂きたくおもっています。連絡はどの様にすればよろしいでしょうか?

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2017/11/25(Sat) 08:33:51 No.6985  引用する 
おはようございます。
ラインはしていますか、IDを教えましょうか。
そうか、携帯番号を教えましょうか。



> ありがとうございます。
> お伺いして色々と教えて頂きたくおもっています。連絡はどの様にすればよろしいでしょうか?

Re: 金陵辺 投稿者:ポイ@やまと 投稿日:2017/11/25(Sat) 08:42:04 No.6986  引用する 
おはようございます。
ではラインIDをお願いします。

Re: 金陵辺 投稿者: 投稿日:2017/11/27(Mon) 20:13:02 No.6993 ホームページ  引用する 
遅かったか^^
大阪のバチと申します。
ヘタレの為、金陵辺は8鉢程有りますがーー
なかなか花が付きません。
今年2鉢に花が付きましたが、折悪く入院中でした。
来年は、多分花芽は付かないかも??
品物に余裕が有れば、宜しくお願いします。

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2017/11/29(Wed) 08:31:25 No.6994  引用する 
ばち様
余裕はあります。
80鉢以上ありますので、何時でも言ってください。

> 遅かったか^^
> 大阪のバチと申します。
> ヘタレの為、金陵辺は8鉢程有りますがーー
> なかなか花が付きません。
> 今年2鉢に花が付きましたが、折悪く入院中でした。
> 来年は、多分花芽は付かないかも??
> 品物に余裕が有れば、宜しくお願いします。

Re: 金陵辺 投稿者: 投稿日:2017/11/29(Wed) 17:49:12 No.6995 ホームページ  引用する 
サダッチ大津様
有難う御座います、2鉢お願い出来ますでしょうか^^
今朝も畑で、我が金陵辺を観察しましたが、花芽は見当たりません。
都合の良い時期を御指示頂ければ、お伺いします。

Re: 金陵辺 投稿者: 投稿日:2017/12/20(Wed) 17:08:59 No.7001  引用する 
日本ミツバチ飼育、始めました。まだ、余裕があるようなら4〜5鉢ほどお願いできるでしょうか。埼玉在住ですが、ご迷惑をかけないような方法で配送可能でしょうか?

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2018/03/08(Thu) 08:51:50 No.7028  引用する 
埼玉さとう様、サダッチ大津です。

12月20日に金陵辺の件でメールを頂いています。
余裕はありますので
ラインはしておられますか
IDを教えましょうか。

Re: 金陵辺 投稿者:38@GT38 投稿日:2018/03/08(Thu) 10:40:00 No.7029  引用する 
サダッチ大津 様、

はじめまして、
昨年の投稿を拝見して、
悩んでいました。
思い切って、手を挙げます。
埼玉在住ですが、
昨年の長雨時の管理が悪く、15鉢ほど手持ちの鉢、
一鉢以外花芽付きませんでした。(長雨のせいにしておきます。)
どうか私にも、お分けいただけませんか?
お手数ですが、アドレスです。
tamakicyou(アットマーク)yahoo.co.jp
こちらに!お願い!藁をもつかむ気持ちです。
飼育群1群有りです。(どうにか分蜂捕獲したいんです。)

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2018/03/10(Sat) 10:00:19 No.7030  引用する 
タケちゃんまん様
金陵辺の花芽付き沢山ありますよー

Re: 金陵辺 投稿者:38@GT38 投稿日:2018/03/12(Mon) 18:15:08 No.7034  引用する 
サダッチ大津 様、

ご連絡いただいたのですが、
誤って、いただいたメール削除されてしまいました。
ぜひお願いしたいのですが、
度重なるご無礼、
今一度、ご連絡いただければ、(どうぞあきれないでください。)
お手数おかけいたします。

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2018/03/13(Tue) 18:05:49 No.7035  引用する 
38@GT38さん、連絡ありがとうございます。
ご検討のほど、返事を下さい。拝

Re: 金陵辺 投稿者: 投稿日:2018/03/14(Wed) 11:54:42 No.7036  引用する 
サダッチ大津様

はじめまして!
突然すみません。
まだ分けて貰える金稜辺が有れば、私もお願いしたいのですが??
まだ残っていますか?

私も滋賀県在住なんです。
ご検討よろしくお願いします!

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2018/03/15(Thu) 09:36:19 No.7037  引用する 
unaさん、初めまして。
未だ、沢山ありますので何時でも来て下さい。
連絡方法を教えてください。
宜しくです。

Re: 金陵辺 投稿者:yasu 投稿日:2018/03/29(Thu) 17:35:41 No.7050  引用する 
サダッチ大津様はじめまして!
予想以上に分蜂が早くキンリョウヘンが間に合いません
( ・᷄-・᷅ )夏の暑さと寒さで過去最悪の花芽となってしまいました( ・∇・)力を貸していただけたら有難いです。
kai yuumaru0127@icloud.com
河合です。

Re: 金陵辺 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/11/01(Thu) 11:46:18 No.7153  引用する 
ご無沙汰しています。以前金陵辺の譲渡の事でメールさせて頂きました。まだ花芽付きのを、他に分けるほどお持ちでしょうか?御座いましたらメールでやり取り(金額で迷惑かけないため)頂けると助かります。有難うございます。

Re: 金陵辺 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/11/03(Sat) 12:00:58 No.7158  引用する 
メールみて下さい。
駄目なら、返事ください。
宜しくお願いします。

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2018/11/07(Wed) 19:52:41 No.7159  引用する 
タケちゃんまん様久しぶりです。
今年も50鉢は花芽の確認しています。
必要なら言って下さいねー

Re: 金陵辺 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/11/10(Sat) 09:37:40 No.7160  引用する 
有り難う御座います。
やっとお返事が来て安心しました。一鉢から何芽程出ているのかと、原種なのかとかお教え下さいませ。
Eメールがそのままメールですから、この欄に出ずに取引き
出来ます。この欄に電話番号書けませんし、宜しくお願いします。有難うございます。

Re: 金陵辺 投稿者:サダッチ大津 投稿日:2018/11/10(Sat) 21:42:34 No.7161  引用する 
タケちゃんまんさん、一両日中に花芽の数等確認します。
ほとんど原種です。

Re: 金陵辺 投稿者: 投稿日:2018/11/11(Sun) 19:31:03 No.7162  引用する 
原種が殆どです。花芽は4,5個出ています。

Re: 金陵辺 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/11/12(Mon) 17:11:24 No.7163  引用する 
有難うございます。どのように取引をしたらいいでしょうか?
めーるはEメールでつながりますが・
宜しくお願いします。

Re: 金陵辺 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/11/12(Mon) 17:13:57 No.7164  引用する 
メールは
takechan311@yahoo.co.jpです。
宜しくお願いします。

みすぼらしい金両辺 投稿者:スマイル 投稿日:2018/10/30(Tue) 10:08:15 No.7148  引用する 
この夏の管理が悪くみすぼらしい株になってしまいました。
新芽が出てきましたので、日当たりの良い軒下に置いてありますが、これからどのように管理をしたらよいでしょうか?
再来年には花を期待できるでしょうか?


Re: みすぼらしい金両辺 投稿者:outsider 投稿日:2018/10/30(Tue) 20:32:14 No.7149  引用する 
> この夏の管理が悪くみすぼらしい株になってしまいました。
> 新芽が出てきましたので、日当たりの良い軒下に置いてありますが、これからどのように管理をしたらよいでしょうか?
> 再来年には花を期待できるでしょうか?

夏の置場は庭木の日陰に移すか、風の通る庭木吊るしが病原に侵されず良く育ちます。冬の管理は霜に再三当たらないよう養生して、潅水控え目にして根の凍結を防ぐことです。

新芽立の春は固形肥料と専用化成肥料IBs-1大粒を与え、春と秋はたっぷり陽に当てて育てます。

その状態から開花までは、バルブ数5本立以上の大株仕立てに回復しないと無理のように思います。

Re: みすぼらしい金両辺 投稿者:スマイル 投稿日:2018/10/30(Tue) 21:20:06 No.7150  引用する 
ありがとうございました。

霜が降りる頃家の中に入れたらだめでしょうか?

Re: みすぼらしい金両辺 投稿者:outsider 投稿日:2018/10/31(Wed) 00:23:21 No.7151  引用する 
> 霜が降りる頃家の中に入れたらだめでしょうか?

元は、4号プラポット3〜4本仕立て株を購入・入手したものと思いますが、
今年の新バルブだけ生き残った状態で、健康な根の本数も限らるので、
過乾燥又は過湿になる屋内管理は湿度調節が難しくなります。

わたしの場合なら、5号プラポットに入れ2重鉢にして寒冷紗ハウスのラン棚に置くか、
比較的地上高約30cmの低い位置に春まで放置します。
ラン棚総てのキンリョウヘンは12〜2月末頃まで、
自然降雨と降雪任せで潅水はしません。

Re: みすぼらしい金両辺 投稿者:山野 投稿日:2018/10/31(Wed) 22:55:30 No.7152  引用する 
横から失礼致します。

 スマイルさんがどの地方にお住まいか分らないのですが、真冬に零下になるかならないかくらいの地域ならoutsiderさんの方法でいいけれどー2〜3℃より寒くなる寒冷地域なら室内に入れなければ越冬は無理です。
 イチゴや花を栽培しているハウスがあればその中に入れるのがいいですが一般家庭では玄関などのやや寒いけれど凍らない場所で越冬するしかありません、ただ根が傷んでいるのでかなり難しくなり、さらに根を傷めてしまうとますます株が小さくなってしまいます。

Re: みすぼらしい金両辺 投稿者:ポイ@やまと 投稿日:2018/11/01(Thu) 21:31:54 No.7155  引用する 
outsider様:当方にもいくつかこの状態の鉢が有ります。汗
教えていただけますか?
地上高30cmに置く理由はどうしてでしょうか?

Re: みすぼらしい金両辺 投稿者:outsider 投稿日:2018/11/02(Fri) 14:16:42 No.7156  引用する 
> 地上高30cmに置く理由はどうしてでしょうか?

冬季の自然湿度を保持できる冬の過乾燥を防ぐためです。
庭土上が条件で、舗装やコンクリート面ではありません。
5号プラポット大株仕立用のラン棚は、地上高50cmにしています。

>ー2〜3℃より寒くなる寒冷地域なら室内に入れなければ越冬は無理です。

当方、太平洋沿岸地帯の冬最低気温−5・6℃で、いわゆる温暖地の範疇になります。
生育途上の苗株レベルでも屋外寒冷紗ハウスで一度に数十株の冬越実績あるので、根の凍結と過乾燥と根の過湿を避ければ冬越し大丈夫と思いました。

寒冷に強いキンリョウヘンに限り、バルブ数10本立位の大株だと葉が汚れる降霜さえ除ければ−10〜15℃でも屋外越冬可能だと思っています。
ノンプロ級の山野さんに比べて、ズボラな素人の寝言かも知れませんが?。

Re: みすぼらしい金両辺 投稿者:ポイ@やまと 投稿日:2018/11/03(Sat) 08:24:45 No.7157  引用する 
outsider様:大変詳しくお答え頂きありがとうございます。
成る程適度な湿気、、、納得です。
寒冷紗のみの屋外での越冬は、寒さに強いキンリョウヘンですが中々実践する勇気が有りません。
しかし実験的に2〜3鉢を試してみようと思います。

病気の予防に、ボルドーは使えま... 投稿者: 投稿日:2018/10/19(Fri) 22:42:33 No.7140  引用する 
今年は、病気に苦労しましたので、来年5月頃から、ボルドー(ドイツボルドーかZボルドー)で予防をしてみたいのですが、ボルドーには強い薬害を招じる植物もありますので、どなたか、使ってみられた方はありますでしょうか?
使用時期は、新芽の出始めくらいの時に掛けようと思っています。

Re: 病気の予防に、ボルドーは使... 投稿者:山野 投稿日:2018/10/20(Sat) 21:00:52 No.7141  引用する 
nakayanさんボルドーより「キノンドー水和剤」か「キノンドーフロアブル」の方がいいかと思います。これも同じ銅を有効成分とする薬剤ですが薬害は出ないと思います。フロアブル剤の方が葉などの汚れは少なく薬害は少ないとの事です。

この薬剤はボトリチス病(灰色カビ病)などにはかなりの予防効果があるのでキンリョウヘンの葉に出ている菌がこれに近い菌なら効果があると思います。

そのほか「オーソサイド」、トップジンーMという薬剤もカビによる病気に効果があります。

Re: 病気の予防に、ボルドーは使... 投稿者: 投稿日:2018/10/20(Sat) 22:01:01 No.7142  引用する 
山野さん、返信ありがとうございました。
キノンドーという薬剤は名前は聞いたことがありますが、使った事はなかったのですが、今度使用してみます。来春の予防に考えていたのですが、今年の秋はとても雨が多いので、近いうちに一度防除してみようかな、と思います。
トップジンMは、ずっと以前によく使いました。一時はお茶の病気には、とても良く効いたので、連続で使いすぎてしまい、耐性菌が蔓延した為に、使用されなくなりましたが、ランの病気には、確かに良いかも知れません。人間の薬で言う、ジェネリックみたいに、古い薬ですので価格も安いので、すぐに入手してみます。
ありがとうございました。  m(_ _)m ペコッ

Re: 病気の予防に、ボルドーは使... 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/20(Sat) 23:12:13 No.7144  引用する 
☆「キノンドー水和剤」「キノンドーフロアブル」・・「オーソサイド」、トップジンーMという薬剤もカビによる病気に効果があります。

メモメモ(笑)。耐性菌対策で多くの違った薬剤を使ったほうがいいらしいので。

Re: 病気の予防に、ボルドーは使... 投稿者: 投稿日:2018/10/21(Sun) 00:27:49 No.7145  引用する 
ONOさん、確かに耐性菌対策では、色々な薬剤を組み合わせて使用する事は、大事ですが、それは、トップジンなどの“治療効果”を持つ薬剤のみの事です。この系統は、EBI剤と言われ、同じ系統を多用すると、耐性を持った菌が発生します。防御専門の薬剤(ボルドーとかがそうですが、山野さん御指摘のキノンドーも、銅系と言うことなので、同じ系統になりますが、他にも防御専門はたくさんあります。)は、耐性菌が出る事はありません。
しかし、

Re: 病気の予防に、ボルドーは使... 投稿者: 投稿日:2018/10/21(Sun) 00:31:18 No.7146  引用する 
すみません。 しかし、で切れてしまいました。

やはり、色々と種類を変えて、掛けた方が良いでしょうね。 
と、書くつもりでした。  (^^ゞ

Re: 病気の予防に、ボルドーは使... 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/22(Mon) 18:45:11 No.7147  引用する 
農薬のこと、植物の病気のこと、全くわかりません。


nakayan@静岡さん、山野さんのお話はとても頼りになります。
ありがとございます。

キンリョウヘン購入 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/02(Tue) 18:35:33 No.7124  引用する 
私が育ててきたキンリョウヘンの矮小化が気になったので、新しくキンリョウヘンを購入してみました。

銘柄は「東亜錦」と「千代田錦」

どちらも私の好きな葉芸を持っています。やはり、私が育ててきたものは、それほどではないものの、少し矮小化しているようです。

これらのキンリョウヘンは、仕事場に置いて、葉芸を楽しみたいと思っています。キンリョウヘンの今の状況を見ることもできるでしょうし、まさに一石二鳥。

そのうち、各銘柄一そろい揃えてみるのも楽しいかもしれません。


Re: キンリョウヘン購入 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/04(Thu) 16:41:49 No.7125  引用する 
キンリョウヘンの楽しみ方(笑)。

仕事場の応接コーナーに置いてみました。なかなかいい感じです。

上の絵?、この絵はかつてよくこの掲示板に投稿されていた、日本画家、菊氏の作品。菊氏が高知市で個展を開かれたとき観に行き、素晴らしかったので購入しました。以来15年以上、仕事場の応接コーナーを華やいだものにしてくれています。
菊氏、今どうされているのでしょう?。愛知県におられたことまでは、掲示板で知ることができていたのですが・・。


Re: キンリョウヘン購入 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/11(Thu) 11:09:11 No.7126  引用する 
キンリョウヘンの植え替えが全部終了しましたので、最近は鉢の中に生えてくる草退治をボチボチとしています。

すると、バルブの下に可愛い新芽が見えるようになりました。花芽か葉芽かは不明です。キンリョウヘンも季節の移ろいを敏感に感じ取っているのでしょう。そしてそのことは私たちに、確実に時は過ぎているんだ、ということを実感させてくれます。
一連の植え替え作業ではキンリョウヘンの矮小化を確認できました。そこで、5月頃に植え替えしたものと植え替え終了時のものを比較してみると、5月頃植え替えしたものの方が明らかに草丈が伸びているように思います。(ただし、もともと草丈が長かった可能性はあります。)

これから・・・・・栽培棚を作ろうと思っています。次は本格的なビニールハウスが・・・どこかにお金が落ちていないかなあ(笑)。

Re: キンリョウヘン購入 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/10/11(Thu) 20:02:15 No.7127  引用する 
>仕事場の応接コーナーに置いてみました。

陶器製の足つき、錦鉢だと更に一層…
今はプラ鉢用の蘭鉢足も売ってるようです。

Re: キンリョウヘン購入 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/12(Fri) 11:43:32 No.7128  引用する 
錦鉢・・・・検索するとずいぶん高価なものもあるんですね。
たしかに、あのような鉢で育てると見栄えがするでしょう。いいですね。うん、この先、どこかで見かけ、値段が手ごろだったら、是非手に入れたいです。足付きの黒ラン鉢だったらどこかにあったのですが・・・、どこに行ったのでしょう?(汗)。

新芽を撮ってみました。ふっくらしてますから、ひょっとすると花芽かも?・・・。


Re: キンリョウヘン購入 投稿者:BB讃岐 投稿日:2018/10/12(Fri) 16:29:18 No.7129  引用する 
 9月中旬頃から早生品種の花芽が確認出来る様になりました
 雑草を取り除きながら、用土をどかせて花芽を確認するのが日課に・・・
 現在はミスマの花芽が確認出来る様になりましたが、花芽の殆どが下向きに・・・、毎年の事ですが
 写真は日月です、花着きも良く葉姿・花径ともにコンパクトに仕上がるので、一番のお気に入り
 勿論誘引の凄さも有ってですが・・・


Re: キンリョウヘン購入 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/15(Mon) 22:09:42 No.7130  引用する 
BB讃岐さん、きれいに育ててますね。私には無理っぽいです(笑)。

キンリョウヘンの銘柄、もうわからなくなっているものが多いです。長年育てていますから、先祖返りやら変異やらがあるのでしょうか、わけわからなくなってます。

デボニアナムだといわれるものがありまして、その名前は「タイガーテイル」。ニホンミツバチの誘因力は極めて強いといわれています。これはおそらく、デボニアナムを交配親にもつハイブリッドだと思います。

そんなこんなで、誘因力を持つランもだんだん多くなってくるような気がします。一時ピーウィというものやスヴァニッシマム?、フォアゴットンフルーツなどというものが紹介されたこともありました。

でも私たちが回帰するのは、やはり原種キンリョウヘンや、日月など慣れ親しんだものなんですね(笑)。

Re: キンリョウヘン購入 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/10/18(Thu) 19:08:28 No.7135  引用する 
初めまして 宜しくお願いします。金陵辺についてお尋ねします。どんなお店から購入されるんでしょうか?
また種類がこれが良いとか、ゆう引力が強いとか、とんと解りません。面倒でしょうが出来ましたら、お教え下さい。
宜しくお願いします。

Re: キンリョウヘン購入 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/19(Fri) 12:28:10 No.7137  引用する 
キンリョウヘンの購入先はネットで調べると沢山出てきます。20年くらい前には考えられなかったことです。ですから、ネットで信頼できるラン屋さんから購入するのがいいのではないでしょうか。

洋ランを扱っているラン屋さんでも、最近はキンリョウヘンを扱っているところがあります。そちらの線から探すのも面白いかな、と思います。また、キンリョウヘンは葉芸を楽しむ東洋ランの範疇にも入っているので、東洋ランを販売するショップで探す方法もあります。(私が一番最初に購入したのは恵蘭・キンリョウヘンを扱うショップからでした。先日購入したものも、そのショップからでした。)

購入以外でも入手しています。
キンリョウヘンは意外にも、それとは知らず一般の家庭で育てられていることがあります。そんなものを見つけるのも楽しいかもしれません。見つけたら、持ち主に譲ってくれるか交渉するのです。私が目を皿のようにして探したときは、結構沢山見つけることが出来ました。そのなかに、花色の強い誘引力の強いものがありました。(その末裔が、現在この掲示板に集う皆さんの手元にもかなりの数あると思います。)

オフ会で提供されることもありますね。

誘引力はキンリョウヘンであればあまり差はないような気がします。中には、キンリョウヘンによく似た姿なのに、誘因力がない、というものもあるようです。個人的には、花の色が濃いものほど誘引力も強いような気がします。

一般的には、ミスマフェット(デボニアナム×キンリョウヘンのハイブリッド)の誘引力は強いといわれています。

Re: キンリョウヘン購入 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/10/19(Fri) 18:22:52 No.7139  引用する 
有り難う御座います。オークションで沢山出ていますが
どの品種もしくは名称の物を購入か解りません。
品種等書いてない方沢山います。
何となく花芽がある方がいいのかな・・・と思います。
頑張って購入してみます。株数の多いのが高いですね。
有難う御座いました。またお教え下さい。

Re: キンリョウヘン購入 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/20(Sat) 23:04:34 No.7143  引用する 
☆どの品種もしくは名称の物を購入か解りません。
品種等書いてない方沢山います。

ああ、そういうことなんですね。キンリョウヘンに銘柄(東亜錦、日月、若松・・など)のあるものは、キンリョウヘンの中でも葉芸(葉に模様がある)をもつものです。それに対し、葉芸のないものを原種と呼んで区別する場合があります。

銘柄物は葉芸を楽しむ「東洋ラン」の範疇に入れられていて、80年くらい前には、その葉芸の人気で番付表(横綱・大関・関脇などと)が作られたりしていました。新しい葉芸を作り出すために先人はかなり苦労をされていたようです。でも、新銘柄が認めらると、大金が得られる可能性があったので、皆さん頑張ったと思われます。

で、本来のキンリョウヘンはというと、何の変哲もな青葉を持つランですから、本来のキンリョウヘンを「原種」と呼んでも間違いではないでしょう。何の変哲もない、といいましたが、ただ他の洋ランに比べ小型なので、小型のランの創出のための交配親としてとしての利用価値は高く、その利用価値のために実は今でも洋ラン栽培業者に育てられている、ということです。

そんな原種キンリョウヘンですが、育てやすく丈夫という性質のため、一般の家庭では「育てやすい洋ラン」という認識で育てられいることが想像以上多いのです。

以上のとおり、キンリョウヘンには銘柄のあるもの(東洋ランとして扱われているもの)と、銘柄のないもの(育てやすい洋ランとして扱われているもの)があります。そして、銘柄のあるものもないものも、すべて同じキンリョウヘンなので、どちらもニホンミツバチを誘引します。

オークションで品種等書いてないもの・・・おそらく葉芸のない原種キンリョウヘン(従来、洋ランとして育てられていたもの)なんでしょうね。

ランの値段に「一芽(バルブ)いくら(値段)」ということを聞いたことがあります。ですからバルブが多いものほど高い、ということになるのでしょう。

花芽があるほうが、というより、なければちょっと困りますよね。もう少しすれば花芽が確認できるようになります。その時点で購入されるのがいいと思います。一般的にはバルブが太くて、鉢に3個以上のバルブがあれば花芽が付く確率は高いです。

購入されるのが一番ですが、一般家庭にある、あまり大事にされていそうもないランを探すのは楽しいですよ。有力な決め手は葉先。短めの葉で葉に厚みがあり、葉先が左右揃わず一方が飛び出していると、キンリョウヘンである可能性が高いです。あまり大事にされていない(ほったらかしのような)ものがあると、想像以上安価に入手できるかもしれません(笑)。

猛暑の影響? 投稿者:BB讃岐 投稿日:2018/10/18(Thu) 17:09:15 No.7133  引用する 
 今年の猛暑の影響でしょうか、写真の様に色抜けした様な葉が散見されるのですが、何かの病気かも?
 まあ〜一昨年のバブルの葉で、今年のバルブは問題無さそうなので、来季の開花には影響無さそうなのですが・・・
 と思いつつも、現状では花芽の確認も思わしく無いので、若しかしたらこれも猛暑が原因ではないかもと・・・
 そう言えば、シンビの栽培農家は山上げと言うのでしょうか、冷涼な高地へ移動させ、花芽の促進をしているとか・・・ この様な猛暑が続く様であれば、キンも同様な操作が必要になって来るかも知れませんね
 


Re: 猛暑の影響? 投稿者:山野 投稿日:2018/10/19(Fri) 10:18:21 No.7136  引用する 
 仰るようにキンリョウヘンは暑さはやや苦手なようです。ただ風通しのいい場所で高い場所に置く事や日除けをかけるなどの工夫で何とかなると思います。

 葉の色抜けは軽い日焼けだと思いますが枯れていなければそう大きな影響はないと思います。
 熱帯高地原産の蘭の中には高地に上げなければ作れない種類もあるのですが、もっと温暖化が進めばキンリョウヘンもそうなるかも知れません、ただそこまで暑くなればニホンミツバチ
も生息出来なくなるかも知れませんが

 それから鉢花シンビを高地に上げて作るのは暑さ対策もありますが、秋を早く来させて普通なら春3月頃に咲くのを年内に咲かせるためです。年内に咲かせて出荷すれば高値が期待出来るからなのです。

Re: 猛暑の影響? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/19(Fri) 12:36:26 No.7138  引用する 
最近思うのですが、キンリョウヘンは雨が当たらない環境で育てる方が病気になりにくいのではないでしょうか?。長く表土が濡れた状態は良くないような気がします。

無題 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/10/18(Thu) 19:00:01 No.7134  引用する 
返信有り難う御座いました。いまの時期から花芽は
解るんですね?
そうすると私のも新しい芽は現在有りません。夏は直射日光に
当てずにいましたが、凄く元気で新しい葉が出ています。
もう少し見てて対応します。忙しい中返信有り難う御座います。

キンリョウヘンの管理 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/09/28(Fri) 18:45:38 No.7119  引用する 
先日の淡路オフ会でのキンリョウヘンの管理に関する講義は、目からうろこ、の感がありました。ありがとうございます。
その中で、特に印象に残ったのが、病気に関するものでした。キンリョウヘンがかかる病気に一番関係しているのは、カビなんだということ。カビ菌が植物体に入り込み、いろいろと障害を起こすとのこと。

もちろん、病気にはウィルスも関係するのでしょうが、私たちは普通に「菌」と言われると、なんとなく曖昧模糊とした印象で、あまりよくわからないな、と思うこともあり、気にしないままになることが多いように思います。

ところが、カビと言われたとたん、にわかにイメージしやすくなり、じゃ、対処するには、風通しのいいところ、日当たりにいところだな、とすぐに思います。また、殺菌剤も使うといいよな、とも思います。水やりについても、いつもジメジメしている状態は良くないよな、とも・・・・・。

ちなみに、葉の先が枯れていく状況は、よく見ますよね。あれも、葉先の傷からカビ菌が侵入して発生する症状の場合が多いそうです。ただ、同様の症状は根の問題でも発生することがあり、どちらが原因かを決めるのは少し難しいようではあります。

殺虫剤、殺菌剤ともに耐性虫、耐性菌が出ることがあるので、数種の薬剤を使う方がいいとも・・。なお、講師の方はことキンリョウヘンに関しては、殆どほったらかし状態らしいです(笑)。まあ、確かにキンリョウヘンは丈夫なランですよね。

また、根についても、生きている根は切れにくい、本当の根は白い根の中にある筋のようなもので、これが生きていると引っ張ってもなかなか切れない、ということでした。(ただし、出たばかりの根は折れやすいですね。)

このお話を聞いて、私のキンリョウヘンの植え替えは早くなりました(笑)。

オフ会、侮れませんよ(笑)。

Re: キンリョウヘンの管理 投稿者: 投稿日:2018/09/30(Sun) 00:28:15 No.7120  引用する 
ONOさん、こんばんは
私も先日、何の病気か質問した所、山野さんから、「カビが原因の可能性が高い」というお答えを戴きました。結構多いのですね。もっと早くから防除すれば良かったのですが、原因が分からず、防除が遅れた事が、廻りの鉢に急激に移ってしまった原因だ、と思います。あれから10日おきくらいには、防除していますが、現在の所、完全には止まっていません。症状が出次第、葉の途中から切り取って対処しています。
何か、カビ性の病気に対する、特効を持つ薬剤は、ないのでしょうか?

Re: キンリョウヘンの管理 投稿者:山野 投稿日:2018/09/30(Sun) 21:59:15 No.7121  引用する 
nakayanさん、ONOさんこんばんは

 農作物はカビによって病気になるのは多いです。イネのいもち病やモンガレ病、イチゴのボトリチス病(灰色カビ病)などはカビによる病気です。
 そしてこの防除には殺菌剤が使われるわけですが,多くの薬剤は胞子の発芽を抑えるとか胞子から発芽した菌糸が植物組織の中に入るのを抑えるといった作用なので予防的に使わなければなりません、そしてカビの種類によって薬剤が違って、また同じ病名でも作物が違うと全く違う種類の菌のこともあるので非常に難しいです。
 そして最近の薬剤はこの菌には良く効くけれど他の菌には効かないというものが多くなっていますから菌が特定出来れば薬剤を選ぶことが出来ます。
 主要な作物では病菌が調べられていて防除方法も確立しているんですがキンリョウヘンなどのシンビジュームではそれほど詳しく調べられていません

Re: キンリョウヘンの管理 投稿者: 投稿日:2018/09/30(Sun) 23:13:53 No.7122  引用する 
山野さん、こんばんは
カビによる病気の情報、ありがとうございました。

>多くの薬剤は胞子の発芽を抑えるとか胞子から発芽した菌糸が植物組織の中に入るのを抑えるといった作用なので予防的に使わなければなりません
そうなのですか。 現在、病気の薬には、治療剤と予防剤あるいは、両方の効力を持つ物などがありますが、カビによるものには、予防剤にしか効果がないのですね。私の手元には、本業の“茶”の栽培に使用する薬がたくさんありますので、とにかく色々な物を組み合わせて使用しています。
いろいろ、たくさん掛ければ、どれかは当たるだろう、という極めて、いい加減なやりかたですが・・・  (^^ゞ

Re: キンリョウヘンの管理 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/10/01(Mon) 12:34:27 No.7123  引用する 
山野さん、ありがとうございます。

先日のオフ会でも、カビに関する防除薬は、カビ菌を死滅させものではない、というお話でした。かつ、菌に対する効果も薬によって異なるので、多くの種類の薬を順番に使用している、とのことでした。また講師の方の栽培場では、キンリョウヘン以外のランにはかなり多くの薬剤を使うとのこと。

講義の内容は山野さんの今回のお話と全く同じでした。

カビとはいっても、私たちが知っているカビとは違うものがあるのかもかもしれませんが、いまのところは、カビの繁殖しにくい環境にランを置くのがよさそうですね。

そうでした、「カビによる病気」についてはご指摘の通り山野さんからのお話が先にありましたね。でも、なんなんでしょう、私の頭に強くインプットされていませんでした。それは多分、私が勝手に、特定の病気に関連してのことと思ってしまったからだと思います。カビ菌ていちばんよく悪さをする菌なんだ、という視点がなかったからなんでしょうね。

いかん、見えていても(聞いていても)見えてない(聞いてない)、という、禅問答めいた難問がまた現れました(汗)。

Re: キンリョウヘンの管理 投稿者:タケちゃんまん 投稿日:2018/10/17(Wed) 18:18:40 No.7131  引用する 
ご無沙汰しています。以前の取引からメールしました。
今年の9月25日にメールしましたが、ついに返信頂けなく今日に、至っています。面倒な事長々と書いたのが、駄目だったのかと思っています。
都合が良ければ見てください。
金陵辺は販売されていますか?
面倒なら無視してください。有り難う御座いました。

Re: キンリョウヘンの管理 投稿者:山野 投稿日:2018/10/17(Wed) 22:56:46 No.7132  引用する 
タケちゃんまんさんこんばんは、大変失礼致しました。9月25日のは翌26日に返信メールを送ったのですがこちらこそ届かなかったようですみませんでした。

キンリョウヘンですが花芽を毎日のように見付けているんですがどうも思わしくなくて、花芽1本だけの株ならあります。

この病気は何でしょうか? 投稿者: 投稿日:2018/09/13(Thu) 22:31:18 No.7114  引用する 
今年6月頃から、この病気がひろまってしまい、とても困っています。最初はウィルスかな、と思いましたがあまりにも急激に広がり、8月に入ってから、病変部をハサミで切り取り殺菌剤をかけてから一応拡散は止まっています。
このはっきりとした症状以外に葉に黒い“ブツブツ”のような部分もある事から、黒斑病かな、とも思ったのですが何なのでしょう。
キンリョウヘンを置く棚が、鉢数の増加と共に過密状態なので、葉が接触している部分が特に隣の葉に移ってきています。
お解りになる方は教えて下さい。


Re: この病気は何でしょうか? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/09/14(Fri) 18:51:45 No.7115  引用する 
私は病気のことについては全くわかりませんが、ネットで調べると「黒点病」のような気がしました。私の持っているものにもたまに出ます。

それより、怖いものを見てしまいました。気味悪く、黒く枯れる葉・・・「疫病」(一般的すぎて特定の病名とも思えませんが・・)。この枯れ方をするキンリョウヘンが家にもあるのです。はやく消毒をしなければいけないようです。

キンリョウヘンはバイラスなどの病気を発症しづらい強健種、といわれます。でも、ニホンミツバチと同じく、やはり病気にはかかる、と思っていたほうがよさそうですね。

Re: この病気は何でしょうか? 投稿者: 投稿日:2018/09/14(Fri) 23:10:17 No.7116  引用する 
ONO@愛媛さん、回答ありがとうございました。
私も、黒斑病か黒点病かな、と想いましたが、黒点病の症状かもしれないのですね。確かに上にも書いたように、黒いつぶつぶの点が多数出ている株もあります。私の栽培法は、水もガンガン掛け、日光もかなり強く当てるのですが、水のかけ過ぎの加湿が原因かも知れません。

「疫病」というのは知りませんでした。名前からして、恐ろしいですね。昨年私のフォアゴットンフルーツに出た症状がそうだったのかも知れない、と思いました。

Re: この病気は何でしょうか? 投稿者:山野 投稿日:2018/09/14(Fri) 23:53:26 No.7117  引用する 
nakayanさんこんばんは

 これはカビが病原による物だと思いますがどんな病名なのか分りません、急激に広がったとのことですが新芽の葉にだけ出ているのか古い葉にも出ているんでしょうか、あるいは罹病した株が同一系統であれば、その系統が出やすいことになるので出ない株を増やすようにするのがいいと思います。

 系統に関係なく出ているのなら抵抗性の系統というのがないので殺菌剤の散布と云うことになりますが、オーソサイド、ベンレート、トップジンーMなどいろいろあるのでこれらをかけてみるといいかも知れません、ただラン類は根に「ラン菌」と云っているカビが共生していて栄養補給してくれているのでこちらに影響が出るのでは困るのでその点が心配です。
 ラン菌の一種に「リゾクトニア」というカビもありますが、この属の菌は病気も起こしているのです。

 あるいは雨に当てないで作れば減ると思いますがその点はどうでしょうか

Re: この病気は何でしょうか? 投稿者: 投稿日:2018/09/15(Sat) 00:22:40 No.7118  引用する 
山野さん、回答ありがとうございました。
カビが原因のものですか! 全部、新芽ではなく、古い葉に出ています。新芽には全くありません。

>あるいは罹病した株が同一系統であれば、その系統が出やすいことになるので出ない株を増やすようにするのがいいと思います。

同一の系統だけではなく、単に隣り合っている葉に次々と移ってきました。殺菌剤は、治療剤と保護剤を1週間置きにかけました。昨年までは他の農薬散布と同時に動噴で結構たくさんの量をかけましたので、ラン菌を殺してしまったかも知れません。今年は小さな手持ちので少ない量でやっています。

>あるいは雨に当てないで作れば減ると思いますがその点はどうでしょうか

この点は確かにあると想いますが、今鉢数が増えてしまい、全部を雨に当てないようにするのは難しいので、真夏を過ぎた事もあり、一時よりも散水を減らしています。私は真夏の間はかなりジャブジャブと水を掛けますので、加湿になっていたのかも知れません。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -