蜜源植物の話題
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [ワード検索] [管理用]



[7167] Re:[7166] フェンネル 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/06/22(Fri) 23:49 [返信]  

オレガノは綺麗な花ですね。しかも有力蜜源…

ご覧になられたのはナミアゲハだと思います。以前、ビービーツリーの苗木が茎だけになったのは、そのナミアゲハのせいでした。
子供の頃、不思議に思ったものです。種類によって、どうして食べている葉っぱが限定的なのかと。

ONOさんもないのですか、タガメ。
ミズカマキリは見た事があるんです。アガパンサスの葉の上でカマキリが食べていたのを。水辺の傍ではなかったので印象に残っています。

私もすっかり忘れていました。ヘビトンボ。目にする機会も話題にする機会もないですが…

この頃、”ボーっと生きてんじゃねーよ!” と5才児からお叱りを受けてしまう番組がありますが、
素朴な疑問であっても、意味のないものと切り捨てるのではなく、意欲を持って自主的に調べていく、
その積み重ねから、思考停止に陥ることなく、問題を解決していく力が養われていくようにも思えます。

興味の対象と性別は関係ないような気がしますが。。
女性でもカエルやヘビ、ダニ、ナメクジの研究者はいらっしゃいます。
hhhttps://dot.asahi.com/dot/2015050800037.html?page=1

子曰く、衆これを悪むも必らず察し、衆これを好むも必らず察す。



[7166] Re:[7165] フェンネル 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/21(Thu) 18:55 [返信]  

> オレガノはカラミンサと同じシソ科で良さそうですね。種子を探してみます。

オレガノはたしか、発芽翌年に花が咲くのだったと思います。
畑に3mほどの畝を作り、そこで育てました。驚くほどのニホンミツバチがやってきました。そうそう、以前中国の養蜂家のドキュメントがNHKで放映されていて、その有力蜜源がどうもオレガノのようでした。写真は2005年6月のものです。

> フェンネルを育てていなかったら、アカスジカメムシなんて見る事がなかったように思います。

植物と昆虫の関係はかなり濃厚なんですね。ある種のアゲハ蝶(ミヤマカラスアゲハ?)とカラスザンショウとの関係など、関係が濃厚な特定の植物がないとその昆虫自体が生息しない、逆にその植物があるとその植物と濃厚な関係を持つ昆虫が生息している可能性が高い、とか・・・。これなどもミツバチの掲示板で知ったことです。

> 以前、カメムシ展が開催されていまして、人面カメムシやハートマークを持つエサキモンキツノカメムシ、青リンゴのようなにおいを出すカメムシなどを紹介していました。

愛媛県科学博物館でカメムシ展があったような記憶があります。愛媛県科学博物館は私の住む自治会内にあり、歩いて行っても10分以内なのですが、この企画展には行きませんでした。カメムシの世界も面白そうすね。

> 私は自然界で見た事がありませんが、タガメもカメムシの仲間なんですね。

う〜ん、私もミズカマキリは実際に見たことがありますがタガメは見た記憶がありません。科学博物館の敷地南側に小さく水深のないため池があり、そこは私が小さいころから現在まで環境にほとんど変化がありません。周辺に果樹園もなく農薬が入り込むこともないロケーションなので、ひょっとしたら、とは思いますが、多分いないでしょうね。

> キアゲハは成長を見守っていたのですが…排除されてしまったのが残念でした。

キアゲハは柑橘類の葉の裏に産卵しますよね。私も子供のころ家庭菜園にあったザボンの木で毎年のように見ていました。えっ、う〜ん、なんでしょう?、その時の黄色く立った卵を思い出したら、なんか特異な匂いも思い出しました。・・・・そうでした、大きくなった幼虫に触ると、幼虫がその特異な匂いを出したのでした。なつかし〜(笑)。

> お孫さんは幸せ者ですね。ONOさんのように昆虫に詳しく、理解のある方が身近にいらっしゃるのですから。

詳しくないのですが好奇心だけは旺盛なので(笑)、そのあたりが孫と合うようです。ハンディー昆虫図鑑を孫に買ってあげるとよく見ているようです。最近もキンリョウヘンの植え替えを照明を点けてやっていると、びっくりしたように、「あれ、なんだろう。」と指さします。見てみると見たことはあるのですが名前は知らない(本当は忘れた)カゲロウのような昆虫が・・。カゲロウかなと言ったら、図鑑をもってきて「あれはヘビトンボ」みたいだよ、と教えてくれました。

最近はカエルに凝っていて、学校へアマガエルを持っ行って飼っているらしいです。なのでアマガエルを見つけると素手で捕まえては「かわいい。」と言ってます。それを見た両親は眉をひそめていますが、それでも父親はカエルの餌を買ってきてやったり、気を使ってはいるようです(笑)。まあ、私の息子(孫の父)も、小学生低学年のころ、生きたヘビをぶら下げて帰ってきて、母親の絶叫を誘ったことがありますから、根は生き物が好きなのかもしれません。

問題は・・・・・その孫が女の子、だということなのかも(笑)。



[7165] Re:[7164] フェンネル 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/06/20(Wed) 22:36 [返信]  

マヌカは玩蜂庵さんが訪花状況を書かれています。
オレガノはカラミンサと同じシソ科で良さそうですね。種子を探してみます。

フェンネルを育てていなかったら、アカスジカメムシなんて見る事がなかったように思います。ナガメもそうですが、どんどん増えて困りものですが。

以前、カメムシ展が開催されていまして、人面カメムシやハートマークを持つエサキモンキツノカメムシ、青リンゴのようなにおいを出すカメムシなどを紹介していました。
私は自然界で見た事がありませんが、タガメもカメムシの仲間なんですね。

キアゲハは成長を見守っていたのですが…排除されてしまったのが残念でした。
パンジーに来たツマグロヒョウモンもいくつか排除されましたが、1頭のみ羽化まで見届ける事が出来ました。

お孫さんは幸せ者ですね。ONOさんのように昆虫に詳しく、理解のある方が身近にいらっしゃるのですから。



[7164] Re:[7160] フェンネル 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/20(Wed) 10:53 [返信]  

> フェンネルで初めてニホンミツバチの訪花を見ました。
> フェンネルはニンジンと同じ複散形花序で、放射状に黄色の小さな花を沢山つけます。


フェンネルは育てたことがありませんが、ハーブに凝っていたころ、ミツバチを呼ぶ、と書かれていたものを重点的に選んで育てたことありました。大当たりのものもあり、大外れのものもあり、それはそれで面白かったです。

とても印象的だった大当たりは、日当たりのいい畑に植えたオレガノはでした。ミツバチを呼ぶポイントは、大量に花が咲くことと日当たりだったように思います。外れだったものもそんな条件で育てていれば、ミツバチはやって来たのかもしれません。

大外れは、ハーブではありませんがマヌカ。花は咲くし流蜜も確認できたのに訪花は全くなし。でも、これも大外れというより花の数が少なすぎたのかもしれません。

> 矢継ぎ早に花から花へと移っていくのは、あまり蜜が出ない証拠でしょう。沢山咲いていないと効率が悪そうです。
> 今まで見掛けなかった理由はそういったところにもありそうです。

こういうことは私もよく経験します。なにが困るかって、蜂の写真を撮るのがとても難しいのです「(汗)。

>> 収穫もせず野放しにしていたので花が咲き放題。
> ですが、今年はまだACミラン風カメムシもキアゲハも来ていません。

ACミラン風カメムシは見たことがありません。でも体の縁が縞模様だったり結構きれいな模様のカメムシは時折見かけます。あの嫌なにおいがなければ人気者になれたかもしれませんね。

キアゲハはこちらでもまだ見ません。孫が昆虫好きなので自宅周辺にいる昆虫には少し詳しくなりました。4歳の孫は昆虫ではありませんが、ダンゴムシが大好きです。



[7163] ナツメ 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/19(Tue) 18:07 [返信]  

実家の庭にあるナツメに盛んに訪花してます。羽音がうるさいくらいです。今年はナツメが豊作ですかね。あんずは豊作ですよ。


[7162] ミソハギ 投稿者: 投稿日:2018/06/18(Mon) 22:44 [返信]  

 連日羽音で賑わっています。


[7161] カボチャ 投稿者: 投稿日:2018/06/18(Mon) 22:43 [返信]  

 カボチャの花に4匹の和蜂が入っていたので、急ぎカメラを取りに帰りましたが間に合いませんでした。


[7160] フェンネル 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/06/18(Mon) 21:14 [返信]  

フェンネルで初めてニホンミツバチの訪花を見ました。
フェンネルはニンジンと同じ複散形花序で、放射状に黄色の小さな花を沢山つけます。

羽音に気が付き、追ってみると、舌を伸ばして花蜜を集めています。
矢継ぎ早に花から花へと移っていくのは、あまり蜜が出ない証拠でしょう。沢山咲いていないと効率が悪そうです。
今まで見掛けなかった理由はそういったところにもありそうです。

収穫もせず野放しにしていたので花が咲き放題。
ですが、今年はまだACミラン風カメムシもキアゲハも来ていません。



[7159] Re:[7158] 栗の花 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/11(Mon) 14:06 [返信]  

> この時期の巣箱に鼻を近づけると栗の花の匂いがしませんか?

こんにちは。
この巣箱の真上に栗の木があります。なので巣箱周辺は栗の花の匂いが充満しています。
栗の花を訪花しているミツバチは見えにくいものなんでしょうか。確かに栗の花は大量に咲いていますから、そこに数匹が訪花していたとしても見えないことはありそうです。それとも流蜜時間が早朝とか、私が見ない時間帯なのでしょうか。

> こちらはキハダが咲き終わり、ユリノキ、ナツハゼなどが満開です。栗、ウメモドキなどはもう少し後になります。

やはり開花時期はずいぶん違うのですね。こちらでは、ウメモドキなどはもう終わっています。キハダ・・・咲いたはずですが、見るのを忘れました。そういえば、キハダやユリノキの花も比較的高いところに咲くので、訪花を見たことがないです。

> 自宅群が5群になって、結構にぎやかです。

自宅に蜂がいると楽しいですね。でもいる蜂の群の数だけ悩みも増えます(汗)。



[7158] Re:[7156] 栗の花 投稿者:五六蜂@福島 投稿日:2018/06/10(Sun) 21:04 [返信]  

> 栗の花は有力な蜜源という評価になっているようですが、なぜか私は栗に訪花するミツバチを見たことがありません・・・

こんばんは

この時期の巣箱に鼻を近づけると栗の花の匂いがしませんか?

こちらはキハダが咲き終わり、ユリノキ、ナツハゼなどが満開です。栗、ウメモドキなどはもう少し後になります。

自宅群が5群になって、結構にぎやかです。



[7157] Re:[7156] 栗の花 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/08(Fri) 11:58 [返信]  

> 栗の花は有力な蜜源という評価になっているようですが、なぜか私は栗に訪花するミツバチを見たことがありません。当地方では、栗の花よりいい蜜源が他にあるのかもしれませんが・でも・・

この木の下には強群のミツバチ2群がいるのです。私には不思議でならない栗の花です。



[7156] 栗の花 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/08(Fri) 11:56 [返信]  

山の蜂場に栗の花が咲いていて、木の下にいると羽音が聞こえます。でも、その羽音はミツバチのものではありません。体長5ミリほどの小さな、多分ハナアブの大群。

栗の花は有力な蜜源という評価になっているようですが、なぜか私は栗に訪花するミツバチを見たことがありません。当地方では、栗の花よりいい蜜源が他にあるのかもしれませんが・でも・・



[7155] Re:[7154] シナノキ(菩提樹) 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/08(Fri) 11:46 [返信]  

> 家のシナノキがもうすぐ開花しますので、訪花の状況を観察して報告します。

五六蜂@福島さん、ありがとうございます。よろしくお願いします。

ところで、家で咲いているのは西洋シナノキ(リンデンバウム)ですが、日本のシナノキと花の形が結構違うようです。ですから日本のシナノキと西洋シナノキを同様に捉えてはいけないのかもしれませんね。



[7154] Re:[7151] シナノキ(菩提樹) 投稿者:五六蜂@福島 投稿日:2018/06/07(Thu) 23:47 [返信]  

> どうやら開花したようです。ミツバチはくるでしょうか?。いい匂いがします。


家のシナノキがもうすぐ開花しますので、訪花の状況を観察して報告します。



[7153] Re:[7151] シナノキ(菩提樹) 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/07(Thu) 11:44 [返信]  

> どうやら開花したようです。ミツバチはくるでしょうか?。いい匂いがします。
>
ミツバチ来ません(汗)。以前近くのお寺でこの花を見たときは、ミツバチの羽音がすごかったものですから、期待していました。そこで、佐々木正巳先生の「蜂から見た花の世界」を読み返すと、この花の流蜜は年により波があり、ミツバチにもあまり来ない、とのこと。北海道などではシナ蜜が多く採れるらしいですが・・・。「日本の主要蜜源植物」では主要蜜源との評価だったような・・・それは北国のことだったのかもしれませんね。



[7152] Re:[7150] クロガネモチ 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/01(Fri) 19:17 [返信]  

>  マメツゲに群れていた和蜂達も、この花が咲くと見向きもしなくなりました。
今年はマメツゲへの訪花が少ないです。他にいい蜜源があるということなんでしょうね。



[7151] Re:[7134] シナノキ(菩提樹) 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/01(Fri) 15:09 [返信]  

> セイヨウシナノキの実生苗を育てています。

どうやら開花したようです。ミツバチはくるでしょうか?。いい匂いがします。



[7150] クロガネモチ 投稿者: 投稿日:2018/05/28(Mon) 22:36 [返信]  

 マメツゲに群れていた和蜂達も、この花が咲くと見向きもしなくなりました。


[7149] Re:[7147] ウメモドキ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/28(Mon) 16:26 [返信]  

> 蜜源樹として植えたウメモドキが大きくなり花を咲かせています。でも、かつては大賑わいをみせたこのウメモドキに今年は訪花がありません。自宅に蜂群がいるのになあ?。
>
> ま、そのうちやって来るでしょう。



[7148] 無題 投稿者: 投稿日:2018/05/21(Mon) 21:48 [返信]  

 よく訪花が見られます。


[7147] ウメモドキ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/21(Mon) 14:35 [返信]  

蜜源樹として植えたウメモドキが大きくなり花を咲かせています。でも、かつては大賑わいをみせたこのウメモドキに今年は訪花がありません。自宅に蜂群がいるのになあ?。

ま、そのうちやって来るでしょう。



[7146] サワフタギが咲きました 投稿者:五六蜂@福島 投稿日:2018/05/17(Thu) 10:11 [返信]  

このコーナーでワード検索すると、2013年に話題になったサワフタギを2016年に畑のそばに十数本植えて置きました。

今年はその中の数本が花を咲かせています。

まだ蜜蜂の訪花は確認できませんが、お天気のいい日には来るでしょう。

庭木としても観賞価値が高いようです。身近にたくさん小さい木があるのでもっと植えておきたいと思っています。



[7145] 蜜源の森 投稿者: 投稿日:2018/05/10(Thu) 22:21 [返信]  

 椎の花が一斉に咲き始めました。今年も美味しい蜜が沢山採れるのではと期待しています。


[7144] Re:[7142] ジャケツイバラ 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/05/09(Wed) 23:16 [返信]  

薄紫色の花を期待していたのに、開花した白い花を見たら、戸惑いや不信感が湧きますね。
花は綺麗ですし、ミツバチやマルハナバチが来るのなら結果オーライですね。

私もこんな身近にシカがいるなんて思ってもみませんでした。
ビワの苗木が次々食べられ、無くなっていくので、ウサギかなーと思っていたんですね。丸っこいフンが落ちていましたし、姿を見ていましたので。

”シカだと思います”
東温さんに指摘され、冬期にビービーツリーの樹皮を食べられてから、段々確信に変わっていきました。泣き声は聞いていたのですが姿を見たのは最近です。

シカについて時折読んでいますが、結構厄介な動物のようですよ。。

全国の野生鳥獣による農作物の被害状況(平成28年)を見ると、シカによる被害が最も高く、被害面積は約4万ha(能代市と同じくらい)、被害金額は約56億円にものぼっています。
森林では、シカの食害により、植生の成長が阻害されたり単純化が起こり、約2m以下の葉が一様に食べ尽くされた”ディアライン”が生じて裸地化した森林は、集中豪雨によって土砂崩れなどの被害を引き起こしてしまうのだとか。シカの破壊力恐るべし!

シカが日本の自然を食べつくす !?  環境庁
hhttps://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort8/about/pdf/meaning02.pdf

しかコロッケのようなB級グルメや、ジビエ料理が普及されると、もう少し減るんでしょうかねー?



[7143] Re:[7142] ジャケツイバラ 投稿者:五六蜂@福島 投稿日:2018/05/09(Wed) 21:30 [返信]  

> 写真の花は、イボタノキ、もしくはミヤマイボタです。自宅の庭で育っています。何故こんな雑木が庭で育っているかというと・・・


イボタノキと言えばイボタガ。すごく複雑な模様で驚きます。

美しいですよ。

http://www.insects.jp/kon-gaibota.htm



[7142] Re:[7141] ジャケツイバラ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/09(Wed) 13:10 [返信]  

> シカはこの後、向こうに見える電柵を軽々飛び越えていきました。

シカ・・・一昔前までシカは動物園など、限られた処でしか見られませんでした。まあ、ニホンザルやイノシシもそうですが・・。

猟師が減ったというより、農地が荒れたり、山林が荒れたり、人の手が入らなくなった土地が多くなったってことなんでしょうか。

あの電柵を飛び越えるなんてちょっと手に負えないですよねえ。

写真の花は、イボタノキ、もしくはミヤマイボタです。自宅の庭で育っています。何故こんな雑木が庭で育っているかというと、実はこの樹、家内がライラックの苗として買ってきていたのです。なので、家内にこの花の咲いている樹は何?聞くと「ライラック」と答えてました。

でもなんだか変ですよねえ。家内も雑木のような気がする、と違和感は覚えていたようです。答えはネット情報にありました。

ライラックはイボタノキを台木にして育てるらしく、気を付けないとライラックが枯れてイボタノキを育てることになる・・・らしいです。花が咲いて「あれっ?。」ということになることも多い、とありました。

アハハ、見事その罠にはまってしまったようです(汗)。でもイボタノキにはミツバチがやって来るらしいので・・・まあ、いいか(笑)。マルハナバチがやって来ていて、ニホンミツバチも一時姿を見せていました。



[7141] Re:[7140] ジャケツイバラ 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/05/08(Tue) 19:38 [返信]  

ジャケツイバラ、綺麗ですよね。でも触れるとスプラッタに…
蜂場近くで咲いています。この植物もシカが好まないようです。
クサイチゴやナワシロイチゴも見掛けるので、トゲものは好みではなさそうに思うのですが、カラスザンショウは被害に。(-_-メ)

シカはこの後、向こうに見える電柵を軽々飛び越えていきました。



[7140] ジャケツイバラ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/05(Sat) 23:09 [返信]  

今日近くの山の蜂場でふと前を見ると、鮮黄色の花序を出す植物が目に飛び込んできました。本当に鮮やか・・、私は初めて見たような気がします。葉っぱの印象からマメ科の植物らしいことはわかりました。ちょっと見、エニシダのような印象、でもエニシダより咲き方がダイナミック。

調べてみると、どうやらジャケツイバラのよう。以前一度話題に上ったことがあったように思います。家に植えると。鋭いとげがあるので泥棒除けになるとかならないとか(笑)。

蜜源になりそうな感じです。(有毒植物らしいですが・・)



[7139] Re:[7138] シャリンバイ? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/04(Fri) 21:42 [返信]  

セイヨウミツバチ。
マルハナバチもセイヨウミツバチも花粉を採っているようです。残念ながらニホンミツバチは来ていませんでした。



[7138] Re:[7137] シャリンバイ? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/04(Fri) 21:41 [返信]  

マルハナバチ(コマルハナバチ?)


[7137] シャリンバイ? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/04(Fri) 21:40 [返信]  

シャリンバイと思われる花が道路わきに植栽されています。
花が満開。



[7136] Re:[7132] エニシダ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/04(Fri) 00:07 [返信]  

> エニシダに洋蜂が来ていました。
> 花粉源のようです。

エニシダの花蜜(花粉)を摂るためには後ろ足で花弁を押し広げる必要があり、ニホンミツバチの後ろ足の力ではそれが難しいのだそうです。



[7135] ジューンベリー 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/03(Thu) 21:44 [返信]  

ジューンベリーの花が終わり、果実が付きました。
でもこの果実、口に入ったことはありません。熟れたころ小鳥がやって来て全部食べていきます。美味しいのかなあ?。



[7134] シナノキ(菩提樹) 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/05/03(Thu) 21:41 [返信]  

セイヨウシナノキの実生苗を育てています。
今日、蕾を付けているのを発見しました。

こういうのって、めちゃくちゃうれしいものですね。



[7133] ナニワイバラ 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/04/24(Tue) 21:17 [返信]  

ニホンミツバチはと言うと…

ナニワイバラを花粉源にしていました。



[7132] エニシダ 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/04/24(Tue) 21:15 [返信]  

エニシダに洋蜂が来ていました。

花粉源のようです。



[7131] Re:[7130] 鹿が好まない訪花植物 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/04/18(Wed) 20:26 [返信]  

> 言い難いのですが・・・「つばき」

お世話になっております。ありがとうございます。

鹿の生態などを読んでいるのですが、鹿が好む植物が減少して、あまり好きではないもの、食べにくいもの、嫌いなものが残って、植生が単純化するようです。
その影響なのか…ヤブツバキ、チャノキ、ヒサカキ、シキミといったツバキ科の植物は蜂場周辺で多々見かけます。

冬芽を食べられ、この数年20cmどまりのバクチノキの代わりに、秋咲きのサザンカを探してみましょうか。



[7130] Re:[7126] 無題 投稿者:かす丸 投稿日:2018/04/16(Mon) 22:26 [返信]  

> 鹿が好まない蜜源植物を探しています。

言い難いのですが・・・「つばき」



[7129] Re:[7127] 鹿が好まない訪花植物 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/04/16(Mon) 22:08 [返信]  

> 良い蜜源になるようです。
> エゴノキ科に属するオオバアサガラは、神奈川・丹沢など沢登り(ロープ・クライミング)に適した急峻滝が連続する渓谷地帯に多く自生し、6月頃になると狭い両岸を純白に染めます。

自生地まで添えて頂き、ありがとうございます。それは見事な光景でしょうね。
過去ログを読むと、主要蜜源とされる”エゴノキはセイヨウは来るがニホンミツバチの人気はさほどでもない”といった意見が寄せられていたので、同じ科のオオバアサガラは実際どうなのかな?と思いました。



[7128] モミジ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/04/16(Mon) 10:28 [返信]  

一口にモミジといっても色々種があるようですが、私の自宅にあるモミジにニホンミツバチが訪花しています。
木の下にいると、羽音で気が付きます。かなりの人気。
この下に待ち桶があるのに、無視されているような(汗)。

蜂は高いところの花に行くので、写真が撮りづらい。なんとかみられるかなあ、というものがこれです。



[7127] Re:[7126] 無題 投稿者:outsider 投稿日:2018/04/15(Sun) 14:02 [返信]  

> ニホンミツバチはオオバアサガラに訪花しますか?

良い蜜源になるようです。
エゴノキ科に属するオオバアサガラは、神奈川・丹沢など沢登り(ロープ・クライミング)に適した急峻滝が連続する渓谷地帯に多く自生し、6月頃になると狭い両岸を純白に染めます。



[7126] 無題 投稿者:つばき@松山 投稿日:2018/04/14(Sat) 23:21 [返信]  

ご存知の方、教えてください。

ニホンミツバチはオオバアサガラに訪花しますか?

鹿が好まない蜜源植物を探しています。



[7125] 嗜好性 投稿者: 投稿日:2018/04/03(Tue) 22:32 [返信]  

 菜の花が訪花で賑わっていましたが、桜やスモモ、杏等が咲き始めたら、全く訪花が見られなくなりmなした。


[7124] Re:[7123] トサミズキ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/03/26(Mon) 11:00 [返信]  

さいたま市@指扇さん

>  良い写真ですね。 間もなく始まりますね。 期待・期待です。毎日落ち着かないのでは?

ありがとうございます。

はい、お尻がムズムズし始めました(笑)。朝の出勤も遅くなりがち・・・、そのうち平日にお休みという、蜂飼いの、世間から評判の悪い習性が表れそうです。本当に分蜂が始まるのはもう少し先なんですけれど。

花金、といわれる休み前の金曜日が一番楽しいことに似て、分蜂期も今が一番楽しい時期かもしれませんね。





[7123] Re:[7122] トサミズキ 投稿者:さいたま市@指扇 投稿日:2018/03/25(Sun) 20:09 [返信]  

ONO@愛媛さん
 良い写真ですね。 間もなく始まりますね。 期待・期待です。毎日落ち着かないのでは?
> あれっ、トサミズキにニホンミツバチが訪花しています。蜜源としてはあまり期待していなかった花です。このように満開になるとボチボチやって来るようです。数は少ないものの、セイヨウミツバチやマルハナバチも訪花しています。花粉を採っているようですね。ヨシヨシ(笑)。
>
> 他にヒイラギナンテン、エリカ、ムスカリなど期待の蜜源花が咲いています。でも訪花なし・・。



[7122] Re:[7121] トサミズキ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/03/24(Sat) 14:11 [返信]  

あれっ、トサミズキにニホンミツバチが訪花しています。蜜源としてはあまり期待していなかった花です。このように満開になるとボチボチやって来るようです。数は少ないものの、セイヨウミツバチやマルハナバチも訪花しています。花粉を採っているようですね。ヨシヨシ(笑)。

他にヒイラギナンテン、エリカ、ムスカリなど期待の蜜源花が咲いています。でも訪花なし・・。



[7121] トサミズキ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/03/24(Sat) 14:04 [返信]  

庭の花を見ていると、トサミズキにヒヨドリがやって来ていました。一体何をしているのでしょう?。嘴が黄色くなっているところをみると、花をつついているようですが・・。


[7120] Re:[7118] この花は? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/03/24(Sat) 09:30 [返信]  

山野さん

>  花茎が3センチくらいならヒメリュウキンカで、4〜5センチあればキクザキリュウキンカのようです。どちらも外来種で繁殖力が強いようです。(両者は同じものとしている所もあるのでよく分りません)

ありがとうございます。どうやらヒメリュウキンカで間違いないようですね。冬枯れの野原に鮮やかに咲くこの花は、際立って見えました。思わず立ち止まって見とれてしまいました。繁殖力が強い外来種、というところに問題がありそうですが、人を引き付けるこの花の可憐さに、この花の生き残り戦術をみたような気がします。

>  国内産のリュウキンカは高山植物なので標高が1500〜2000メートルくらいの山の湿原に行かなければありません、私の所は500メートル程なのでリュウキンカはないですが、似ていてツルが伸び出してテナガザルの手の様と云う事でエンコウソウと云うのがあります。

日本産リュウキンカ、エンコウソウについては全く知りませんでした。四国にもあるのでしょうか、調べてみます。

今の時期、咲く花が爆発的に増えています。スイセン(変異が多く私の家の庭にも4種くらいあります。)、トサミズキ、マンサク、キブシ、ムスカリ、サンシュユ、サザンカ、ツバキ、アセビ等々・・・以上私の家の庭(汗)。こういうのを見ると春は一気にやってくる、という感じがします。
>
>  仰るようにキンポウゲ科の植物は有毒のものが多いけれど蜜には毒はないと思います。もっとも昆虫には毒にならないけれど人間などのほ乳類には毒になるという事もあるので分りませんが

そうですよね、ホツツジやトリカブトなどの蜜を除けば心配するようなものはないんでしょうね。そういえばアセビにセイヨウミツバチが訪花していますが、問題はなさそうです。



[7119] Re:[7117] この花は? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/03/24(Sat) 09:08 [返信]  

五六蜂@福島さん

> フクジュソウも同じキンポウゲ科ですが、蜜蜂がいってたかなー??

こちらでよく目にするキンポウゲ科の植物はウマノアシダカです。この花の花弁の色合い、雰囲気がウマノアシダカそっくりでした。

フクジュソウもそうなんですね。こちらには自生しているものがないようです。この花も、花の少ない冬枯れの野原に、黄色い可憐な花を咲かせていました。フクジュソウも探せばあるのかなあ?。



[7118] Re:[7116] この花は? 投稿者:山野 投稿日:2018/03/24(Sat) 00:02 [返信]  

> ヒメリュウキンカで合ってますでしょうか?

ONOさんこんばんは
 花茎が3センチくらいならヒメリュウキンカで、4〜5センチあればキクザキリュウキンカのようです。どちらも外来種で繁殖力が強いようです。(両者は同じものとしている所もあるのでよく分りません)
 国内産のリュウキンカは高山植物なので標高が1500〜2000メートルくらいの山の湿原に行かなければありません、私の所は500メートル程なのでリュウキンカはないですが、似ていてツルが伸び出してテナガザルの手の様と云う事でエンコウソウと云うのがあります。

 仰るようにキンポウゲ科の植物は有毒のものが多いけれど蜜には毒はないと思います。もっとも昆虫には毒にならないけれど人間などのほ乳類には毒になるという事もあるので分りませんが



記事No 削除キー

- ClipBoard Antispam Version -