井戸端会議
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [ワード検索] [管理用]



[37359] Re:[37356]カラー 投稿者:つばき@松山 投稿日:2019/06/17(Mon) 23:38 [返信]  

> 難しいものですね。写真までは簡単に出来ます。でも、カラーの部分を取ることがどうしてもうまくできません。

雄蜂の方が難易度が高いですよ。。



[37358] Re:[37357] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者: 投稿日:2019/06/17(Mon) 17:34 [返信]  

> 難しいものですね。写真までは簡単にできます。でも、

患部が綺麗に撮れていますね。
この検体にダニは見られなかったのでしょうかね?
患部を照らす光源はどのようにされたのかな?

> 広さん、春日さんのご機嫌は麗しゅうございましたか?

はい、見目麗しいご様子でしたよ(笑)。



[37357] Re:[37355] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/16(Sun) 23:12 [返信]  

> 山にまで広がっているとは‥、感染媒体は何なんでしょうね?
> これからの季節、働き蜂の新旧入れ替りが活発になるので
> 根絶できますように、パンパン!(^人^)

そうであれば、うれしいのですが・・・。
不思議なのは、今年の分蜂数、夏分蜂など、当地では以前の活気が戻りつつあることです。蜂たちもアカリンダニ症の症状をみせることなく、活発に活動していて、貯蜜も結構捗っている群が多くあります。

一方、アカリンダニ症の蔓延がみられる他の地域では、蜂群の伸びもいまいち、とかお聞きします。この違いは一体何故なのでしょう?。もしかすると、来年あたりに当地も非常事態に陥るのでしょうか。こわいですねえ・・。

広さん、春日さんのご機嫌は麗しゅうございましたか?(笑)。



[37356] Re:[37354] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/16(Sun) 23:01 [返信]  

>実体顕微鏡20倍の世界、私には充分驚きの世界でした。

難しいものですね。写真までは簡単に出来ます。でも、カラーの部分を取ることがどうしてもうまくできません。(成功は2回だけ)しかも・・・・・・だんだん下手になるような(汗)。

がんばるしかないですね。



[37355] Re:[37353] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者: 投稿日:2019/06/16(Sun) 10:00 [返信]  

> 家保から結果の報告を頂きました。
> A群(自宅)57% B群(山1)86% C群(山2)6%

山にまで広がっているとは‥、感染媒体は何なんでしょうね?
これからの季節、働き蜂の新旧入れ替りが活発になるので
根絶できますように、パンパン!(^人^)



[37354] Re:[37353] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/16(Sun) 00:10 [返信]  

> 今日検査する予定でしたが、あいにくの強い雨。

実体顕微鏡で、以前アカリンダニ症発症群から採っておいた検体を見てみました。(気管は乾燥して粉々、見えませんでした。)写真は片方のレンズからのもので、両方のレンズで見るより小さく見える印象があります。うん、でも、これなら私にも使えそうです。実体顕微鏡20倍の世界、私には充分驚きの世界でした。



[37353] Re:[37351] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/15(Sat) 23:55 [返信]  

> 押忍!!(笑)。


家保から結果の報告を頂きました。
A群(自宅)57% B群(山1)86% C群(山2)6%

考察
アカリンダニ症と診断する。
アカリンダニが寄生すると成蜂の徘徊や飛翔力のない蜂の増加、寿命の短縮が認められるが、無症状の場合も多い疾病である。今後丁寧な観察に努め、異常が認められた場合は早期に連絡すること。(要旨)

獣医さんからの添え書きで「お薬がない病気のため、巣箱の清掃、交換、消毒のみが対策となります。」とのこと。
家保の獣医さんとしての立場では、現状精いっぱいのことをしていただいたのだろうと思います。感謝です。

ということで(汗)、自己検査の準備をしました。(大きい方の容器は100均、ピンセットはホームセンター)
今日検査する予定でしたが、あいにくの強い雨。



[37352] Re:[37350] ミツバチの検疫 投稿者: 投稿日:2019/06/13(Thu) 09:50 [返信]  

> > ところで在来種の認知度はどうなのでしょう。
> 在来種ミツバチに対する認識となると推して知るべし、という感がします。

法改正で義務化はしたものの、「在来種はミツバチにあってミツバチにあらず」っていうのが本音かもぉ。^^);

一昨日、かす丸さんにお会いしてきゃした。
今日はいまから三重県の鳥羽で一泊するのだ〜ぁ。



[37351] Re:[37342] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/12(Wed) 16:14 [返信]  

> ついに本気モードになりましたね ^^;
> 頑張れ〜っ

押忍!!(笑)。



[37350] Re:[37347] ミツバチの検疫 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/12(Wed) 16:12 [返信]  

つばき@松山さん、いつものことながら、綿密な資料調査、そこから得られた論点の展開、すばらしいです。いつもいつも目が覚める思いがします。やはりこういう面はつばき@松山さんにお任せでいいのかな、と・・・(汗)。


> ところで在来種の認知度はどうなのでしょう。
> 国内にはニホンミツバチという在来種がいると、防疫に携わっている方々は把握されているのでしょうか?

家保などを含み、関係機関におけるミツバチそのものに対する認識が決して高いとはいえない中、在来種ミツバチに対する認識となると推して知るべし、という感がします。先日検査にみえた家保の方も、ニホンミツバチの検査などおそらく初めてのことだったでしょう。

> 仮に、ニホンミツバチというミツバチがいると知らなければ、影響を与えるなんて思いもよらないでしょうね。

全く同感です。
そういうことなら、届け出義務に対する国からのリターンを「国から無料で検査を受けられる。」と位置付けるのもいいかもしれません。(検査を受けるに際し、家保から届け出は出しているかという質問があり、私は市の担当課に提出している旨を連絡し、届け出書の写しまで送りました。検査には届け出が必須なのかもしれません。驚いたのですが、私の届け出は家保に届いていませんでした・・・、どうなってるんでしょうね。)



[37349] Re:[37345] 24群目 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/12(Wed) 15:52 [返信]  

>  午前10時過ぎ、第二蜂場で孫分封があり、木小屋軒下の待ち箱に押し寄せました。

このところ、分蜂に対する関心が薄くなっているので、玩蜂庵さんのお話を何気なくお聞きしてるのですが、でも、そちらは分蜂が半端なく、すごいですね。一体何群になったのでしょう。驚きです。

今日久しぶりにある蜂場を見回ると、一群だけ入っていました。まあ、こちらは毎年こんなもので、夏分蜂は一群入るかどうかという程度ですね。



[37348] Re:[37341] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/12(Wed) 15:44 [返信]  

> 実体顕微鏡が届きました。とてもリーズナブル価格、私に使いこなせるかなあ??(汗)。

なんとか使えそうです。シンプル イズ ベスト(笑)。

そこで、以前どなたかから教えていただいたこれ。
[アカリンダニ症検査手引き」神奈川県県央家畜保健衛生所
hhhhttps://docs.wixstatic.com/ugd/8d209f_c43701a0d4f54cd2b8c85a0fea1bcac2.pdf

家保の方が検査に苦労されて作成された手引書。本当に助かります。ここでも私たちに寄り添ってくださっている、農業資源研究所 前田太郎さんの写真・術式が。前田さん、ありがとうございます。



[37347] Re:[37331] ミツバチの検疫 投稿者:つばき@松山 投稿日:2019/06/11(Tue) 23:02 [返信]  

> アカリンダニの蔓延は、終息の兆しは見えません。
> その中でも汚染国として想定されている国からの輸入に、まともな検疫がなされた形跡がありません!

性善説…?
ミツバチの輸入に必要な、輸出国政府機関により発行された検査証明書がある、つまり、輸出が認められている養蜂場でアカリンダニが発生していない事が条件になっていますね。
ONOさんも言及されていますが、国内のセイヨウミツバチで発生例がなく、スロベニアでも同様なのかもしれません。
アカリンダニについて下記の条件を読む限り、実際に気門を調べて感染率を調べている訳ではないようなので、”まともな検疫”自体存在していないと考えられます。

みつばちの家畜衛生条件
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/require/bee.html

上記URLは輸出国の検疫条件でした。では国内はというと、

輸入みつばちの検疫要領
http://www.maff.go.jp/aqs/hou/attach/pdf/96-42.pdf
「(1)家畜防疫官は、みつばちを輸入した者からの届出又はみつばちの送付を受けた通関局から、その旨の通知を受けたときは、当該みつばちについて、次の検査を行うもの とする。 」

とあり、サル彦さんがご指摘されたように、2017年の検査が2件/200万匹というのはあまりにも…
こちらも”まともなサーベイランス”が欠落しているように思います。ヒトの感染症から考えると、余りにも意識が低いのではないでしょうか。

ここで言う、みつばちの健康状態とはどのような状態でしょうか?外観チェックだけなんでしょうか?
アカリンダニの問題だけではなく、今後もその他の外来生物の侵入問題が発生しうるかもしれないので、検査体制を改めて頂きたいですね。

ところで在来種の認知度はどうなのでしょう。
国内にはニホンミツバチという在来種がいると、防疫に携わっている方々は把握されているのでしょうか?
絵本を見ても図鑑を見てもそうですが、ミツバチと言えばセイヨウミツバチの方が圧倒的に知られています。
仮に、ニホンミツバチというミツバチがいると知らなければ、影響を与えるなんて思いもよらないでしょうね。



[37346] Re:[37345] 24群目 投稿者: 投稿日:2019/06/11(Tue) 22:02 [返信]  

> > >  昨日も第二蜂場で分封あり。表玄関横の待ち箱に入居と思いきや、一握りのお泊まり蜂を残して居なくなりました。
> >
> >  今朝8時前に、再び大群が押し寄せ入居となりました。
>
>  午前10時過ぎ、第二蜂場で孫分封があり、木小屋軒下の待ち箱に押し寄せました。

 少群です。



[37345] Re:[37344] 24群目 投稿者: 投稿日:2019/06/11(Tue) 22:01 [返信]  

> >  昨日も第二蜂場で分封あり。表玄関横の待ち箱に入居と思いきや、一握りのお泊まり蜂を残して居なくなりました。
>
>  今朝8時前に、再び大群が押し寄せ入居となりました。

 午前10時過ぎ、第二蜂場で孫分封があり、木小屋軒下の待ち箱に押し寄せました。



[37344] Re:[37343] 24群目 投稿者: 投稿日:2019/06/11(Tue) 21:57 [返信]  

>  昨日も第二蜂場で分封あり。表玄関横の待ち箱に入居と思いきや、一握りのお泊まり蜂を残して居なくなりました。

 今朝8時前に、再び大群が押し寄せ入居となりました。



[37343] 24群目 投稿者: 投稿日:2019/06/11(Tue) 21:55 [返信]  

 昨日も第二蜂場で分封あり。表玄関横の待ち箱に入居と思いきや、一握りのお泊まり蜂を残して居なくなりました。


[37342] Re:[37341] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者: 投稿日:2019/06/11(Tue) 21:03 [返信]  

> 実体顕微鏡が届きました。

おおっ!博士が、ついに本気モードになりましたね ^^;
頑張れ〜っ



[37341] Re:[37328] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/11(Tue) 19:27 [返信]  

> ふ〜む・・・・・(汗)。
> 取り敢えず実体顕微鏡かな〜?。

実体顕微鏡が届きました。とてもリーズナブル価格、私に使いこなせるかなあ??(汗)。



[37339] Re:[37338] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者: outsiders 投稿日:2019/06/11(Tue) 16:02 [返信]  

> 大きな声では言えませんが県内の転飼は検査をしていない県があります。  猿

なるほど、蜂蜜の法的解釈と蜂蜜類の法的根拠では、天と地の違いがありますから、ひたすらロビー活動にいそしむ業界大手の建前と本音は、行政施策までも腐らせると言うことですか。。



[37338] Re:[37337] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:山猿@伊予 投稿日:2019/06/10(Mon) 19:57 [返信]  

>転飼に当たり行なわれる家保の検査の徹底

大きな声では言えませんが県内の転飼は検査をしていない県があります。  猿



[37337] Re:[37332] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/10(Mon) 12:57 [返信]  

> 当地では未だ発生していませんが、そのようですね。
> 今回ONOさんのところを検査した家保が、どのような報告書を出すのか、期待するところです。

いつまでも侵入しないよう願っています。ダニ被害拡大には、自然拡大もあるのでしょうが、セイヨウミツバチの転飼、蜂群の輸入に侵入の大きな原因があるようなので、せめてそのあたり、転飼に当たり行なわれる家保の検査の徹底、ミツバチの輸入に際しての検疫の徹底、をお願いしたところですね。汚染国からの輸入禁止はもうされているのでしょうか?。

そうそう、怖いのは、今回分かった、全く正常な活動をしている群に侵入されているケースが多いことです。今回、ダニ侵入が確認された三群、かなり高い率で侵入されているのに、一見何の問題もなさそうに見えます。なので対策は採蜜後でいいのかなあ、などと考えたり、この油断が命取りになるかもなあ、と思ったり・・・。



[37336] Re:[37331] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/10(Mon) 12:38 [返信]  

> それらの輸入ミツバチが全国?に販売され、転飼で移動、越冬地や定飼地の近隣のミツバチ(ニホンミツバチを含む)を汚染、・・・。

セアカコケグモやヒアリ、かなり以前に問題になったミバエなど、水際対策で問題になったものは結構あると思うのですが、アカリンダニが問題になったニュースは聞きません。かなりお粗末な水際対策だったんですねえ。

同じ産業動物でもミツバチに関しては牛や馬と比べると比較にならないほど優先順位は低いのでしょうか。家保の方のミツバチに関する業務量も他の動物に比べて極端に少ないようです。そのあたりを思うと、現在のミツバチを取り巻く問題は、起こるべくして起こった、という印象を受けます。

問題は、アカリンダニがセイヨウミツバチで見つからないことが多く(前田さんの調査)、症状も出にくい?ことがあることでしょう。その原因には多分、アピバールなどダニ駆除剤の効果があるらしいとは聞きますが、詳しくはまだ解明されていない?。そうなるとこのニホンミツバチで大問題となっている対策が、どんどん遅くなるのではないかという心配も頭をもたげて来ます。

私がニホンミツバチに興味を持った初めのころ、佐々木正巳先生の著書だったよう気がするのですが、東南アジアに赤リンダニが侵入し、東洋ミツバチに壊滅的な打撃を与えている、という記載があり、日本に侵入しないよう細心の注意が必要と指摘されていました。ですから日本で初めにアカリンダニ被害が出るかなり以前から、アカリンダニ対する警告は出ていたはずです。

水際対策、甘すぎたのですね。



[37335] Re:[37330] 盛り上げの様子 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/10(Mon) 12:16 [返信]  

>  盛り上げは10p強と、思ったより順調なので今後が楽しみです(おそらくですが、7月中旬前後に採蜜出来そう・・・)

盛り上げ巣の蜜は花粉の混じらないきれいな蜜が採れるとか。セイヨウミツバチの隔王板から上の貯蜜巣のようなものなのでしょうか。採蜜が楽しみですね。



[37334] 製材 投稿者: 投稿日:2019/06/09(Sun) 21:53 [返信]  

 来年の巣箱用にチェンソー製材を始めました。
 冬に伐採した60年生杉です。
 古いチェンソーながら、スチールMS260が活躍しています。



[37333] Re:[37323] 22群目 投稿者: 投稿日:2019/06/09(Sun) 21:49 [返信]  

> 10群目入りました。大群です。

 孫分封群ですね。

 第二蜂場で孫分封があり、木小屋軒下の待ち箱に入ってくれました。

 23群目の大群です。



[37332] Re:[37331] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者: 投稿日:2019/06/09(Sun) 16:04 [返信]  

> アカリンダニの蔓延は、終息の兆しは見えません。
> それらの輸入ミツバチが全国?に販売され、転飼で移動、越冬地や定飼地の近隣のミツバチ(ニホンミツバチを含む)を汚染、・・・。

当地では未だ発生していませんが、そのようですね。
今回ONOさんのところを検査した家保が、どのような報告書を出すのか、期待するところです。



[37331] Re:[37328] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:サル彦 投稿日:2019/06/09(Sun) 13:43 [返信]  

アカリンダニの蔓延は、終息の兆しは見えません。日本でのアカリンダニ侵入の問題は、2011年には指摘されていました。

https://www.researchgate.net/publication/51682597_Infestation_of_Japanese_Native_Honey_Bees_by_Tracheal_Mite_and_Virus_from_Non-native_European_Honey_Bees_in_Japan

その中でも汚染国として想定されている国からの輸入に、まともな検疫がなされた形跡がありません!

税関(財務省管轄)の広報:
http://www.customs.go.jp/tokyo/content/toku3002.pdf
「国(地域)別の全国の輸入数量(匹)を見ると、2012年から2014年までオランダからの輸入が第一位でしたが、2015年から急激に減少し、これに替わって、スロバキアからの輸入が急増し、2017年(約200万匹)は第一位となっています。」

2017年、200万匹!

そのうち、検査が行われた件数は2件のみ

動物検疫統計(農水省管轄):
http://www.maff.go.jp/aqs/tokei/toukei.html
年,月,動物種類,国名,支所・出張所名,輸送形態名,件数,解放数
2017,07,みつばち,スロベニア,関西空港支所,航空貨物,1,398
2017,07,みつばち,スロベニア,関西空港支所,航空貨物,1,447

あとは書類審査だけでパス。

財務省管轄の税関の現場職員は、書類審査だけで仕事を少しでも減らさないと、専門でもない、下手に触ると刺すかもしれないハチには、手を出したがりませんよね。

それらの輸入ミツバチが全国?に販売され、転飼で移動、越冬地や定飼地の近隣のミツバチ(ニホンミツバチを含む)を汚染、・・・。

アカリンダニ問題のほか、スロベニアからの品種、黒っぽいカーニオランは分蜂性の高い品種でもあります。容易に他の品種のセイヨウミツバチと交配して、近年の日本国内のセイヨウミツバチは分蜂性が高くなっていると想定しておくのが当然ということになります。



[37330] 盛り上げの様子 投稿者:BB讃岐 投稿日:2019/06/09(Sun) 10:21 [返信]  

 今年4月の入居群で、盛り上げ箱を設置して二週間経過しました
 盛り上げは10p強と、思ったより順調なので今後が楽しみです(おそらくですが、7月中旬前後に採蜜出来そう・・・)
 もう一群盛り上げしたのですが、こちらは孫分蜂してしまったので盛り上げどころではなくなってしまいました
 



[37329] Re:[37328] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者: 投稿日:2019/06/09(Sun) 08:15 [返信]  

ONOさん
> 香川県の報告書が見つかりました。

拝見しました、情報ありがとうございました。
四国の家保は優秀ですね。
発生原因の病名や対処法までが的確に書かれていますね。

> 前田さんの検査結果と同じで、やはり当地でもアカリンダニは蔓延しています。

アチャ〜ア(>_<)、一難去ってまた一難ですか‥。
根絶するには時間が掛かりそうですね。

追伸:スマホからの投稿なので、誤字脱字はご勘弁を。
今は滋賀県に来ており、明日からは岐阜県です。



[37328] 家畜保健衛生所の検査結果 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/07(Fri) 10:27 [返信]  

> 家保の検査が終わりました。
> 結果はそれほど時間がかからず出るようです。そして、家保でアカリンダニの侵入が確認された時点で「届け出」があったとすることに留意してください、とのことでした。


> 家保の検査が終わりました。
> 結果はそれほど時間がかからず出るようです。そして、家保でアカリンダニの侵入が確認された時点で「届け出」があったとすることに留意してください、とのことでした。

結果が出ました。検査した3群はかなり高い率でカリンダニの侵入があり、心配した一群でも一頭(匹)で確認。

前田さんの検査結果と同じで、やはり当地でもアカリンダニは蔓延しています。

家保は今回の調査のように徘徊蜂が出ていない場合でも(症状がでていなくても)感染と判定したようです。後程詳しく報告いただけるそうです。

ふ〜む・・・・・(汗)。
取り敢えず実体顕微鏡かな〜?。



[37326] Re:[37324] 家保 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/06(Thu) 10:44 [返信]  

> なので症状の出ていない患畜は基本、問題なし、検査不要と判断されるのかな?というのが来て頂いた時の印象でした。

そうですね。徘徊蜂がいない(メントール投与)群の蜂をみて、「元気ですねえ。」と言われ、大きく成長した巣箱の中の巣を見て驚かれていました。まあ、そりゃアカリンダニが確認されていない群なのでねえ(汗)・・・この時点ではこの群も検査していただけると思ってました・・・・・が・・・、目視だけでした。

> 薬が認可されていないから予防医学が成り立たない?飼養者としては早めに対応したい。だけど症状のない患畜に処方できない?

ですね。なので状況を見るに忍びない飼養者は緊急避難的に自衛対策を採らざるを得ない、とうことになるのでしょう。
 
> 診断の線引きはどこなのか?アカリンダニの”存在”なのか?徘徊行動や羽根の異常といった”症状”なのか?総合なのか…?
> 担当された獣医師さんの考えに左右されそうですね。

希望的にはアカリンダニの”存在”で行ってもらいたいところですが、どうも後者のお考えの方が多そうです。もしかしたら、アカリンダニ検査共通マニュアルが各家保にあるのかもしれませんね。

> 法は和洋の区別をしていないのに、蜜蜂種差別?ひいては飼養者差別? 
> 管轄によって法解釈が違うのでは小学生が習う法の下の平等から外れてしまい変では…?

おそらくですが、獣医さんの認識ではセイヨウミツバチは産業動物(経済活動があるのが普通なので)、ニホンミツバチは主に趣味養蜂(経済活動がないことが多い)なので、産業動物には含まれていない??。

まあ、法律はその適用や解釈にあたって、(正当な理由が存在すれば)その文言どおりにならないことも多々あるので一概にはいえないようです。でもそれなら、区別する正当な理由が知りたいところですね。



[37325] Y腐蛆病 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/06(Thu) 10:16 [返信]  

> 香川県の家保の方はその後、BBさんの調査結果を整理し報告書にまとめ、提出されていました。愛媛の家保さんはどうしたんでしょうね?、そのような報告書は私の目に触れることはありませんでした(どこかにはあるんでしょうねえ・・)。

香川県の報告書が見つかりました。
hhttps://www.pref.kagawa.lg.jp/chikusan/eisei/H25/25-6.pdf



[37324] Re:[37313] 家保 投稿者:つばき@松山 投稿日:2019/06/05(Wed) 21:21 [返信]  

> 家保ではアカリンダニ検査の場合、基本的には徘徊蜂が出ている群から検体を採取するようですね。

家保から派遣されるのは獣医師さんなので、病気かどうか、アカリンダニ”症”なのかどうかを診断されます。
なので症状の出ていない患畜は基本、問題なし、検査不要と判断されるのかな?というのが来て頂いた時の印象でした。
薬が認可されていないから予防医学が成り立たない?飼養者としては早めに対応したい。だけど症状のない患畜に処方できない?
診断の線引きはどこなのか?アカリンダニの”存在”なのか?徘徊行動や羽根の異常といった”症状”なのか?総合なのか…?
担当された獣医師さんの考えに左右されそうですね。

法は和洋の区別をしていないのに、蜜蜂種差別?ひいては飼養者差別? 
管轄によって法解釈が違うのでは小学生が習う法の下の平等から外れてしまい変では…?

身近な(?)問題に置き換えてみましょう。例えばBB讃岐さん、ONOさん、つばきの3人の所に地割れが起きたとします。
四国には世界第一級の断層、中央構造線がありますね。被害を受けた方は国から補償されるとあり、被害はどんぐりの背比べ。
2人の所には法に則り被害状況に合わせて補償されるも、1人の所は補償されなかった…理由は担当者の裁量?!
んんー?やっぱり変です。



[37323] Re:[37320] 22群目 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2019/06/05(Wed) 12:27 [返信]  

10群目入りました。大群です。


[37322] Re:[37313] 山火事 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/05(Wed) 12:18 [返信]  

> 全群検査も考えていました。でも上記の状況なので、全群検査のお願いは無理と判断し、諦めました。

ふと気づきました。家保の検査は原則的には有料なんでしょうね。アカリンダニ検査は届け出伝染病なので検査が無料・・・。おそらく、そういうことなんでしょう。



[37321] Re:[37317] マムシ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/05(Wed) 12:14 [返信]  

>  こやつもコンテナ等で高上げしている巣箱の前で潜んでいるのを良く見かけます

家にもいます。本当にふてぶてしく見え、どうやら近くに棲みついているようで、毎年見かけます。



[37320] Re:[37319] 22群目 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2019/06/04(Tue) 20:48 [返信]  

>  孫分封が始まっています。今日は、第三蜂場で孫分封があり、300mほど離れた第五蜂場の待ち箱に入居しました。真夏日で気温が高く、まとまりが悪いですが大群です。

こちらも数十匹の蜂が巣門あたりで騒いでいるので動画撮影しましたが本隊はまだでした。他の蜂場にも入居傾向ありです。越冬群のそばを通ったらしつこく追いかけられ刺されそうでした。もしかして女王不在?



[37319] 22群目 投稿者: 投稿日:2019/06/04(Tue) 20:33 [返信]  

 孫分封が始まっています。今日は、第三蜂場で孫分封があり、300mほど離れた第五蜂場の待ち箱に入居しました。真夏日で気温が高く、まとまりが悪いですが大群です。


[37318] Re:[37311] 山火事 投稿者:BB讃岐 投稿日:2019/06/04(Tue) 11:54 [返信]  

> 正直なところ本当の所はどうなのかわかりません。でも印象的には、洋蜂と和蜂を、養蜂によって収入を得ているかどうかという点で区別し、認識しているのかな?と思いました。(認識不足?)

 伝染病予防法の補償の条項を読んでいないので、うかつな事は言えませんが、私もONOさんと同様な気がしました
 私の場合は数が半端無く、数群程度で有ったら相手にはされなかったかも?



[37317] Re:[37309] マムシ 投稿者:BB讃岐 投稿日:2019/06/04(Tue) 11:44 [返信]  

> BB讃岐さんの方は、アカリンダニですか?蜂児捨てですか?
 徘徊蜂なのでアカリンという事になるのでしょうか

 話は変わりますが、本日はコヤツ
 BB畑で這いずり回りながら雑草取りをしていると株元に・・・
 昨日(マムシ)の後の本日でしたから、見つけた時一瞬ですが背筋がヒャッ―と
 こやつもコンテナ等で高上げしている巣箱の前で潜んでいるのを良く見かけます




[37316] Re:[37314] 山火事 投稿者: 投稿日:2019/06/04(Tue) 00:11 [返信]  

> 間違えました。ハチクマです。

ハッハハハ!( ^ω^)と、思いましたよ。

> 梅の実の蜂蜜漬けは疲れた時や暑い日に水で割って氷を入れて飲みます。

左側から「1日目の梅ジュース」「2日目の梅ジュース」「4日目の梅サワー」「4日目の蜂蜜梅ジュース」です。

> 熟して甘い香りのする色付いた実を使っていました。

色付いた実なら、梅ジャムができますね。
先ほどまで、この梅ジャムを作っていました。
無農薬・無添加の梅ジャムは、安心・安全 最高です。ヽ(^g^)/



[37315] Re:[37305] 採蜜7 投稿者: 投稿日:2019/06/03(Mon) 23:47 [返信]  

>  今日は、第三蜂場の1群を採蜜しました。巣板も薄く、貯蜜の無い巣房も有ります。

 糖度は合格でした。



[37314] Re:[37306] 山火事 投稿者:つばき@松山 投稿日:2019/06/03(Mon) 22:05 [返信]  

広さん

間違えました。ハチクマです。

梅の実の蜂蜜漬けは疲れた時や暑い日に水で割って氷を入れて飲みます。
熟して甘い香りのする色付いた実を使っていました。蜂蜜漬けの実も美味しく頂けますよ。



[37313] Re:[37311] 山火事 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/03(Mon) 17:42 [返信]  

> 今日、家保が検査に来ます。

家保の検査が終わりました。
検体を採集したのは前田さんから、感染が確認されたというご報告を頂いた3群+私が希望した1群、計4群です。

家保ではアカリンダニ検査の場合、基本的には徘徊蜂が出ている群から検体を採取するようですね。今回検査に来ていただいた群に徘徊蜂は出ていません。なので、検体を採取するかどうか、迷われた印象がありました。(前田さんの検査結果では徘徊蜂が確認できない群で感染確認があります。)検体を採取しない群は目視観察をされていました。

前田さんのご報告がなければ、おそらく検体の採取はなかったのではないでしょうか。

結果はそれほど時間がかからず出るようです。そして、家保でアカリンダニの侵入が確認された時点で「届け出」があったとすることに留意してください、とのことでした。

その他、地域のミツバチに関する疾病情報、アカリンダニなどに対する対策情報等は残念ながらお聞きすることはできませんでした。来られた獣医さんは豚や鶏にはお詳しいのですが、ミツバチには余りお詳しくないそうで、ミツバチ検査も年に一回あるかどうか、あっても転飼に関しての検査、ということでした。

全群検査も考えていました。でも上記の状況なので、全群検査のお願いは無理と判断し、諦めました。



[37312] Re:[37307] マムシ 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/03(Mon) 11:01 [返信]  

>  待ち箱の様子を見に行ったら、居ましたねぇ〜
>  入居していたら多分気付かずに・・・、と思うとぞっとしますね

こいつはミツバチの巣箱があるところが棲みやすいところみたいで、もう何度も遭遇しました。枯れ葉の中にいると本当にわかりづらいので怖いですねえ。



[37311] Re:[37302] 山火事 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2019/06/03(Mon) 10:59 [返信]  

> なので、ONOさんの話はなんだか変だな〜と。担当者の認識不足のようが気が??

正直なところ本当の所はどうなのかわかりません。でも印象的には、洋蜂と和蜂を、養蜂によって収入を得ているかどうかという点で区別し、認識しているのかな?と思いました。(認識不足?)

今日、家保が検査に来ます。



[37310] Re:[37308] 鮎漁解禁 投稿者: 投稿日:2019/06/03(Mon) 09:46 [返信]  

芝さん、息災のようで、何よりです。

> 今年は、今の所 駄目です・魚体も小ぶりですし、漁獲量も極端に少ない

新年を迎えたと思ったら、もうこの季節になりましたか、時の経つのは早いですね。
この時期、形は鮎でも解禁当初は香りも味もイマイチですよね。

σ(^^)は梅雨を明けてから竿だしをします。
近場の河川は砂利採りをして以降、鮎の成育が不評のようで、
上流域の漁協の鑑札を受けて、綺麗な川で鮎を楽しんでいます。
土地の持ち主に駐車させてもらうお礼として、昨年は菓子折り、今年は蜂蜜でも持って行こうかな?



[37309] Re:[37307] マムシ 投稿者: 投稿日:2019/06/03(Mon) 09:08 [返信]  

>  待ち箱の様子を見に行ったら、居ましたねぇ〜

私も今年1回、蜂場で出会っちゃいましたよ。
これからの季節は、マムちゃんやマダニなど、草むらに入る時には要注意ですね。

>  旧女王が捕獲出来れば病気等の耐性群かどうか

BB讃岐さんの方は、アカリンダニですか?蜂児捨てですか?
σ(TgT)は10年前に蜂児捨てを経験し、2年間は不毛の地でしたね。
アカリンダニは未だなので、来ないように…なむなむ



[37308] 鮎漁解禁 投稿者: 投稿日:2019/06/02(Sun) 19:13 [返信]  

今日 松山の小玉さん(坊ちゃん)から電話有りました
鮎漁は今年の様子は如何ですか・と言う問い合わせ
今年は、今の所 駄目です・魚体も小ぶりですし、漁獲量も極端に少ない・と返事しました。参考までに
  芝




記事No 削除キー

- ClipBoard Antispam Version -