井戸端会議
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [ワード検索] [管理用]



[36245] Re:[36244] 奇妙な群 投稿者:四国中央 投稿日:2018/06/23(Sat) 17:47 [返信]  

> 石川さん お元気ですか お懐かしいです
> 奥さんにも会いたいなー
> 私も95歳に為りました。
>    芝
芝さん 気にかけて頂き有難うございます。
私も芝さんに附いてゆくよう頑張っていますよ。仕事は後継者がやってくれているので趣味の生きものがかりです。今は母親を亡くした2匹の赤ちゃんヤギを哺乳瓶で育てています、可愛いです。友人に勧められて土佐金魚も飼い始めましたが面倒です。認知症の予防になればと思っていますが芝さんを目指して頑張ります。芝さんお願いだからあと10年いや20年いきてください。



[36244] Re:[36241] 奇妙な群 投稿者: 投稿日:2018/06/23(Sat) 15:14 [返信]  


> > 復活、期待できますね。
> ONO博士なんとか7郡 確保しました、全て自然入居です。回復の兆し大です。.

石川さん お元気ですか お懐かしいです
奥さんにも会いたいなー
私も95歳に為りました。漁業組合や部落の要職も全部辞退しまして、退屈な日々を送って居ります。東京に居る子供も高知の県職の子供たちも定年に間も無く為ります
私もボケないまでも、我が世終わった・・と覚悟を決めて居ります・出無精に為りまして自分の車で高知に行くことも嫌に為りました・ましてはオフ会出かけて皆さんにお会いすることも・・
止せば良いのに、退屈紛れに洋蜂飼育を始めまして苦労して居ります・・ストレスの溜まる事ばかりです
子供が退職して、私をオフ会に連れて行く・・様に為れば至福の事態ですけれど、
皆さんの健康を祈ります
   芝




[36243] 逃去 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/22(Fri) 21:06 [返信]  

一昨日採蜜した群が昨日逃去。残った巣脾に小さいスムシがいっぱい。夏分封待ち受け箱に小さいのが二つ入居のようです。逃げっ蜂と来るっ蜂。探索蜂もうろうろ。あー、忙しい。


[36242] Re:[36241] 奇妙な群 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/22(Fri) 12:54 [返信]  

> ・・・んとか7郡 確保しました、全て自然入居です。回復の兆し大です。.

四国中央さん、こんにちは。

えっ!?、7群ですか。いい傾向ですね。しかも自然入居とは。力を入れていたらもっと捕れたかもしれませんね。
不作期間が短くて済みそうでよかった。私方の不作期間は嫌になるほど長かったような気がします「。
いや〜、よかった(笑)。



[36241] Re:[36240] 奇妙な群 投稿者:四国中央 投稿日:2018/06/22(Fri) 11:54 [返信]  

> > たくさんの群はお守りができないので現在5群ですがこれ以上増やさないようにします。採蜜も不慣れなためあまりたくさんの蜜は採れません。
>
> でも経験を積めば間違いなくたくさんハチミツが採れるようになると思います。そうなるといいですね。

> > 確かに30キロほど先で継続して群を維持しておられる方も見えます そこでは今年たくさんの分蜂があったそうなのでいずれこちらにも広がってくるのを楽しみに待っています
>
> 私と四国中央さんの距離とほぼ同じでしょうか。私の地域で復活の兆しがある一方、四国中央さんの地域は今までにないほどの不作だそうです。私の地域で不作が続いたころあちらはずっと豊作、なんだかシーソーゲームのような印象 でした(汗)。
>
> 復活、期待できますね。
ONO博士なんとか7郡 確保しました、全て自然入居です。回復の兆し大です。.



[36240] Re:[36238] 奇妙な群 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/21(Thu) 17:00 [返信]  

> たくさんの群はお守りができないので現在5群ですがこれ以上増やさないようにします。採蜜も不慣れなためあまりたくさんの蜜は採れません。

でも経験を積めば間違いなくたくさんハチミツが採れるようになると思います。そうなるといいですね。

> 確かに30キロほど先で継続して群を維持しておられる方も見えます そこでは今年たくさんの分蜂があったそうなのでいずれこちらにも広がってくるのを楽しみに待っています

私と四国中央さんの距離とほぼ同じでしょうか。私の地域で復活の兆しがある一方、四国中央さんの地域は今までにないほどの不作だそうです。私の地域で不作が続いたころあちらはずっと豊作、なんだかシーソーゲームのような印象 でした(汗)。

復活、期待できますね。



[36239] Re:[36237] 本家8ちゃんねるの皆様 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/21(Thu) 10:22 [返信]  

> 8ちゃんねるで当初からお世話になっている、四国の方たちにお会いできるのを楽しみにしています。

jiiji@横浜さん、こんんちは。
はい、お待ちしています。体のメンテナンスをしっかりしていただき、万全の態勢でお出で下さい。今回は淡路島の皆様にお世話になります。淡路島の実皆様、大変でしょうがよろしくお願いします。もしお手伝いできることがあればご協力します。



[36238] Re:[36236] 奇妙な群 投稿者: 投稿日:2018/06/20(Wed) 21:56 [返信]  

ONO@愛媛さま
お気遣いありがとうございます

> セイヨウミツバチは貯蜜量が半端ないそうですから、楽しみですね。私も興味があります。でも管理が十分でないといけないので難しそうです。

たくさんの群はお守りができないので現在5群ですがこれ以上増やさないようにします。採蜜も不慣れなためあまりたくさんの蜜は採れません。

> こちらは復活の兆しが顕著です。無責任なことは言えませんが、そちでも復活してくれると信じたいですね。

確かに30キロほど先で継続して群を維持しておられる方も見えます そこでは今年たくさんの分蜂があったそうなのでいずれこちらにも広がってくるのを楽しみに待っています



[36237] 本家8ちゃんねるの皆様 投稿者:jiiji@横浜 投稿日:2018/06/20(Wed) 12:57 [返信]  

伊豆で今年の春入居してくれた2群は順調に育っていましたが、6月になり横浜に帰り、現在は9月の淡路オフ会に出席できるように、東京・白金のいつもの病院で体のメンテナンスをしています。
8ちゃんねるで当初からお世話になっている、四国の方たちにお会いできるのを楽しみにしています。



[36236] Re:[36230] 奇妙な群 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/20(Wed) 11:12 [返信]  

こんにちは。

> 日本ミツバチが0群なので一瞬期待したのですが残念です

あれ、やっぱり。申し訳ありません。
多くの皆さんがご存じのことですが、ニホンミツバチとセイヨウミツバチの一時的な混棲群は、女王蜂の操作で作り出すことができるそうです。ニホンミツバチ群にセイヨウミツバチ女王、その逆パターンにするとできるとか。でも異種働きの寿命が尽きると女王蜂の種の単一群にもどるんだそうですね。

>  日本ミツバチがいないのでセイヨウミツバチを大事に飼っています

セイヨウミツバチは貯蜜量が半端ないそうですから、楽しみですね。私も興味があります。でも管理が十分でないといけないので難しそうです。以前飼おうとしたことがありましたが
情けないことに当然のように失敗しました。

> 早く日本ミツバチが復活してくれるのを楽しみにしています

こちらは復活の兆しが顕著です。無責任なことは言えませんが、そちでも復活してくれると信じたいですね。なにしろ何十万年もの期間、絶えず訪れたであろう危機を自力で克服してきたミツバチたちですから少々のことではへこたれない・・・はずです。



[36235] Re:[36232] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/20(Wed) 10:31 [返信]  

> 翌年には遊び心満タンのこんなものも・・・。

もちろん、あのような絵は描いてありません(笑)。
巣箱全体はこんな感じでした。巣門部はドア形式・・・でもまあ、我ながらよくこんなものを作ったものです。今振り返ると驚きです。

うん?そうそう、この巣箱を見て、「よくそんな物を作るなあ・・、蜂が入ってなんぼ、蜜が取れてなんぼだよ。」と冷めた目で見てる方もいました。ねえ、〇猿さん「(汗)。



[36234] Re:[36233] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/20(Wed) 10:22 [返信]  

上部で給餌などが容易にできる構造・・・、いいと思ったんですが・・。数群管理した経験では、管理はとても楽でした。)


[36233] Re:[36232] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/20(Wed) 10:18 [返信]  

> 翌年には遊び心満タンのこんなものも・・・。

簀の子の改良天板



[36232] Re:[36231] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/20(Wed) 10:16 [返信]  

> 調べてみると上部全面網張り重箱を作ったのは2005年(13年前)でした。この巣箱以前には、ラングストロス型巣箱で数群管理した経験がありました。

翌年には遊び心満タンのこんなものも・・・。



[36231] Re:[36229] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/20(Wed) 10:14 [返信]  

>上部全面網張り開放型蓋を作ったのはずいぶん前、15年くらい前でしょうか。使用結果は良好、でも待ち桶として使えないのと、ミツバチ事情の悪化がネックになっていつの間にか・・・。

調べてみると上部全面網張り重箱を作ったのは2005年(13年前)でした。この巣箱以前には、ラングストロス型巣箱で数群管理した経験がありました。



[36230] Re:[36227] 奇妙な群 投稿者: 投稿日:2018/06/19(Tue) 17:59 [返信]  

> ニホンミツバチに似たミツバチも、体長などからするとセイヨウミツバチではないでしょうか?>
>
返信 ありがとうございます
日本ミツバチが0群なので一瞬期待したのですが残念です

この地区ではセイヨウミツバチを柿の交配に使っていますので5月から6月にかけて分蜂群が空箱に入ってきます 今年は3群入ってきました 日本ミツバチがいないのでセイヨウミツバチを大事に飼っています
早く日本ミツバチが復活してくれるのを楽しみにしています



[36229] Re:[36212] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/19(Tue) 11:23 [返信]  

私の自宅にいる群の蜂児捨てはほぼ終息したように見えます。皆さんのお話でも終息傾向もしくは終息とのことですから、自然終息も期待できるようですね。なにはともあれ、いい傾向のように思います。

> 私たちはどういう巣内環境がいいのか?、そのような巣内環境を維持するにどうすべきなのか?、などにもっと注意を払うべきなのかもしれませんね。・・・・・難しい課題です。

上部全面網張り、開放型重箱巣箱は、従来の角洞、丸洞などでみられた巣箱内の過湿状況を改善しようと試みたものです。管理人さんからは本当にいろいろご指導を頂きました。そうしたお話から、巣箱内の過湿状態は巣内環境としてはかなり好ましくないと判断、山猿さんの巣箱持ち上げ対策と、四国中央さんのトリカルネット取り付け対策を合わせ技として実施することにより、その目的を達成しようとしたものです。

もうすでに、巣箱持ち上げ対策、トリカルネット取り付け対策は、巣内環境の改善やスズメバチ対策でその効果は実証済みなので、この上部全面網張り開放型蓋の考案で巣内環境の改善は飛躍的に進む・・・と思っているのですが。上部全面網張り開放型蓋を作ったのはずいぶん前、15年くらい前でしょうか。使用結果は良好、でも待ち桶として使えないのと、ミツバチ事情の悪化がネックになっていつの間にか・・・。



[36228] Re:[36216] 夏分蜂 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/19(Tue) 10:55 [返信]  

> クニちゃん、この群は自宅に持って帰りたいので、暗くなるまでここに置いておく、とのこと。収容後は落ち着いた様子が続いていましたので、多分大丈夫だとは思うものの、そこは夏分蜂、逃げる可能性は否定できないですよね。クニちゃんもその時はしゃあないなあ、と鷹揚に構えています(笑)。

で〜・・・・この群は自宅に持ち帰った翌日夕方までには逃げてたそうです(汗)。一番可能性が高かったのは、探索蜂が多くいる収容した現場の当日だと思っていました。

翌日、分蜂現場から少なくとも6km以上離れた場所で逃げるとは・・・、夏分蜂、思った以上手ごわいです。

クニちゃん?、「アハハ、巣箱が気に入らなかったんじゃろなあ、しゃあないなあ。」と言ってました(汗)。



[36227] Re:[36226] 奇妙な群 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/19(Tue) 10:44 [返信]  

>・・・よくよく見ているとニホンミツバチと洋蜂が同居しているような奇妙な群れです。

こんにちは。

ニホンミツバチに似たミツバチも、体長などからするとセイヨウミツバチではないでしょうか?>

セイヨウミツバチにも種類があり、最も知られていて、一般的にセイヨウミツバチといえば、腹部に黄色味が目立つイタリアン種です。他にもカーニオラン種、コーカシアン種など、腹部が黒色系の種がいます。

養蜂業界では、カーニオランなどイタリアン以外の種の導入もあるようですが、実際に飼育していると自然交配が避けられないのでイタリアン種などとの交配が進み(純粋種を得るためには人工授精が必要?)、結果的に雑種が増え、現在とても多くの雑種群が日本にいるそうです。(管理人さんからお聞きしたお話+ネット情報)

そうした雑種群の場合、一定の割合で原種の形態をもつ個体が出現するので、一見、イタリアン種のなかに黒色系のカーニオラン種が混在しているかのように見える状況になるようです。

折角のとても面白い話題なのに、そこに水を差すようなことをしてしまいました。申し訳ありません。でも、もしそうだとしても、この雑種群はとても優秀な群でしょうから楽しみですね。

こちらでも、昨日、蜂場見回りをした山猿さんが「3群ほどセイヨウミツバチの入居があった。」とおっしゃってました。私の蜂場ではセイヨウミツバチの入居はありませんが、もし入ったら本格的に飼育してみようかなあ・・・、な〜んて(笑)。



[36226] 奇妙な群 投稿者: 投稿日:2018/06/19(Tue) 06:19 [返信]  

みなさんご無沙汰しています
一週間ほど前に自宅駐車場に置いてある日本ミツバチ用の空き箱に自然入居した群ですが、最初はお尻が黄色でしたので洋蜂と思い洋蜂用の箱に移したのですがよくよく見ているとニホンミツバチと洋蜂が同居しているような奇妙な群れです。



[36225] 孫分封初捕獲 投稿者: 投稿日:2018/06/18(Mon) 22:39 [返信]  

 午後2時、第二蜂場で孫分封があり、軒下待ち箱の間にしばらく固まっていましたが、歩いて入居してくれました。22群目の捕獲です。


[36224] 地震 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/18(Mon) 12:33 [返信]  

大きな地震がありました。
地震に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。
被害が大きくならないことを願ってやみません。



[36223] Re:[36222] 子だし 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/17(Sun) 21:53 [返信]  


蜂児捨てがやや収まったかに見えます。昨年入居群の土台に使っていた檜の切り株をプラスチックのサザエ篭に替え採蜜し汚れた余分な継ぎ箱を撤去しました。4方向から出入りでき通気性は良くなったと思います。昨年入居の残り3群も近いうちに採蜜です。スムシの小さいのが結構いました(-_-;)



[36222] Re:[36221] 子だし 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/17(Sun) 09:24 [返信]  


>  病気やダニは確認されていませんが、3km以上離れた場所に第七蜂場を造り転居させました。
>
>  翌日から子出しも成蜂の死も止んでいます。
ええー、そうなるんですか?遷宮ですね。



[36221] Re:[36220] 子だし 投稿者: 投稿日:2018/06/16(Sat) 21:40 [返信]  


>  第四蜂場の1群で子出しが始まり、間もなく成蜂まで死に始めました。

 病気やダニは確認されていませんが、3km以上離れた場所に第七蜂場を造り転居させました。

 翌日から子出しも成蜂の死も止んでいます。



[36220] Re:[36219] 子だし 投稿者: 投稿日:2018/06/16(Sat) 21:35 [返信]  


> 貴重な情報、写真をありがとうございます。勉強になります。

 第四蜂場の1群で子出しが始まり、間もなく成蜂まで死に始めました。



[36219] Re:[36218] 子だし 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/15(Fri) 18:13 [返信]  

> 2008年・・・二年連続でした。時期は7〜8月。
>
貴重な情報、写真をありがとうございます。勉強になります。



[36218] Re:[36217] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/15(Fri) 17:46 [返信]  

> > 私の経験では、巣箱前や底板にもがき苦しむ大量の蜂が出て、やがて群が崩壊したことがありました。これなどが典型的な有機リン剤農薬の影響だったのかな?、と思っています。
>

2008年・・・二年連続でした。時期は7〜8月。



[36217] Re:[36212] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/15(Fri) 17:45 [返信]  

> 私の経験では、巣箱前や底板にもがき苦しむ大量の蜂が出て、やがて群が崩壊したことがありました。これなどが典型的な有機リン剤農薬の影響だったのかな?、と思っています。

写真は2007年の大量死。ひどいものでした。



[36216] Re:[36215] 夏分蜂 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/15(Fri) 14:12 [返信]  

蜂球があったところにとどまる蜂がやはりいます。春の分蜂期盛期なら放っておいてもやがて巣箱に入るものですが、この蜂たちは頑固に動こうとしません。

そこで、手でこの蜂たちに水をかけてやると、あら不思議、蜂たちは素直に巣箱に入って行きました。

クニちゃん、この群は自宅に持って帰りたいので、暗くなるまでここに置いておく、とのこと。収容後は落ち着いた様子が続いていましたので、多分大丈夫だとは思うものの、そこは夏分蜂、逃げる可能性は否定できないですよね。クニちゃんもその時はしゃあないなあ、と鷹揚に構えています(笑)。



[36215] 夏分蜂 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/15(Fri) 14:00 [返信]  

友人のクニちゃんから、奥さんの実家の群が分蜂して木にぶら下がっている、という連絡があり、急いで駆けつけました。

梅の木の幹にまあまあのサイズの蜂球、チリトリを使いクニちゃん用意の巣箱に収容。蜂たちはまあまあ素直に巣箱に入って行くので、女王蜂は巣箱の中にうまく入っているようです。

でも巣箱に取り付いて動かない蜂や・・・



[36214] Re:[36213] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/15(Fri) 13:53 [返信]  

> 家庭園芸用オルトランDXは有機リン剤とネオニコチノイド(ダントツ)の配合製剤です。

たしかに、オルトランDXの成分は有機リン剤のアセフェートとネオニコ系のクロチアジニンですね。他の商標名オルトランはアセフェート主体なので、蜂に影響があるほどの散布でしたら家庭園芸用オルトランDXではない可能性が高そうです。



[36213] Re:[36212] 子だし 投稿者:outsider 投稿日:2018/06/15(Fri) 11:33 [返信]  

> オルトランは有機リン剤農薬で、残留性の強いネオニコ系農薬のような怖さはないようですが、即効性はあるようです。

家庭園芸用オルトランDXは有機リン剤とネオニコチノイド(ダントツ)の配合製剤です。



[36212] Re:[36210] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/15(Fri) 11:00 [返信]  

> 今日昨年自然入居した強勢群に蜂児捨てを確認しました。40〜50匹です。隣の畑のオルトランが効いているんですかねぇ。

オルトランは有機リン剤農薬で、残留性の強いネオニコ系農薬のような怖さはないようですが、即効性はあるようです。
なのでオルトラン散布の影響は、直接農薬の被曝を受ける成蜂の方に多く出るような気がします。

私の経験では、巣箱前や底板にもがき苦しむ大量の蜂が出て、やがて群が崩壊したことがありました。これなどが典型的な有機リン剤農薬の影響だったのかな?、と思っています。

蜂群に悪影響を及ぼす悪玉菌はどこにいるのか?。
私は迷い蜂などにより他の蜂群から伝染する、と思っていました。ところがどうやら多くの悪玉菌は現場にいる、らしいです。つまり、土中のどこにでもいるということなのでしょう。とすると、巣箱内の環境が悪玉菌の繁殖可能な状態になると、一気に蜂群の健康状態に影響が出る、ということになりそうです。

私たちはどういう巣内環境がいいのか?、そのような巣内環境を維持するにどうすべきなのか?、などにもっと注意を払うべきなのかもしれませんね。・・・・・難しい課題です。



[36211] Re:[36209] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/15(Fri) 10:23 [返信]  

> 育ちつつある幼虫の数と育児をする働き蜂の数のバランスとかが問題?巣箱内の適温維持問題?とかなんでしょうか?

こんにちは。
そういうことは間違いなくあるんでしょうね。

今回の私の群の蜂児捨てについて、私は病原菌等によるものではないか、と疑っていて、「ある対策」=「繁殖力の旺盛な善玉菌による悪玉病原菌等の成長抑制対策」を試しています。

結果はまだまだですが、徐々に蜂児捨てが改善してきているような印象があります。

繁殖力のある善玉菌:シュウドモナス フォンス MS-1株
関心のある方は検索してみてください。まあ、謂わば、ミツバチにも使える「愛媛AI」のようなものなのかもしれません。



[36210] Re:[36209] 子だし 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/13(Wed) 18:29 [返信]  


> 育ちつつある幼虫の数と育児をする働き蜂の数のバランスとかが問題?巣箱内の適温維持問題?とかなんでしょうか?
今日昨年自然入居した強勢群に蜂児捨てを確認しました。40〜50匹です。隣の畑のオルトランが効いているんですかねぇ。



[36209] Re:[36208] 子だし 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/12(Tue) 20:18 [返信]  

> > 私も同じです。いま現在2群で蜂児捨てが起きています。ある対策をして様子を観ていますが、その効果は今のところ出ていません。
育ちつつある幼虫の数と育児をする働き蜂の数のバランスとかが問題?巣箱内の適温維持問題?とかなんでしょうか?



[36208] Re:[36206] 子だし 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/11(Mon) 18:40 [返信]  

> そこそこ大きい群れなのに先日から子出しが見られ、今日扉を開けて掻きだしてみると40匹くらい白い幼虫が底板に落ちていました。がっくり。

近くに蜂群がいると楽しいのですが、心配の種もついてきますね。私も同じです。いま現在2群で蜂児捨てが起きています。ある対策をして様子を観ていますが、その効果は今のところ出ていません。



[36207] Re:[36205] やられました 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/11(Mon) 18:32 [返信]  

> 刺されたあとじたばたしたら海に落ちそうなばしょでオオスズメバチの女王さまに至近距離でホバリングされました。フェロモンが匂ったのでしょう。翌日は男お岩でした。

それはそれは・・・。オオスズメバチが至近距離でホバリングする時は、巣が近いのでそれ以上近寄るな、という警告じゃないのかな?と思っています。そう思うのは、スズメバチがホバリングしている方向と逆の方にそっと後退すると、しつこく追ってこないで去っていくことが多かったからです・・・、違うかな?。



[36206] 子だし 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/11(Mon) 18:01 [返信]  

そこそこ大きい群れなのに先日から子出しが見られ、今日扉を開けて掻きだしてみると40匹くらい白い幼虫が底板に落ちていました。がっくり。


[36205] Re:[36204] やられました 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/11(Mon) 15:20 [返信]  

> > これはアナフィラキシー症状の出る方は絶対に真似しないでくださいね。
刺されたあとじたばたしたら海に落ちそうなばしょでオオスズメバチの女王さまに至近距離でホバリングされました。フェロモンが匂ったのでしょう。翌日は男お岩でした。



[36204] Re:[36200] やられました 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/11(Mon) 11:46 [返信]  

> 夏分封に期待して給餌しているその給餌中に刺されました。

それは大変でした。
ミツバチだけではないですが、一般的に蜂は早く動くものに反応して攻撃してくるらしく、手で蜂を追い払う行為は攻撃を誘発するので厳禁と言われています。また走って逃げるとこれにも反応するらしいです。

なので、巣箱に触れる際は動きをゆっくりするのがいいのかもしれません。

とはいっても、何故なのかわけの分からないまま攻撃を受けることってありますよね。私も何故か群が突然攻撃的な状況になっているケースに遭遇したことはよくあります。

群によってかなり性格(攻撃的・温和)?が違うこともありそうですが、でも大抵は群に何らかの異常があってのことじゃないかな?、と思っています。理由は、いつもは温和なのにある時突然に攻撃的になっていることが多いからなのですが、実際はどうなんでしょう。

例えば、貯蜜が減少している、スズメバチの攻撃があった、巣内の温度変化など巣内環境が急激に変化していた、蜂を潰した、など。

いずれにしろ、一度刺されたら攻撃フェロモンが付き、続けて攻撃を受けるらしいので、追ってくるかもしれませんが、やっぱり逃げるのが一番でしょうね。私は刺されてその後も攻撃を受けるとき、蹲(うずくま)って凌ぐことが多いのですが、しばらくは周りをブンブンいってます。

巣箱に触るときは面布を付けておくのがおすすめ、でも私はめんどくさくて・・・(汗)。まあ、ミツバチを楽しんでいるのだから、刺されることもあるよなあ、で私の場合はやり過ごしています。そうでした、これはアナフィラキシー症状の出る方は絶対に真似しないでくださいね。



[36203] Re:[36197] 採蜜 投稿者: 投稿日:2018/06/10(Sun) 21:52 [返信]  

>
> 本格的な雨の前にと、アクリル製観察枠の採蜜をしました。

 今までで最高の糖度でした。粘度が強く垂らすのが大変でした。



[36202] Re:[36201] 弱小群 投稿者: 投稿日:2018/06/10(Sun) 21:49 [返信]  

> 昨日、小さいのがまたひとつ入りました。

 孫分封が始まりましたね。第四蜂場でも王台が確認できました。2個見えています。



[36201] 弱小群 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/10(Sun) 09:16 [返信]  

昨日、小さいのがまたひとつ入りました。命がつながればいいのですが。4月29日に入った大きな群れは孫分封するのではないかと思うほど蜂数が多くなりました。


[36200] やられました 投稿者:隠岐のイワガキ 投稿日:2018/06/08(Fri) 18:37 [返信]  

夏分封に期待して給餌しているその給餌中に刺されました。眉間を狙ってチクリ、こりゃいかんと逃げるとさらに他のが追いかけてきて大慌てでした。流蜜期にはあまり刺されることはないはずなのに女王蜂に異変があったのでしょうか?先日の探索蜂、どうやら入居が決まったようです。弱小群と思われます。死んだ蜂を3匹がかりで引きずり出していました。迷い蜂を殺したのでしょうか。


[36199] Re:[36198] 迷い蜂? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/08(Fri) 11:30 [返信]  

サル彦さん、コメントありがとうございます。

> この件に関しては、セイヨウミツバチではユーベルの時代から研究されていて、冬越しの準備が始まる頃まで、オス蜂はどの巣に行っても、宿と食事OKの優雅な居候生活ができるのだとか。

はい、私もそういうお話が頭の隅にあったようで、この雄蜂の行動を見てふと思い出しました。どうやらこのお話はニホンミツバチにも当てはまることのようですね。(成長途上の群に雄蜂はいません。)

迷い蜂(働き蜂)のことですが、孫分蜂しそうな強群の巣箱前に死蜂が何度か転がっていました。なので迷い蜂はやはり攻撃されるとみたほうがよさそうです。雄蜂に比べ、働き蜂の掟は甘くない?。



[36198] Re:[36194] 迷い蜂? 投稿者:サル彦 投稿日:2018/06/07(Thu) 22:28 [返信]  

ONO@愛媛さん、ほか皆様

> 今年捕獲した2群を、約1.5m離して置いてあります。
>
> 1群は雄蜂の有穴蓋が沢山出ていて雄蜂の姿もちらほら、そろそろ孫分蜂しそうです。もう1群は、捕獲当初は弱小群で現在まだまだ成長途上。
>
> 何気なく見ていると、帰ってきた雄蜂が成長途上の群に何の迷いもなく入っていきます。うん、雄蜂はあまり巣箱を選ばず入ることがあるというのはこれか、と妙に納得しながら見ていると、今度は同じ成長途上の群から出た働きバチが、孫分蜂しそうな隣の群の巣箱に、これまた何の迷いもなく入って行きます。
>
> えっ!?、これはなんなの?、これが、かの迷い蜂?、・・・ふ〜む、巣箱が近いとこういうことがあるのか、と驚きました。

巣箱に入るオスは、生まれた巣箱から飛び立つ時に印でもつけて区別していなければ、帰ってきたという確証はありません。

この件に関しては、セイヨウミツバチではユーベルの時代から研究されていて、冬越しの準備が始まる頃まで、オス蜂はどの巣に行っても、宿と食事OKの優雅な居候生活ができるのだとか。

冬が近づくにつれ、もう新女王が生まれる季節は終わったある日、オス蜂たちは邪険に扱われて、厄介払いされるのだとか。



[36197] 採蜜 投稿者: 投稿日:2018/06/07(Thu) 21:41 [返信]  

 当地も入梅のようです。
 分封はまだ続いているようで、大山地区で入居の知らせがありました。

 本格的な雨の前にと、アクリル製観察枠の採蜜をしました。貯蜜が一目瞭然で、蓋掛け蜜がよく見えています。



[36196] Re:[36195] 迷い蜂? 投稿者:ONO@愛媛 投稿日:2018/06/07(Thu) 11:32 [返信]  

> かのオシドリでさえ浮気すると言いますし、定説は常に覆されるのかも。

えっ、そうなんですか(笑)。

この迷い蜂がその地域の病気の伝染と関係している、と言われることがありますね。なのでちょっと怖いことでもあるようです。



記事No 削除キー

- ClipBoard Antispam Version -